« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

横浜ブルースライブ・パッケージ

横浜・馬車道にある JAZZ ライブハウスの「King's Bar」で、地元横浜・神奈川のブルース・ミュージシャンによるライブイベント「横浜ブルースライブ・パッケージ」の記念すべき第1回目が開催されました。林さんの尽力による企画です。偉大なる企画マン Mr. Hayashi !

Peacetones 今回は4組の出演です。トップを飾ったのは「PeaceTones」という Guitar+Vo. 、Bass、Drums の3人編成。パワー溢れるノリノリのドラムに気持ちのいいベースラインがズンズンと引き込み、そこにギターフレーズが乗っかれば、もういつの間にか客は PeaceTones の音世界の中。ブルースのスタンダードで攻められて、トップを飾るに相応しい演奏内容でした。ドラムの谷原さん、普段の感じから想像している姿と、ドラムを叩くビートと、なんだかその違いに驚きました。失礼ながら想像以上でした!(笑)

Chikurinujoh

2番手は「竹林有情」。BluesHarp+Vo, Guitar+Vo, の編成って言わなくてもおなじみですね。PeaceTones とはまたグッと色が変わって、林さんのシブカッコイイGuitarサウンドに、酒井さんの熱いBluesHarp がからめば、店全体が竹林有情の色に染まっています。小さく微妙な音の表現も聞き逃せないと言った感じで、楽器自身の呼吸させ聞こえてくるようです。林さんはスライドで、本物のボトルのネックと、別な曲ではミニボトルを使ってました。パフォーマンスも大事にする憎い演出。・・・・というか、林さんを知っている人なら、林さんらしいジョークのひとつですね。

Deepfly 3番目は、「Deep Fly The Blues Band」。神奈川ではもう有名なブルースバンドです。サウスポーのBass+Vo、これだけですでに効果は上々。それに Guitar、Drums の3人編成のアンサンブル抜群で洗練されているオシャレなバンドです。クールな松尾さんはギターもクール、ホットな井上さんはドラミングもホット、そのCool & Hot を中和させているのが、思わず聞き入ってしまう天本さんのベースライン。オリジナルも交えての演奏は非の打ち所がありません。天本さん性格も良過ぎ!

Cherry

4番目ラストは、「Cherry」さんのユニット。ピアノ弾き語りの Cherry さんは今回、BluesHarp(すみません、お名前忘れてしまいました・・・)をフューチャーしての演奏。ブルース・ウーマンということで事前に聞いていましたが、歌を聴いたらジャズボーカルそのもの。久しぶりに本格的な女性ジャズボーカルを聴いた思いです。発声の良さ、発音の良さ、声質の良さに鳥肌が立ちました。BluesHarp がその逆に激しさいっぱいで、攻めまくるHarpです。ちょっと走り気味だったのが気になりましたが、あそこまでやられると職人って感じがしますね。一音一音の表現も正確です。それに、肺活量もかなりなものでしょう・・・そんなことが気になってしまいましたが、イカンイカン。

Session 最後に出演者らによるセッションがあり、ハウンドドッグとスイートホームシカゴを演奏してくれました。

第1回目の「横浜ブルースライブ・パッケージ」は成功しましたね、林さん!今後も続いて行くことを期待します。

このブログの写真は店内が暗い中をケータイで撮影したため、どうしても動きのあるプレイヤーはブレてしまいます。なので、写真を多く載せることにして、補いました。キレイな写真はおそらく酒井さんのブログに載ると思いますので、そちらでご確認下さいませ。(このブログを書いた時点ではまだ記事なっていませんでした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

Bar HAPPY BLUES で竹林有情

Dvc00001_1 横浜・関内の Bar HAPPY BLUES は最近のお気に入りのバーです。このお店の近くに林さんが住んでいるんですが、林さんがこのお店のことを教えてくれなければ、まぁ多分一生知らないで終わったんでしょう。偉大なる営業マン Mr. Hayashi !

