« 大桟橋 beat'n harmony | トップページ | ボーダーライン 緊急企画ライブ »

2007年4月21日 (土)

竹林有情&Cherry&東谷アキ ライブ

4/21(Sat)横浜・六角橋「あっとぺっぷ」で、”ブルースマンがブルースウーマンと出会う時”というフレーズで、Cherry さんと竹林有情(with 東谷アキさん)のライブがありました。

Dvc00014_1_7 竹林有情のライブといえば、まずは”林あきひこソロギターパフォーマンス”ですね。オリジナルのトワイライト・ウェーブスからスタート。途中カバー曲を演奏して、本人の説明よると弾くのに一番難しいオリジナル曲イッツ・ソー・ファーラウェイを演奏。林さんのギターの特徴であるところのハーモニクスを多用していたり、フレットの上から下まで使えるところは使い切るというような曲です。最後はビートルズのレディ・マドンナ。林さんはかなり公私共に疲労していたはずですが・・・、どうなんでしょうか?

Dvc00025_1 Cherry さんを生で聴くのは2回目ですが、初めて聴いたときにファンになりました。この日はまさに真横の間近で聴かせていただきました。ジミー・リードの Baby What You Want Me To Do から軽快にスタート。今回のサポートはギターで桑原庸介さん。ブルース以外に、ブルーグラスもやっているとのこと。「ブルー」がつながり?かな?(そう言えば着ている服もブルーだ)。ストーンズで有名になったアーマ・トーマスの Time Is On My Side も迫力あるというか、もう、あのセリフ部分はカッコいい!ここは本当に日本の六角橋なのか?と思わせました。

Dvc00018_1 竹林有情はいつもの エブリィディ・アイ・ハブ・ザ・ブルース~スィート・リトル・エンジェルからスタート。ミッドナイト・ブルースは皆で手拍子。この手拍子は矢沢永吉のトラベリング・バスで観客がタオルを上に投げ上げるように定着してきたような気がします(^^)v。ヨコハマ・ベイ・ブルースは前に言いましたが好きですねぇ、・・・今回はこの歌のサビ部分の歌詞で御当地ソング的な個所がものすごくウケてました。酒井さんのハープも磨きがかかって来てますね。

Dvc00020_1_3 次に竹林有情に東谷アキさんをフューチャーした「昭和探検隊」というユニットが登場。東谷アキさんはボーカル&サックスで、この人がまたすごく楽しい人で、歌声も豊かです。テネシー・ワルツや伊勢崎町ブルースなんかやってました。途中で Cherryさんのピアノを入れて、真っ赤な太陽 でセッションになってましたが、これもまた面白い企画です。後半はまた竹林有情のふたりに戻って演奏。Dvc00024_1_1 ラストのローリン・タンブリンではいつものボトルネックかと思いきや、「ボトル」そのものでやってました。ボトルネック奏法ではなく、ボトル奏法。写真がうまく撮れませんでしたが、一応載せておきましょう。この曲もかなり進化してきて最後まで乗れる曲に仕上がってますね。盛り上げてラスト曲だったので、当然アンコール。アンコールはブーンでさらに盛り上げてしまいました。

Dvc00026_1 今夜の最後は Cherry さんの 2nd ステージ。ここでは、途中でリトル・ウォルターの Blues With A Feeling で酒井さんがハープで参加。酒井さんの音楽の心の師のリトル・ウォルターですから、失敗するわけもなく、素晴らしいステージになっていました。こうやって聞いていると参加したくなります、そう思わせる演奏でしたから、演奏が終わったら自然と拍手ともに声を出さずにいられないというか、エネルギーを外に出しておかないと、という気持ちですね。最後はキャロルキングの Will You Love Me Tomorrow? ではお客さんの何人かは涙を流してました。歌唱力というか表現力というか・・・、あまり言葉では表せないですね。

で、アンコールがあったんですが、Cherryさんが皆でやりましょう、ということで、出演者全員で合同アンコール。スィート・ホーム・シカゴを全員で合唱状態。今夜も楽しく終わりました。

血液型の話で盛り上がったのもこの夜でしたね。

|

« 大桟橋 beat'n harmony | トップページ | ボーダーライン 緊急企画ライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/14898362

この記事へのトラックバック一覧です: 竹林有情&Cherry&東谷アキ ライブ:

« 大桟橋 beat'n harmony | トップページ | ボーダーライン 緊急企画ライブ »