« Bar HAPPY BLUES が超満員!? | トップページ | 故倉ヤスヒロ at ボーダーライン »

2007年9月23日 (日)

酒場ブギウギへ・・・

9/23(Sun)の夜、林さんに案内されて「酒場ブギウギ」に行ってきました。・・・・というのも、10/14(Sun)にここで「昭和探検隊」としてライブの予定があるので、どんなところか実際に見ておきたかったということですね。探検隊だから”偵察”と表現するのが適切なのでしょうか(笑)。

Cimg0145_1 酒場ブギウギは店作りが「大正から昭和にかけて東京銀座で流行ったカフェ」ということで、懐かしい雰囲気を出しているようですが、実際に店内に置いてあるものをみると、ホントに大正から昭和にあった小物がおいてあったりで、現実的にはあれだけの小物が同時代の同時期にあったことはないんですが、きっと昭和の「モダン」というものを表現しようとしているのかなぁ・・・と自分自身勝手に理解しておきました。なんでもアリな感じがなかなか楽しいお店です。・・・店入口の写真を撮っておけばよかったんですが、忘れてました。

さて、日曜はライブがある日のようで、この日はここの専属(?)である「Sarah(サラ)」というバンドが出演。全部で合計3ステージ。昭和歌謡を中心に、日本語のオールディーズ等、たくさんのお馴染みの曲を演奏してくれて、原曲のアレンジをそのまま再現。そうやって聴いてみると、当時の歌謡曲の歌の完成度とアレンジのセンスの良さというものをしみじみと感じました。ボーカルのANZU(あんず)さんは、酒場ブギウギの女給さん(本人の表現)として働いていて、そのANZUさんの人気も高いので、お客さんも大入り満員ですね。Cimg0146_1

ちょっとビックリしたのは、バンマスである片岡さん(写真右)がキャロルのルイジアンナを歌い出したことです。それを聴いて、「ああ、キャロルは昭和の懐かしい音楽ということなんだなぁ」と認識を新たにしました。ま、そりゃそうだ。

ということで、この店は実際に行って”見る”方が早いですね。関内の南仲通りにありますよ。どうせ行くなら、10/14(Sun)の夜に来てね。

|

« Bar HAPPY BLUES が超満員!? | トップページ | 故倉ヤスヒロ at ボーダーライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/16552583

この記事へのトラックバック一覧です: 酒場ブギウギへ・・・:

« Bar HAPPY BLUES が超満員!? | トップページ | 故倉ヤスヒロ at ボーダーライン »