« 9/14 Live&Bar風鈴のグレハニ | トップページ | Bar HAPPY BLUES が超満員!? »

2007年9月15日 (土)

Finger Style Night /Vol.2

9/15(Sat)、六角橋「あっとぺっぷ」で、Finger Style Night /Vol.2 があり、観客になりに行きました。林あひきこさんが出るということで、行ってきたというのが行動理由ですが・・・。この日は、林さんと午前中にJAZZプロムナード向けのリハ、午後にYAYOwithコンリンザイのリハをやったので、その後の別ジャンルのライブ出演ですから、林さんとしては随分とハードなスケジュールだったかもしれません。(ご苦労様です)。

Cimg0105_1 ”Finger Style Night” とは、フィンガーピッキングでのギターインストを意味しているようですが、今回はその2回目の開催ということです。3名の演奏者はいずれも何らかのカタチでCD録音されたものが販売されているギタープレイヤーです。Cimg0110_1 ・・・おっと、その3名の名前を紹介するのを忘れてました。

①「林あきひこ」(写真左上)、②「山本泰生」(写真右)、③「Nem」(写真左下)の3名(今回の演奏順)です。

当夜の3名の演奏を聴き終わって残る印象は、林さんはギターの生音をマイクで拾うということで「生音系」、山本さんNemさんの両名はギターからのライン入力、しかもリバーブ等を多用したということで「エフェクト系」。・・・つまり、全体として2分割されたような印象で、「生音 対 エフェクト」だったのかな、とこの日聴いた人は皆そう感じたと思います。Cimg0112_1

さらに、林さんは「立ち弾き」、山本さんNemさんは「座り弾き」ということで、この点でも「立 対 座」。

演奏面(作曲・アレンジ)では、林さんはスケールの中にいわゆる「ブルーノート」が使われていましたが、山本さんはどちらかと言えば「クラシック系」、Nemさんは「コード変形系」という印象があります。これについては好みの問題ですけど・・・。ただ、ライブステージとして観た場合、山本さんのギターの弾き方は魅力的に感じました(リバーブが深すぎるという音の面は別としての話です)。・・・・あ、そういう意味で言えば、例えば、林さんはテーブルマジック的、山本さんはイリュージョン的、Nemさんはステージマジック的な感じと言えますかねぇ。テーブルマジックは目の前でそのまま見せるでしょ、イリュージョンはハッさせるし、ステージマジックは舞台的に演出しますよね。これらも好みの問題です。さぁ、アナタはどのステージがお好みですか?それではまた来週、この時間に、サヨナラ。提供はKONDYブログでした。

|

« 9/14 Live&Bar風鈴のグレハニ | トップページ | Bar HAPPY BLUES が超満員!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/16471647

この記事へのトラックバック一覧です: Finger Style Night /Vol.2:

« 9/14 Live&Bar風鈴のグレハニ | トップページ | Bar HAPPY BLUES が超満員!? »