« Bar HAPPY BLUES で竹林有情 | トップページ | 3/3☆アコフェス »

2007年2月25日 (日)

横浜ブルースライブ・パッケージ

横浜・馬車道にある JAZZ ライブハウスの「King's Bar」で、地元横浜・神奈川のブルース・ミュージシャンによるライブイベント「横浜ブルースライブ・パッケージ」の記念すべき第1回目が開催されました。林さんの尽力による企画です。偉大なる企画マン Mr. Hayashi !

Peacetones 今回は4組の出演です。トップを飾ったのは「PeaceTones」という Guitar+Vo. 、Bass、Drums の3人編成。パワー溢れるノリノリのドラムに気持ちのいいベースラインがズンズンと引き込み、そこにギターフレーズが乗っかれば、もういつの間にか客は PeaceTones の音世界の中。ブルースのスタンダードで攻められて、トップを飾るに相応しい演奏内容でした。ドラムの谷原さん、普段の感じから想像している姿と、ドラムを叩くビートと、なんだかその違いに驚きました。失礼ながら想像以上でした!(笑)

Chikurinujoh

2番手は「竹林有情」。BluesHarp+Vo, Guitar+Vo, の編成って言わなくてもおなじみですね。PeaceTones とはまたグッと色が変わって、林さんのシブカッコイイGuitarサウンドに、酒井さんの熱いBluesHarp がからめば、店全体が竹林有情の色に染まっています。小さく微妙な音の表現も聞き逃せないと言った感じで、楽器自身の呼吸させ聞こえてくるようです。林さんはスライドで、本物のボトルのネックと、別な曲ではミニボトルを使ってました。パフォーマンスも大事にする憎い演出。・・・・というか、林さんを知っている人なら、林さんらしいジョークのひとつですね。

Deepfly 3番目は、「Deep Fly The Blues Band」。神奈川ではもう有名なブルースバンドです。サウスポーのBass+Vo、これだけですでに効果は上々。それに Guitar、Drums の3人編成のアンサンブル抜群で洗練されているオシャレなバンドです。クールな松尾さんはギターもクール、ホットな井上さんはドラミングもホット、そのCool & Hot を中和させているのが、思わず聞き入ってしまう天本さんのベースライン。オリジナルも交えての演奏は非の打ち所がありません。天本さん性格も良過ぎ!

Cherry

4番目ラストは、「Cherry」さんのユニット。ピアノ弾き語りの Cherry さんは今回、BluesHarp(すみません、お名前忘れてしまいました・・・)をフューチャーしての演奏。ブルース・ウーマンということで事前に聞いていましたが、歌を聴いたらジャズボーカルそのもの。久しぶりに本格的な女性ジャズボーカルを聴いた思いです。発声の良さ、発音の良さ、声質の良さに鳥肌が立ちました。BluesHarp がその逆に激しさいっぱいで、攻めまくるHarpです。ちょっと走り気味だったのが気になりましたが、あそこまでやられると職人って感じがしますね。一音一音の表現も正確です。それに、肺活量もかなりなものでしょう・・・そんなことが気になってしまいましたが、イカンイカン。

Session 最後に出演者らによるセッションがあり、ハウンドドッグとスイートホームシカゴを演奏してくれました。

第1回目の「横浜ブルースライブ・パッケージ」は成功しましたね、林さん!今後も続いて行くことを期待します。

このブログの写真は店内が暗い中をケータイで撮影したため、どうしても動きのあるプレイヤーはブレてしまいます。なので、写真を多く載せることにして、補いました。キレイな写真はおそらく酒井さんのブログに載ると思いますので、そちらでご確認下さいませ。(このブログを書いた時点ではまだ記事なっていませんでした)。

|

« Bar HAPPY BLUES で竹林有情 | トップページ | 3/3☆アコフェス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/14047374

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ブルースライブ・パッケージ:

« Bar HAPPY BLUES で竹林有情 | トップページ | 3/3☆アコフェス »