というわけで、2/22(Thu) に竹林有情が出演しました。ここでは2回目ですね。田中ヨシジさんも出演予定だったんですが、仕事が長引いたらしく、出演はしませんでした。(後で聞いたところによると、23時30分頃顔を出したとのこと)。

竹林有情はいつもの曲をゴキゲンに演ってくれましたよ♪♪♪・・・・演奏が終わった頃に中村ミツコさんらも店に来ましたが、僕はそのあたりで店を出ました。もう少しゆっくりしていたかったんですが、疲れを取らないと週末にひびくなぁ・・・と、う~ん、年々そうなっていくのかなぁ、いやいや、やっぱり次の日の仕事の内容によりけりですね。

あ、付け加えますと、生音でも確かに充分かもしれませんが、僕個人としてはもうちょっと音量が欲しかったような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

2月★LiveBar風鈴ブルースセッション

Dvc00020_1_1 毎月第3火曜は横浜・大桟橋・Live Bar 風鈴で、ブルースセッション。

2月のセッションはなんと!ベースマンが5人で、ドラマーは1人。そしてギターは2人とハープ1人という未だかつてない偏り方で始まりました!ベースマンのためのセッションと言っても過言ではないですね。逆にドラマーはひとりで叩きっぱなしだったので大変。あとでギターは古屋さんが来て、そしてまた入れ替われりで林さんが参加しました。

ベースマンが5人そろってしまったので、僕は今回は聴いているだけにしようと思っていたDvc00021_1 んですが、ギターのジョーさんが、「コンディさんも参加しなきゃ」って言うんで、休憩の後で参加することにしました。もうすでに皆、ある程度の曲を演奏し終わっていたので、Ⅱ-Ⅴで Everyday I Have The Blues 、そして4ビートで ジョニーBグッド、あと曲名忘れましたがブルースをやらせてもらいました。

ドラマーの八幡センセーが来れなかったのは残念でした。八幡センセーはJazz系は得意だったので、また次回は楽しい演奏が出来るかもしれません。出来れば BSBB でやりたいな。(BSBBはこれから先にこのブログに出てくる予定のバンド名です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

オオサワイチロウ/YUKO ライブ

Dvc00008_1_1  2/17(Sat)六角橋の「あっとぺっぷ」で、オオサワイチロウさんとYUKOさんのライブがありました。ふたりとも弾き語りソロです。

お店に着くのが遅れてしまったので、YUKOさんの 1st ステージの途中からでした。

いつもながらYUKOさんの歌声には癒されます。このまま夢の中に落ちていって、フワフワとゆれていたくなりますね。どんな場所でもYUKOさんが歌えば崇高な光が差してくるという感じがします。まだ聴いていたことのないアナタ!死ぬ前に一度は聴いておきましょう。

Dvc00004_1_1 オオサワイチロウさんのソロは今回初めて見ました。1曲以外すべてオリジナル曲を披露。僕は誰のでもオリジナル曲にはすごく興味があるんですが、オオサワイチロウさんの旋律はなかなか細かなところに工夫がされていて、いい曲をそろえています。コード進行にも工夫をしているようですが、歌詞の内容と裏声ぎみに歌うトーンとが、男性の心の中のナイーブで、微妙な恋心を、うまく表現出来ていますね。で、それとは別な意味で受けていたのが「冥王星のブルース」です。林さんがギターでこの曲と、ゴダイゴのガンダーラで参加しましたが、いつもながら林さんのブルースギターは「シブカッコイイ」です。横浜ローカルではもっとも人気の高いギタリストのひとりです。

Dvc00007_1_3で、林さんの弾いているギターに注目。グヤトーンの小型のソリッドのボディ。機種名までは聞いてこなかったのでここには紹介できませんが、中古楽器をかなりお安く手に入れたようです。でも、林さんのブルースハンドにかかれば名器の音。

←・・・その名器を持ってポーズ。

弦高はやや高いものの、ネックは握りやすいようです。くわしくは林さんに直接聞いてください。

さて、オオサワイチロウさんの 2nd ステージ終了のあとアンコールで、スタンド・バイ・ミーをやるということになり、ここでなんと、あっとぺっぷのママさんがベースで参加!Dvc00010_1_1 去年の初冬にベースを手に入れて、今年から本格的にベースの練習を始めるというママさんの、もしかしてこれが初ステージかな?歌はYUKOさん。そして、皆で♪Stand By Me♪ Oh, oh, Stand By Me♪と合唱して終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

海音香波 で Jody さん、林さん

Dvc00020_1 みなとみらい線「馬車道」駅近くの「海音香波(かいおんこうは)」という名前のイタリアンレストラン・バーで、ピアノの Jody さんと Guitar の林さんの演奏を聴きに行きました。

Jody さんは現在ジャズ・ピアニストとして、六本木のジャズライブハウスでソロおよびトリオで演奏している人です。このブログでは以前、「King's Bar」に竹林有情といっしょに演奏したときのことで少し出てきました。本格的に Jody さんのピアノを聴くのは初めてでしたが、やっぱり定期的に六本木あたりで弾いている人は違いますね。Dvc00007_1_1

演奏が始まる前は林さんやJodyさん達といっしょにテーブルに座って飲んでいたんですが、いつの間にか Jody さんがピアノの前に座ってポロリポロリと弾きだして、そのまま本番の演奏に入ってしまいました。ジャズおよびブルースの曲を数曲やって、1st ステージが終わってしまいました。あらまぁ、さり気なくてカッコいい!

