« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

King'sBar 「横浜ブルースパッケージ」

11/25(Sun)13:00~ 馬車道「King'sBar」で、林あきひこプロデュースによる<第4回横浜ブルースパッケージ&セッション/秋の陣>が開催されました。では出演順に載せますね。写真はケータイで撮ったのであまりきれいなものはありませんが。

D1000021_1  ①「DeepFlyTheBluesBand」・・・・この横浜ブルースパッケージでは毎回出演の Hot & Cool なバンド、もうお馴染みですね。ホントにかっこいいです。どこかのWebサイトで ディープフライのことが掲載されていて、そこにはバンドの目標として、「シカゴで単独ライブをやる」と書いてあったような覚えがありますが、もう出来るんじゃないんですか?D1000014_1

②「遅い手」・・・・"おそいて"とそのまま読みます。これはSlowHand をそのまま直訳したらしいですが・・・初登場です。日本の歌謡ブルースロックとオリジナルを演奏するバンドということで、結構楽しんでやっているっていう感じのバンドです。♪宗右衛門町ブルース♪が聴けるということで楽しみにしていました。ちなみにドラマーはハッピーさんです。

Vlcsnap12851  ③「昭和探検隊」・・・・今回のメンバーは、Vo.& Sax に東谷アキさん、Guitar に林あきひこさん。Bass は僕(KONDY)の3人の構成です。というのもの、横浜JAZZプロムナードの時に見に来ていただいたお客様で、「熱烈・東谷アキさんファン」になってしまった人がおりまして、その人がまた見たいということもあり、リクエストに応えたという出演になったのか・・・なぁ・・・ということで。Vlcsnap20495

で、お金が飛び交う昭和探検隊のライブ!なんだか生々しいですねぇ~。演奏した曲は♪恋の十字路(インスト)♪、♪伊勢崎町ブルース♪、♪All Your 真っ赤な太陽♪、♪横浜ブギ♪だったので、15分くらいだったんですが、大きなアンコールがあったので、♪ルート66♪をやりました。なかなか楽しいライブでしたね。お客様の反応がものすごく良かった。

D1000008_1_2  ④「竹林有情」・・・・横浜ブルースパッケージに毎回出演してます・・・・ってある意味当たり前か。今回もパワー溢れる演奏を聴かせてくれました。この4組の流れから言うと、一番楽器が少なくなっているので、なんとなく音圧的な面でどうかなぁと思うわけですが、それを感じさせない演奏を聴かせてくれます。磨きがかかってきましたね。・・・で、このところ、やっぱり♪シーズゴーン♪は僕のお気に入りです。

今回の4組が全て演奏を終了したのが 16:20くらいだったと思いますが、終了後ブルースD1000005_1_2 セッション。こっちの方は今のところオマケ程度でしょうか。でも、”アキちゃんサックス”がなかなか良かったです。僕が思っていた以上に出来るんで(^^;)、昭和探検隊としては嬉しい気分です。林さんはこのイベントが成功しているということもあってか、随分気分良く酔ってましたねぇ・・・。

でも、もう4回開催し、なかなか内容も充実してきています。来年の予定もだいたい決まっているので、ずーっと続けてほしいですね。気が付いたら大きなイベントになっているかもしれませんよ、しかも、横浜名物の音楽イベントとして。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

Bar HourGlass 1969 で・・・

Cimg0334_1 Bar & GoodMusic "HourGlass1969" というお店が11/17にオープン!・・・GoodMusic というフレーズは、BarHappyBlues もそうだし、今はなき"海・音・香・波"もこのフレーズを使用していました。そして、竹林有情もこのフレーズですね。

GoodMusic を聴かせるバーがまた誕生です。Cimg0335_1 入口ドアの外側から見ると、ロバジョンがいきなり目に飛び込んできます。店の中に入ると、ビートルズやセックスピストルズ、ローリングストーズ、そしてマイルス・デイビスにジョン・コルトレーンなどのポスターやレコードジャケットが飾ってあり、"E.YAZAWA"のバスタオルもありました。GoodMusicならなんでも来い!って感じのお店です。ドリンク&フードもいくらか値段をおさえてあるような感じです。

Cimg0343_1 開店して間もないこのお店の最初のライブは「竹林有情」です。二人の後ろに等身大で、ジミ・ヘンドリックスがずーっといました。

ここ最近の竹林有情はかなりパワーが前面に出てきてる感じがします。なんというか、日ごろの憂さを発散しているというか、そんな感じのパワーです。なので、二人のユニットなのに押しまくってきます。Cimg0341_1

