« 横浜ブルースライブ・パッケージ | トップページ | Bar HAPPY BLUES で竹林有情 »

2007年6月 2日 (土)

あっとぺっぷ アコフェス

6/2(Sat)、横浜・六角橋あっとぺっぷの、「アコースティック・フェスタ」でやってきました。”やってきた”というのは”向って来た”というこではなく、”演ってきた”ということです・・・って、分かってますよね。(^^;

今回は簡単な紹介程度で抑えさせてください、なんか疲労気味なのでとりあえず時間の経たないうちにここに書いてかないと、と思っているので。・・・では出演順に。

Dvc00032_1  ①初っ端から異色のアーティスト登場!「荒川周介さん」です。写真だと歌を歌っているようですが、違います。「詩の朗読」でした。

内容はどちらかというとイデオロギーを超えた反戦をテーマしたもののようです。あるいは、"生きる"こと自体へのメッセージかもしれません。・・・いずれにしてもアコフェスとしては異例でした。

Dvc00033_1  ②「塚本 清さん」はオリジナル曲の弾き語り。初出演です。オリジナル曲の場合、歌詞とメロディとの工夫の仕方がその作り手のセンスを諸に出しますね。僕は誰のでもオリジナル曲を聞くのは好きです。自分自身が暇があればオリジナル曲作りをしているからでしょうけど、でも、何がいいのか悪いのかなんて僕には判断できませんが、・・・・単に、「自分もその歌うたってみたいな」と思わせたものが気に入ったという評価だけですので・・・。で、塚本さんですが、口元がフレディ・マーキュリーに似ているという噂が店内に広がりました。(っていうほど大きな店なのかーっ、しかも話が変わっているー)。

Dvc00034_1  ③「INOUさん」と「さとうていこ」さん。INOUさんはイノウさんと読み、イノウエさんが本名らしいです。ピアノはJEWS、いや"上手"で、歌もうまいと来ているので、言うことなし。さとうていこさんのオリジナル曲はよく出来てます。完成度が高いです。(・・・って、おいおい、評価してんじゃんよ)。

・・・じゃ次、行ってみよー。

Dvc00035_1_2  ④「古屋 隆さん」。このところ毎回出演ですね。ボブディランを演ってくれました。ボブディランを歌わなくても、古屋さんが歌うとボブディランに聴こえるのは僕だけでしょうか・・・。(笑) 今回のアコフェスの出演者の中ではオリジナリティのある人に入ります。なんか古屋さんの歌は疲れた気持ちをホッさせてくれますよね。

Dscf0020_1_3  ⑤「田中ヨシジさん」(コンタナ)。ということで、ヨシジさんwith KONDY と思ったら、コンタナでした(笑)。今回はブルース風ルイジアンナ、ヘイ・タクシー等やりました。ヨシジさんの赤いギターシリーズも板についてきましたねぇ。ギブソンですよね、ギルドも赤だし。(味噌汁じゃないよ)。・・・ヨシジさん、手は大丈夫ですか?あまり無理しないで下さいね。

Dvc00036_1_2  ⑥「佐藤 潤さん」。神奈川の人なのに、何故か愛媛の方でライブ活動をしている人です。オリジナル曲での弾き語り。力強いけど爽やか系の歌です。ハープのオオヤさんが応援で見に来てましたね。皆いいギター持ってるなぁ・・・うらやましい・・・。写真をよく見てください、左足に包帯を巻いています。どうしたのか聞こうと思ってすっかり忘れてました。

                                                                                                                         Dscf0028_1 ⑦「MAKIさん」&「林あきひこさん」&「KONDY」。最初にあっとぺっぷのママ、MAKIさんのピアノソロでサマータイムを演奏。次に、MAKIさんピアノ、僕がベースで、ジャズで MONIN' を演奏。最後にMAKIさんベース、林さんギター、僕はギター&Vo.でポリスの見つめていたいをやりました。林さんすみません、写真がいっしょに写ってるのがこれしかなかった。林さんの右腕!

Dscf0033_1_1  ⑧「YAYO」with KONDY。・・・なんだか連続出演で嫌な感じ(と自分を責める・・・)。今回は敢えて短い曲のみ3曲。浅川マキから2曲と、シャンソンのスタンダードの回転木馬。歌詞が飛んでしまって思い出せなかったようなので、逆に短くてよかったかな。

                                  

Dscf0039_1 ⑨「mitsuko さん」&「林あきひこさん」。mitsuko さんと林さんのユニットはもうトワ・エ・モアとか、チェリッシュとか、そういう領域(?)で、このユニットは定番になってきてますね。ほぼ毎週木曜には、mitsuko さんと林さんがあっとぺっぷで練習してます。mitsuko さんはボーカルのレッスンの日が木曜で、その帰りにあっとぺっぷに寄って、夜の食事をここで摂って、そしてそのまま林さんと練習という無駄のない日を過ごしているようです(笑)。お互いのいいところを出し合えているので、いいユニットだと思います。今後も続けてくださいねー。・・・あ、そうそう、mitsuko さんの歌のあと、林さんのソロギターのインストがありましたが、その時の不思議Dvc00040_1 な写真です(右)。・・・・林さんの右手が2本あるというものです。そうだったのか、林さんは実は右手が2本あったのを隠していたのか。これはその貴重な証拠写真です。ヨシジさんが唖然として見ています。

Dscf0040_1_1  ⑩「竹内公一さん」。ピアノの弾き語りで、ザ・ロング・アンド・ワインディグ・ロードとマイ・ラブ。ポールマッカートニーのピアノを忠実にコピーしているようです。前回も2曲でしたが、出来れば3曲お願いしたいですね。あるいはピアノ曲とブルースハープで3曲にしてもいいような気がしますので、是非是非是非是非。

Dvc00043_1  ⑪「幸保 学さん」、⑫「藤井真治さん」ということで、二人別々にやるところをいっしょにやってしまいます、というので、1人15分を掛ける2人で30分演奏。アコフェスには初出演。やっぱりこういう場合は別々にやった方がいいようですね。ステージ上に同じ「絵」を長く見ることになるのはねぇ。同じ「絵」にならないように、楽器を別なものにするとか(たとえばパーカスとかピアノとか)工夫するといいと思います。オリジナル曲を披露しました。

さてさて、はるばるサハリンから見に来ていただいた北條さん、ありがとうございました。次回のアコフェスは9月だそうです。

|

« 横浜ブルースライブ・パッケージ | トップページ | Bar HAPPY BLUES で竹林有情 »

コメント

お疲れ様でした!ってホントお疲れのようですねぇ・・

大丈夫でしょうか?

僕もリウマチ用の薬がなんとなく効いているような感じで小康状態です。

今回かなり乱れましたがヨクゾついて来てくれました。

林&阿久津DUOを観て思ったのですが、ハモリは同じ勢いでやった方がグッときますね。あくまでバックではなくコンタナ出場ではもっとKondyさんの歌を前に出したいと思っています。

投稿: 赤J-45 | 2007年6月10日 (日) 23時43分

>ヨシジさん
ハモリですね、でも Don't Let Me Down ではかなり張り上げてます(笑)
バックのハモリが同じ勢いでいいものと、そうじゃないものとがあるので、やっぱり曲によっていろいろ試した方がいいかもしれませんね。

投稿: KONDY | 2007年6月12日 (火) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/15369646

この記事へのトラックバック一覧です: あっとぺっぷ アコフェス:

« 横浜ブルースライブ・パッケージ | トップページ | Bar HAPPY BLUES で竹林有情 »