Dvc00009_1_1 で、次に「林あきひこソロギターパフォーマンス」がこれまたさり気なく始まってしまいました。どちらも録音する間がなかった(泣)。林さんのギターはこれまでに何度となく聴いてきていますが、このお店の音響のせいか、もちろん、プレイヤーの腕もありますが、いつもよりも増してクリアな音を奏でていたようです。Jody さんの演奏に刺激されたということもあるかもしれませんが、いつもよりも Jazzy な感じがしました。林さんの 1st ステージが終わってから言ったんですが、この音響なら、是非「Cat Dancin'」(林さんのオリジナル曲)をやってほしかったですねぇ・・・。次回もあるようですから、今度は絶対にやってね、林さん。

そしてひと休みしたあとの、2nd ステージは Jody さんと林さんの豪華共演!Dvc00014_1_3 Jody さんの Piano に 林さんの Guitar を乗せてくるという感じで演奏をしていたようですが、途中からそれが逆転してきたような印象で、林さんの Guitar に Jody さんが絡んで演奏を進めていったようです。その Guitar の音色(ねいろ)と Piano の音色が溶け合っていて、気持ちのいい空間が広がりました。また、ふたりのプレイヤーの絶妙な無言の駆け引きがあり、それを感じることが出来るのがこういう演奏の醍醐味ですね。

これからも Jody さんと林さんのデュオを聴く機会があるようなので、これまた楽しみが増えました。Dvc00019_1 いい音楽・演奏に出会えると人生を得した気分になります。

右の写真は、林さんと Jody さんのツーショット。

「海音香波」は写真でも気が付いたと思いますが、アルテックや自作真空管アンプなんかがあり、オーナーがかなりのマニアで、そのせいで、店の音響もいいんでしょう。つくづく他のライブハウスの音響のことを考えてしまいました。

おまけの話ですが、23時過ぎにお店を出てから、林さんといっしょに野毛のボーダーラインに行って飲んでいたら、そこへかなり酔っ払ったスカさんがふらふらっと入ってきて、そのままカウンター席に座って寝てしまいました。声を掛けたんですが、全然起きる気配なし。しばらくしたら、林さんもうつらうつらしていたので、僕は先に帰りました。ふたりとも睡眠は自宅でしてね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月11日 (日)

オりーバーズと Bet On It のライブ

2/11(Sun) 横浜は日ノ出町にある Guppy (グッピー) で「オリーバーズ」と「Bet On It」のライブがありました。どちらも興味のあるバンドで、それが一夜にして同時に見ることが出来るというお得なライブです。

Dvc00006_1_1 オリーバーズはアコーディオンを弾いて歌いまくるソロでも有名な「とおみねとおこ」さんを中心として、ベースとドラムを加えた3人バンド。民謡や端唄などなど、オリジナルも含めて、独自の色彩を持った楽曲で客をグイグイと引き寄せるタイプのバンドです。やっぱ日本で育った僕らは「血」がこの手の音に乗せられやすいんですね。つくづく実感します。(写真がハレーションをおこしていて、とおこさんの顔が白くなってしまいました。)

Dvc00012_1_1 Bet On It は、すでにこのブログで紹介しました。1月に「あっとぺっぷ」でやった後、すぐに2月のライブ。さらに3月もライブをやるということで、なかなか精力的な活動を展開してきました。

前回のあっとぺっぷの時の演奏と比べると、かなりアンサンブルも良くなってきているなぁという印象。いや、もともと悪くないので、さらにまとまってきたということですね。グッピーではパワーのある演奏が出来るライブハウスなので、その点でも違ったのかもしれません。前にも書いたとおり、泥臭いブルースバンドだと高い評価をしております。ノルウエイ森さんの友人(ファン)の方々の盛り上がり方(歓声)がまたスゴイので、その間にいた僕は前からも後からも声が回ってきて、サラウンドのような状態でした。Dvc00014_1_2

お店は満席状態。こうありたいものです。

とおみねとおこさんとBet On It のスカさんが 3/10(Sat)にボーダーラインでライブをやると聞いてますので、一応宣伝しておきましょう(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