この写真からもチカラが入っているのが分かると思いますが、うーん、特にタケさんがグーッと内側から360度に発散しているようですねぇ。林さんもそれに乗って、なんらかの憂さをはらしているような気もしないでもないですが、どうなんでしょうか・・・。後のジミヘンがこのふたりに押されてしまって、呆然としている表情に見えます(笑)。

これまで何度も演奏してきた曲ももちろんいいですが、最近はやっぱり♪シーズゴーン♪が僕は好きですね。ああやってウチのグレハニでも出来るといいのになぁ・・・と、タケさんの歌に磨きがかかっているのがよく分かります。(余談ですが、タケさんはステージ前に歯を磨きます)。Cimg0349_1

で、アワーグラス方式でアンプを持って客席側まで来るタケさん。ウケてます。こうなってくるとギターも無線で飛ばして鳴らすか・・・ってそこまでやるとシツコイかな。

1st & 2nd ステージをこなして、アンコール!ここでも 3rd ステージに近いアンコールになりましたね。マスターからはリクエストで"横浜ベイブルース"。僕は林さんのこの曲の♪本牧のギターショップは、69年から時が止まってる♪という歌詞がものすごく印象に残るんですが、このお店の名前、「HourGlass1969」って、砂時計1969 はなんだかこの歌詞からインスピレーションがあったんじゃないかなって思ってます。Cimg0358_1

最後、オマケですが、タケさんがギターを弾いているところ。レット・イット・ビーを弾いてます。一応アンコール曲のひとつなのかな。

ってことで、また竹林有情ファンを増やしましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

生誕46年記念

11月21日は何の日・・・。インターネット記念日。歌舞伎座開業記念日。フライドチキンの日。早慶戦の日。第一期長島巨人軍監督誕生(1974)。日蓮、没、61歳(旧暦10月13日は現在の11月21日)。とんちで有名な一休宗純、没、87歳。トルストイ、没、82歳(1910)。ボルテール(啓蒙思想家1694)の誕生日。ルネ・マグリット(画家1898)の誕生日。近藤正夫[KONDY](1961)の誕生日。

Cimg0329_1 ということで、アイスクリームのケーキでお祝い。ケーキの向こうに写っているのは摩耶です。

この日はこの後、エディット・ピアフのDVDを観て、「歌う」ということの難しさと影響力、表現力等にいろいろと考えさせられることがあり、もうそれ以外は何も考えたくなくなっていたので、さっさと寝ることにしました。ピアフのように歌える人はもう出ないんでしょうねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

リハの帰りにメリオール

11/17(土) 昭和探検隊のリハが終わってから、メンバーの mitsuko さんの知り合いのミュージシャンが六角橋のメリオールでライブをやってるってことで皆で行ってきました。

Melior0 メリオールは渡辺さんがオーナーで、20年くらい前に初めて来ましたが、以前は奥様のお店が斜め隣に「メリオールⅡ」という名前で店を出していて、どちらかというとそっちに入り浸っていました。

ライブは「石川栄カルテット」ということで、メンバーは、Guitar=町田崇さん、Piano=原田英子さん、Bass=石川栄さん、Drums=福永Cimg0312_1 貴之さんで、ゲストでボーカルの女性(名前が思い出せない・・・すみません)が2~3曲歌いました。4ビートの曲が中心で、なんか気持ちよくてマッタリしてしまいました。メンバーは皆、「白楽」周辺だそうです。

Cimg0313_1 mitsuko さんはドラムの福永さんとベースの石川さんが知り合いだそうで、改めてmitsuko さんがジャズボーカリストだということを意識しました。

福永さんは馬車道のKing'sBarにもよく来るようで、林さんとも何度かセッションしたことがあるようでした。ピアノもうまいそうです。Cimg0316_1

少しライトが落としてあるお店なので、写真を撮るのが難しい。フラッシュなしで写したので、どの写真もブレてしまっています。

さすがにライブをやるとお客さんがいっぱいですね。メリオールでは頻繁にライブはやってないんですが、たまにはいいですよね。どうやら神奈川大学のジャズ研のひとも来てたみたいです。ベースの石川さんが関わっている・・・とブログで見ました。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケータイの2008年5月6日問題

来年2008年のゴールデンウィークの休みがどうなってたっけ・・・ってケータイのカレンダーで調べていたら、なんと、僕のと他の人のケータイのカレンダーの休みが違ってました!

Cimg0278_1  僕のは2008年5月6日は赤で表示していて休みで連休なのに、他の人のはこの日は休みになっていないんですよ。

写真にあるとおり、向って左側は5月6日が休みなのでゴールデンウィークは4連休。向って右側のは5月6日は休みではないので、3連休・・・。さて、どっちが正しいのか・・・、ということで調べてみたら、2008年5月6日は、5月4日みどりの日の振り替え休日でした。

ちなみに、再来年の2009年5月6日も5月3日憲法記念日が日曜なので振り替え休日になっています。皆さんのケータイは大丈夫?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

Bar HAPPY BLUES がまたまた満員!

横浜の隠れ家的カウンターバー「HAPPY BLUES」で、竹林有情が毎月ライブをやっています。11月は9日の金曜がその日でした。
・・・・このところ週末になると空模様が怪しくなってきて、やはりこの日の夜も小雨がパラパラ・・・。横浜の夜と小雨とそしてブルースはよく似合います・・・。

Cimg0265_1 夜に用事があった僕は急いでそれを片付けて、Bar HAPPY BLUES に向いました。お店に入る前に腕時計を見ると21時30分を少し過ぎたところだったので、まだ始まっていないだろう・・・と思っていたんですが、入口から入って階段に足を踏み入れたら、♪Every Day I Have The Blues♪の軽快な音が耳に入ってきました。駆け足で階段を上り切ると、あれ?お客さんが一人しかいない。でも演奏は始まっていました。・・・今日は雨模様で客足が悪いのかな・・・、でも、こういうゆったりした空間はこの店に似合ってるな・・・などとマスター(ハッピーさん)には悪いけどそんなことを思っていました。

今夜の竹林有情はブルースで固めている、そんな感じで、しかもギターのサウンドがいつもと違っていました。・・・そう、林さんはまた新しいギターを購入したらしく、早速そのギターを使っていたんです。

Cimg0272_1 1st ステージが短い時間で終了してから 2nd ステージが始まるまでにお客さんが入りはじめました。竹林有情を目的に来店する人もいて、なかなかの人気です。

そして結局 2nd ステージでは満席となりました。このところ竹林有情のライブでは毎回満員になってしまいますね。そして、演奏もお客さんも盛り上がってしまったので、2nd ステージが終了しても、アンコール!で、5~6曲くらいやりましたっけ?流れから言えばアンコールではなく、3rd ステージでしたね。

今回は日本語の曲はナシ。それはそれでまたたまにはイイですね。でも僕は日本語の曲も聴きたかったなぁ。・・・・あ、やっぱり♪シーズゴーン♪はいいです! Great!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

児童音楽会

Dvc00007_1 11/8(Thu)、神奈川区小学校・児童音楽会を聴きに神奈川公会堂へ行ってきました。これは、平成19年度 神奈川区民音楽祭 として行われているもので、神奈川区内の小学校生が11/7、11/8、11/9の3日間で行われる合唱および演奏を行うというものです。

参加している生徒の父母家族が抽選で発表会場に行けるということで、その券が手に入り、仕事を休んで行きました。

Cimg0256_1_2 ・・・・右の写真は始まる前の神奈川公会堂の入口ですが、ずらーっと並んだのはどこを見ても生徒の「お母さん」ばかり!・・・お父さんらしき人が見当たらない・・・。普通そうですよねぇ、平日ですから。

僕は合唱は聴くのも歌うのも指揮するのも好きです。指揮が一番面白いですね。次に聴くので、最後は歌うのかな・・・。合唱は生で聴くに限ります。Vlcsnap214496

二谷小学校は3番目。指揮は渡邊先生です。デジカメの動画で録画したので、そこからキャプチャーしました。渡邊先生が頑張っているので、その感じがつかめるように先生が口を大きく開けているところを敢えてキャプチャーして載せておきます。(^^;

曲は、「冷蔵庫の中に何がある?」と、リコーダーの演奏で「はっぱとそよ風」の2曲でした。元気に歌えてましたね。♪冷蔵庫の~♪は、歌詞を聞いて会場ではウケてました。♪乾いたネギのしっぽ♪だったか、♪乾いたハムが一枚♪だったで結構笑いがありましたね。Vlcsnap221790

全部の合唱が終わってから招待演奏で、フルート・オーボエ・ピアノによる三重奏があり、これは魅力的な演奏でした。僕が小学校の頃には京都市交響楽団の人たちがよく学校に来て、色んな演奏を聴かせてくれるというのがあり、やはりこんな風に生楽器に魅了されていましたが、これを聞いた皆もそうだといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »