« 林あきひこ リサイタル | トップページ | これは美味しそう! »

2008年4月26日 (土)

竹林有情、サハラローズ、BackStreetBluesBand

4/26(Sat)、横浜・六角橋「あっとぺっぷ」で、竹林有情の偶数月定例BluesLive に、BackStreetBluesBand(BSBB)で、出演してきました。

Cimg0796_1 今回はあっとぺっぷとしても初めての試みで、店前(入口)で、17:30からライブオープン前の路上ライブを竹林有情が行いました。というのも、あっとぺっぷは向って右隣が有名なラーメンの六角家、左側はホルモン・焼肉のひょうたんで、その2店舗の間に2階へ続く狭い入口が挟まれているいうことで、地元の人でもここでライブをやってるということを知らないのが現状。客呼び込み的に道う行く人にライブの案内チラシを手渡しながら、30分以上はやりましたね。また、この日がほんのちょっとだけ雨が降っているということで、楽器に気を使いながらの演奏。さらにものすごく寒い!・・・でも、チラシは随分配りましたので、「ここにライブハウスあり!」ということはアピール出来たと思います。

竹林有情・・・あっとぺっぷに貢献してますねぇ。恩を忘れず行動で示す、というところでしょうか。confident

さて、今回の出演は、竹林有情の他に、サハラローズ、BackStreetBluesBand(BSBB)ということで、まず最初は、BSBBからスタート!

Cimg0834_1 今回の「BSBB」は、①伊勢崎町ブルース2008、②テイクファイブ~青い果実、③他人の関係~サマータイム、④テネシーワルツ、⑤ルート66(アンコール曲)、という内容でした。なかなか楽しいコミック風バンドになってきてます(笑)。

Bsbb BSBB はドラムレスで演奏してますが、どれほど楽しいバンドかは、実際に見ないと分からないかなぁ、と思います。と言っても説明にならないので、出来るだけ写真でそれらが感じられるような写真を並べてみました。

Sax & Vocal のアキちゃんは度胸がいいんですよね。度胸がいい上に愛嬌もいいので、40年位前の番組、いとしこいしの、「男は度胸、女は愛嬌、お手々出しても足出すな、グリコ・ガッチリ買いましょう!」のどちらも持ってますからね。 さらに関西弁ですから、いつもモテモテです。掲載した4枚一連の写真の右下は、「ええかげんにせい!」って大阪ツッコミ入れてるところだったかな・・・?(笑)

Cimg0809_1 お次は「サハラローズ」。初共演ってことで、って言ってもこのブログには実はすでにアコフェスの記事の時に登場しました。サハラローズは、GEN安田さんがGuitar&Vocal、ディックタグチさんがBass&Vocal、星康弘さんがLead Guitar、が基本メンバーで、今回はドラムとトロンボーンが入りました。GEN安田さんの甘い高めの歌が心地よいバンドです。リードギターの星さんはいつも座って弾くようですが、座った位置が客席側の椅子だったので、ギターがステージの方に向いてしまっていて、”ライブ”という意味では、ちょっと勿体無い配置でした。ライブは楽器を弾いているところを目で見て楽しむところもあるので、次回は是非目立つところでギンギンに弾いてくださいねー。星さんのギターはちょっと懐かしめの音とフレーズで、とてもいいです。

Cimg0814_1 最後はこのライブの主役、「竹林有情」です。もう今夜は大入り満員で、すごいことになってましたね。入ってくるお客さんに気を使ってお店の常連(プレイヤーも含め)は席を譲って立見でした。店内全体を写真に撮るのは難しいので、まぁ大体こんなアングルだと表現が出来てるかな、というのを載せます。まだ、手前と左側にも座ってますので、消防法的にどうか・・・みたいな感じです。Cimg0822_1

竹林有情の演奏としては、今夜は油がのってますね。特にタケさんがそんな感じがしました。ご両親が来店していたということもあるのかどうかはわかりませんが、演奏後にタケさんのお父さんが竹林有情を評して、「すごく良くなってるねぇ」って感心してたのは事実です。タケさんのお母さんもノリが良くって僕は大好きです。そういう部分がうちの母に似てます。(あっ、あまり身内のことを書くといけないかな・・・)。竹林有情としては、タケさんも林さんもライブでの客席の雰囲気を見事に捉えて、1曲1曲が無駄なく演奏されていくので、確かにライブパフォーマーとして成長していることをビシビシ感じました。あっとぺっぷのママも終了後に、お客さんもたくさん入ったし、お酒やなんかも随分注文してもらった、と言って経営的にも合格点が出ていました。

これがたった1000円のミュージックチャージですから、安いもんですね。今回のお客さんは結構楽しめたと思いますよー、ね。wink

|

« 林あきひこ リサイタル | トップページ | これは美味しそう! »

コメント

いやー!
BSBBは本当楽しいコミックバンドですねー。
度胸というより完全にノリですね。
ノリで全てをカバーしてしまおうという、ある意味すごいドスコイ根性です。
私としてはさらにコミック色を濃くしてもいいんじゃないかなーなんて思っています・・。フフ・・

投稿: BSBBあき | 2008年5月 2日 (金) 18時27分

>アキちゃん
コミックバンド化計画進行中ですか?smile
やっぱりお客さんに楽しんでもらえるバンドということで、いいですね。
最近コミックバンドがあまり活躍していないので、そろそろ本格的にコミックバンドとして考えていいのかもしれません・・。フフ・・

投稿: KONDY | 2008年5月 4日 (日) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/41016510

この記事へのトラックバック一覧です: 竹林有情、サハラローズ、BackStreetBluesBand:

« 林あきひこ リサイタル | トップページ | これは美味しそう! »