2月★LiveBar風鈴の二金会

今年に入って最初のLiveBar風鈴・二金会にグレイテストハニーで出演してきました。今回はいつもブルースセッションでお世話になっているハープの竹内さんや、田中ヨシジさん、そして竹林有情の酒井さんが見に来てくれて、本当にありがとうございました。

Dvc00016_1_1 というわけで、ヨシジさんが撮ってくれた写真です。サンクス!僕が動き過ぎるのでフラッシュなしだとこんな感じになります(笑)。

初めてスーツの上着を着て演ってみましたが、やっぱり暑くてたまりません。ステージには夏物じゃないとダメですね、通気性の点でね。

やった曲は、

  1. 偽善
  2. 見えない
  3. Love You, Moment
  4. 虚無
  5. いつまでも
  6. Long Night
  7. Last Night

で、スローテンポのものは敢えて入れませんでした。

二金会に出演されたカッチャン、ユカちゃんらのレギュラーの面々、その他の皆様もお疲れ様でした。そして、「コンディー!」の掛け声もありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月 3日 (土)

ボーカル特集 at あっとぺっぷ

2/3(Sat)、横浜・六角橋の「あっとぺっぷ」で年数回開催される「ボーカル特集」という企画に、「田中ヨシジ」さんが初参加する、ということで、僕も初めてボーカル特集を見にいきました。いつも大体10人程度のノドに自信のある人々が集って、生バンドをバックに一人2曲を披露するという企画です。この日は僕の方に諸用があり、はじめから見ることができず残念でしたが、最後の3人のところで店に入ることが出来ました。

Dvc00002_1_1 で、ここでは田中ヨシジさんの写真のみ掲載します・・・というか、他の人の写真は撮らなかった(撮れなかった)ので、どんな人が参加したのか確認したい人は「あっとぺっぷ」のホームページへどうぞ。

ヨシジさんは CHAR の曲を熱烈に歌いあげてました。まさにヨシジ節です。ギターで弾き語っているときより、表現は細かいところが出てきてますね。歌うことが好きで好きで仕方ないというのがよく伝わってきます。でも、ヨシジさん本人は「納得出来ないので、また次のボーカル特集で同じ曲でリベンジしたい」と言ってました。

僕がこのボーカル特集で気を引いたのは、バック演奏をしていた「おじよん」です。おじよんの演奏を聴いたのもこれがはじめてだったんですが、まぁなんというかボーカルを活かす演奏をキチンとこなしていて、楽器ひとつひとつがキレイに出ていて、感心しました。で、終了後、ピアノの益田さんに感想を話していたら、ライブがあるときは連絡をくれるとのことで、まぁ腰の低いひとで、感じもいい。・・・ライブが楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

ジャズ・クルセイダーズ

Dvc00007_1 2/1(THU) コットンクラブ(Cotton Club)へ、ジャズ・クルセイダーズのライブに行ってきました。クルセイダーズのオリジナルメンバーだった ウェイン・ヘンダーソン(Wayne Henderson) を中心に新メンバーを引き連れてのライブでした。ヘンダーソンは金色の杖をついて、豹柄のエプロンで登場。昔ながらの曲も数曲、スクラッチとか演奏してくれました。もうなんというかサイコーとしかいいようがないですね。新メンバーの中でも僕は特にドラマー(Moyes Lucas)はよかった。僕好みです。

今回共演したジョン・ルシアン(Jon Lucien)は人気ソウルシンガーだそうですが、僕は知りませんでした。(^^;  (メロウ・ソウルの帝王と呼ばれているんですよ!)。途中からステージに上がったんですが、黄色いジャージを着たおじいさんという感じで、歌も甘い声だったせいか、睡魔が・・・、ジャズ・クルセイダーズを聴きにいった者としては、ちょっと雰囲気が違っちゃったかなぁ・・・。(ファンの方には申し訳ないことを言ってたらスミマセン)。Dvc00002_1

左の写真はこれ、カラー写真なんですが、なんだかそう見えないですね。コットンクラブのある「東京ビルTOKIA」の入口から入るとずっとこんな写真が壁にかけてあります。Dvc00003_1_1

右の写真はコットンクラブの本当の入口です。赤絨毯が高級感を演出してます。国会議事堂のカビだらけの赤絨毯とはエライ違いです。写真に写っている女性たちは僕とはなんら関係のない人たちですので、念のため・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »