« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

竹林有情 at BITCHES BREW

Cimg1302_1 6/28(Sat) 六角橋にあるCafe & Bar「BITCHES BREW」(ビッチェズ・ブリュー)に、竹林有情のライブを見に行ってきました。このお店では初の演奏となります。

ビッチェズ・ブリューは六角橋商店街を少し脇に入った目立たないところにあるお店です。ライブハウスというよりは、高級オーディオでジャズを聴かせるお店という感じで、ライブは月に数回だけやってます。

Cimg1312_1 ジャズを聴かせるお店で、初の Blues&Good-Music の竹林有情の演奏。そういうこともあってか、1st ステージの最初は幾分いつもより丁寧な演奏で、ちょっと遠慮がちな感じで始まりました。演奏しながら雰囲気を掴もうとしているのかもしれません。いつもの慣れた曲を披露。それ以外にも・・・・今日来る予定のお客さんの情報(嗜好性など)を事前に得ていた竹林有情は、それに合わせて演奏する曲も用意していました。うーん、抜け目ない!

Cimg1318_1 竹林有情の 1st ステージと 2nd ステージの間に、林さんによるソロギターパフォーマンスがありました。僕はこのセットは結構好きです。スッキリしてますよね。オリジナルとカバーでアコースティックギターの魅力を引き出してくれるので、竹林有情での演奏がまた、1st とは違った 2nd ステージの印象を与えるのではないかと思いますが・・・、もう僕には今となっては分かりませんが、最初の頃はそのように感じましたから、初めて聴く人にはそのように響いているんじゃないかなぁ・・・とそう思います。
ソロギターパフォーマンスの演奏が一通り終わったところで、やはりアンコールがかかりました。アンコール曲は♪A Day In The Life♪ですが、これがまた来ていたお客さんが作っているコミュニティペーパー(新聞)の題名で使われているもので、非常に親近感を出していました。・・・まさかこれも事前に調査したうえで演奏したんじゃないでしょうね?

Cimg1308_1 竹林有情の 2nd ステージでも同様にお客さんに応えての曲を用意していたようです。そういう細かな配慮もあってか、演奏終了後には次回演奏するときにためにいろいろリクエストがありました。こういうふうにリクエスト出来ることがライブに来たお客さんにとっては嬉しいことかもしれませんね。

マスターもまたやって欲しいと言ってましたので、今回初のビッチェズ・ブリューは、まずは成功したということですよね?

(ちなみに、僕は竹林有情のマネージャーではありません ^^; 僕はプレイヤーです。キッパリ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

ダイナマイト・ミキ共演!

6/21(Sat) 六角橋「あっとぺっぷ」で、竹林有情の偶数月恒例ライブに「平成版ブギウギの女王」として、Jazz、Soul、昭和歌謡界で活躍中のプロシンガー、ダイナマイト・ミキさんが登場!そして BackStreetBluesBand も共演させていただきました。

Cimg1283_1_2  前回から始まった竹林有情によるライブ開始前の店前路上ライブ。今回も雨がシトシト・・・。この前もそうでしたね。・・・でも、雨にも関わらず道行く人々にライブの案内を意外と多く手渡すことが出来ました。ダイナ(ダイナマイト・ミキ)さんも雨の中、お付き合いいただきました。

 さて、今回のライブはもちろんダイナさんがメイン。BackStreetBluesBand は新参者なので、最初に演奏して露払い。・・・・というところだったんですが、最初に特別演奏として、林あきひこソロギターパフォーマンスを急遽ちょっとだけやってもらうことに。・・・早めに来たお客さんはお得なコースでしたね。Cimg1287_1 その時の写真を今こうして見てみると、アキちゃん、何を一生懸命みているんでしょうか?このときの写真は2枚あるんですが、どっちも同じ視線でしたよ。(演奏聴いてなかったでしょ?笑)

Bsbb_1 さぁ、BackStreetBluesBand の演奏だ!っていうほどのものではありませんが、今回はMCもほとんど入れず、Cool に演奏。♪恋のフーガ♪、♪伊勢佐木町ブルース2008♪、♪他人の関係~サマータイム♪、♪テイク・ファイブ~青い果実♪、♪長者町ブルース♪、♪色彩のブルース♪、・・・とここまで確かに Cool に淡々と演奏。アキちゃんがここで、「次は最後の曲でテネシーワルツをお贈りいたします」、と言ったところで、タケさんから「ワルツ?」ってツッコミが入ってBSBBメンバーが爆笑。その瞬間の写真が左のです(笑)。まぁ今回は歌から入るってことでその点は回避・・・って何のことか分からないね。さてさて、よかったのか悪かったのか分かりませんが、演奏終了。・・・僕個人としては、エラク不出来で、反省点がゴロゴロしてました。(・・・・ひとり泣く)。

Cimg1294_1_2 ということで、ここで本命、ダイナさん登場!まずは 1st ステージということで、スタインウェイのピアノで歌いまくり!この店のスタインウェイをものすごく誉めてましたね。・・・で、1曲目が♪Georgia On My Mind ♪で、これだけで僕はぶっ飛んでしまいました。続いて♪懐かしのニューオリンズ♪を英語から日本語の歌詞で自然に入って、途中でサッチモ(ルイ・アームストロング)が出てきたり、まぁなんというか自由自在な歌声にパフォーマンス。♪マック・ザ・ナイフ♪はその最高峰で、ソニー・ロリンズやルイ・アームストロングやエラ・フィッツジェラルドがモノマネでどしどし出てきて、これぞダイナマイト・ミキ!素晴らしいのひとこと。1st ステージの最後に歌った♪ダイナ♪も途中で♪エノケンのダイナ♪で、エノケンを上回ったパフォーマンスです。・・・・ダイナさんの人柄がまたいいです。最初にも書きましたが、雨の中、外まで付き合っていただいたり、もう、こういう人ばかりがミュージシャンだといいのにねぇ>林さん。

Cimg1297_1_2 お待たせしました、竹林有情です。・・・がここで実はトラブル発生。ステージが始まる前に、タケさんのハープですが、A Key のハープが壊れてしまい、音がちゃんと出ない!・・・ということで、A の曲は G にして対応。いきなりそれを聞かされた林さん。A の曲が多い中、そんな急なことにも動じない林さん。いつものオープニングナンバーの曲♪Every Day I Have The Blues♪が A だったので、それを G でいきなり演奏。まったく問題ないですね。さすがです。・・・タケさんがダイナさんのステージにかなり影響を受けたということで、さらに林さんにステージ上で注文。ジャズ風なアレンジで♪ミッドナイトブルース♪をやって欲しいと無理な要求。そんなタケさんの注文を受けて即興アレンジでやってました。林さんも大変ですねぇ(笑)。でも竹林有情ワールドはシッカリ保ってましたね。楽しいステージです。竹林有情のいいところはアットホーム的なところですよね。

さて、ダイナさんの 2nd ステージかな、と思ったら、あとから来たお客さんのために、ということで、ダイナさんが気を使ってくれて、BackStreetBluesBand の再登場をさせてもらいました。なので3曲だけ。BSBB のこの 2nd ステージはある程度の MC も入れていて、また演奏の方も少し余裕があって、こっちの方が僕個人的には納得出来る程度の出来だったと思います。Bsbb_2 ということで、多めに写真を掲載(^^;Bsbb_3 Bsbb_4


そしてダイナさんの 2nd ステージ! スタインウェイのピアノから今度はローズ(Rhodes)のエレピに換えての演奏。ダイナさんがまたまたこのローズのエレピを誉めてました。楽器に対する愛情があるんですね。で、まずは日本語で♪A列車で行こう(Take The "A" Train)♪から楽しいオープニング風に、♪たーのしんでーく・だ・さ・いー♪って来たんで、音楽漫談?(笑)。で、音楽のルーツをたどっていく、というダイナさんの十八番ですよね。きっと時間があったらちゃんと1曲づつ歌ってくれたんだと思いますが、短めにまとめてました。是非今度は全部聴きたいですね。♪岩井さーんちのゴムホース♪は笑いました。Dyna3


ダイナさんの 2nd ステージが終了すれば、そりゃ当然アンコール!でも、ここでダイナさんが出演者全員でってことで、BSBBも竹林有情も全員で、♪ルート66♪を演奏。Vlcsnap157983

さて、そういうわけで、楽しいライブでした。ほぼ大体いつも林さんがいろいろなミュージシャンとの共演を実現させてるわけですが、これからも横浜の音楽シーンをリードして行けるといいですね・・・というと大袈裟ですか?あまりここでそういう表現で書くと林さんの活動が誤解されたりするので、言葉を換えて・・・、これからもお客さんが来て満足出来るライブのプロデュースを期待してます・・・、ということでいいですか?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

DEAD STOCK 2008 at Guppy

Cimg1281_1 6/15(Sat) 19:00~横浜・日ノ出町「Guppy」にて、毎年行われてきたライブイベント「DEAD STOCK 2008」に、BackStreetBluesBand が初出演させていただきました。

DEAD STOCK のライブイベントはその名のとおり、「死者を墓場から呼び戻そう!忘れられたるものを、地獄から、否、天国から呼び戻そう! ことしもやります!黄泉の国に旅立ったあの人、このバンド。 みんなで蘇らせましょう!」ということだそうです。

この日の出演バンドを出演順に並べると、①リカーズ、②Bet On It、③ミネオカブラザーズ、④BackStreetBluesBand、⑤髷詩鼓、⑥林正樹バンド、⑦The Hot Watts、⑧トミー塩谷&スタンピート、の8組でした。

僕らがグッピーに着いたときにはすでに①リカーズが演奏をしていて、♪太陽にほえろのテーマ♪を演奏してエラク盛り上がってました。すみませんが写真はありません・・・・(泣)。・・・・で、一番前のステージ真ん前の席しか空いてなかったので、そこへ座ったんですが、さすがに音圧がものすごくて、ずーっと難聴ぎみになり、実は皆さんの演奏がちゃんと聴くこと出来ず・・・、頭蓋骨と脳ミソが逆の方向に振動している状態が続いていました。・・・今回のこのブログには写真をひとことコメントだけでカンベンしてください。と言いつつ一言ですまないんですよねぇ、でもライブレポートにはならないと思います。・・・おっと、その前に、写真をこのブログに載せることが出来なかったリカーズの皆さん楽しい方々ばかりで席の方では和ませていただきました。ありがとうござます。

Cimg1252_1  ②Bet On It。このバンドは何度かこのブログでも紹介してますね。ノルウェイ森さんの存在感と、竹林有情のときとは違ったフィーリングで、まるで別人のようにステージ立つハープのタケさん。Cool に決まってました。そして、ベースは今回このイベントに誘っていただいたスカさん。Cimg1255_1 多くを語る必要のないブルースバンドです。

 ③ミネオカブラザーズ。ベースがリッケンバッカーとはまた何というかロック魂を感じさせます。僕はリッケンバッカーのコピー仕様しか持っていませんが、これ持つとどうしても The JAM をやりたくなってしまいます。ミネオカブラザーズはやはりハデハデでした。

Bsbb  ④BackStreetBluesBand。初登場ですね。サックス&ボーカルのアキちゃんをフロントにして、ギターに林さん、ベースは僕(KONDY)で、今回はドラムに菊田さん。アキちゃんが参加する前の去年、林さんと菊田さんと僕とで BSBB をやってましたが、諸々の事情で活動が活発化するのが今年になってしまいました。この日のセットリストは、♪伊勢佐木町ブルース2008♪、♪他人の関係~サマータイム♪、♪TAKE FIVE ~青い果実♪、♪色彩のブルース♪。・・・・JAZZ&歌謡曲&ブルースの味付けで演奏してますが、今回は本来のコミックバンド風味があまりなく(?)Cool にやったつもりでしたが、アキちゃん人気が高いため、アンコールを頂きました。で、練習してなかったけど、♪ルート66♪。・・・・BackStreetBluesBand の写真についてはこの記事の最後にまとめて掲載しますね。

Cimg1259_1  ⑤髷詩鼓。ここもまた派手ですね。懐かしの歌謡曲をこれでもかって程の演奏でやりまくり!特に山本リンダの♪狙い打ち♪はヘソ出しにした上に、ドラミングもどうなってしまうのか先が分からなくなる程の祭り太鼓でした。盛り上げましたね。もうどうにも止まらない!

Cimg1264_1  ⑥林正樹バンド。このブログでは林さんがナイロン弦でロバート・ジョンソンをキレイに演奏していたことを紹介しましたが、バンドではジミヘンをやっているということで、今回は聴くことが出来ました。このバンドだけは音圧を抑えてくれていたので、しっかりスッキリ聴くことが出来、ちょっとホッとしました(^^; ジミヘンをホッして聴いていいのか、って声もありますが、僕は結構気に入って聴けましたよ、ホント。林さんは、今夜のジミヘンは「地味」のジミヘンだ、なんて言ってましたが・・・。拍手☆

Cimg1271_1 ⑦The Hot Watts。すかさんのバンドですね。・・・あれー?さっちゃんも HotWatts のメンバーだったんですか?それは今日の今日まで知りませんでした。さっちゃんのギタープレイの姿がなんだか落ち着いていて、結構いい感じになってますね。さっちゃんもやっぱり大人気で、終始「さっちゃぁーん!」という男達の声で埋め尽くされていました(笑)。演奏も見た目にも楽しい The Hot Watts ですね。Bet On It 共々、グッピーをホームグラウンドにしているバンドだけあって、こなれています。

Cimg1278_1  ⑧トミー塩谷&スタンピート。皆さんご存知、グッピーのオーナー、トンベさん率いるバンドです。最も爆音だったバンドですが、写真から見るとそういうイメージは不思議とありませんね。でも、すごかったんですからー、もう。・・・一番前のかぶりつきの席だと、何を弾いているのか分からなくなるくらいの音だったので、ちょっと席を後に移しました。後ならちゃんと聴こえますよ、大丈夫。もっと早めに来て、最初から後の席を確保しないとダメですね。

さてさて、ということで、熱いライブ演奏が全て終了し、BackStreetBluesBand も皆さんに聴いて頂くことが出来、本当にありがとうございました。


じゃ、オマケ画像。BackStreetBluesBand アルバムです。・・・というか、アキちゃんファンのために・・・。

Bsbb1 Bsbb2 Bsbb3 Bsbb5

Bsbb6

3aki_1_2

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年6月 7日 (土)

アコフェス あっとぺっぷ

6/7(Sat) 六角橋「あっとぺっぷ」で季節毎開催のアコースティックフェスタに出演してきました。出演順に写真を載せましょう。

Cimg1221_1  ①「竹内公一」さん。もうこのアコフェスの常連ですね。今回もピアノ弾き語りで、♪マッチ・ボックス♪、♪ピアノ・ブギ♪。中央図書館でピアノの教則本があり、その中からブギをやってくれたんですが、面白い教則本らしいです。竹内さんの演奏を聴いてみてそれがよく伝わってきました。Cimg1225_1

 ②「タケボウ」さん。本人の話によるとジーヤンからアコフェスがやっていると紹介されたので、見に来たら出演することになった、とのことでした。なかなか聴かせてくれるギターを弾きます。♪フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン♪とか♪ボレロ♪をやりましたが、かなりレパートリーは広いですね。初出演です。

Cimg1227_1  ③「古屋 隆」さん。竹内さん同様、アコフェスの常連です。ボブ・ディランや吉田拓郎を弾き語ってくれますが、いつもオリジナルも入れてくれます。軽い歌い方でしかも味がある、ということで、知らず知らずに聴き入っていた、というパターンです。海老名の方からいつも来てるので、そう言えばあまりゆっくりじっくりと酒を酌み交わす機会がありませんが、一度は泊まり覚悟でお願いします。(笑)

Vlcsnap55100  ④「mituko」さん。みつこさんはアコフェスの常連というより、あっとぺっぷの専属歌手みたいな存在(?)。・・・ジャズシンガーですね。最近はゴスペルを中心としたコーラスグループ「◎ドーナッツ」にも加わっています。今回アコフェスでは♪サマー・タイム♪、♪On The Sunny Side Of The Street♪の2曲をピアノで歌いましたが、バックに僕がペースで参加しました。いいですね。楽しかった。曲がマイナー調とメジャー調だったので、ベースも弾いてて面白いです。歌が安心して聴けるんで、歌い手の邪魔にならないベースラインを心がけました。また雇ってください。(笑)  <写真はデジカメの動画からのキャプチャーなので、あまりキレイな写真ではありません。>

Cimg1230_1  ⑤「プチ・メゾン」、メンバーは村上さん、ジマコさん、アッコさんの3人です。アコフェス初出演。・・・というよりプチ・メゾンとしてライブ初登場ってとこだったのかな?・・・見に来ていたお客さんがそんなことを言っていたようですが・・・。ドラム結構いい音出してました。キーボードは最近あっとぺっぷに常備されたローズを弾いてくれましたが、うんうん、これも結構ベースも効いてて歌のバッキングとしては素晴らしい演奏でした。今後あっとぺっぷでライブするかもしれませんね。

Cimg1233_1  ⑥「伊藤蒼真」さん。アコフェス初出演。オベーションのアダマスを持っての登場!いいなぁ・・・欲しいなぁ・・・。伊藤さんは歌声がなかなかシビレさせますね。全てオリジナル曲ですが、いい曲持ってますね。自分の声によくマッチしてました。かなり遠いところから来たようでしたが、すみません、どちらでしたっけ?・・・・インターネットでアコフェスがあるのを見つけての参加。出来ればフィンガーピッキングでやって欲しかったなぁ。

Vlcsnap68886  ⑦「KONDY」。あっ、僕ですね。ベースの弾き語りです。キャロルから♪娘(クーニャン)♪、柳ジョージから♪砂埃をあびながら♪、♪Good Time Roll♪の3曲です。出来はまぁ、間奏失敗、・・・でも写真のように別なところで頑張って、忘れてもらいつつ、楽しんでもらえるよう努力してみました(^^; ま、いろいろ反省点はあります。

Vlcsnap72146  ⑧「MAKI」さん。あっとぺっぷのママ、キーボードで3曲。始めの2曲はローズを使ってのインスト。3曲目は、ピアノを弾いて、バックで僕がベースを入れつつ、♪ラ・バンバ♪。最後の曲だったので、全員で「バーンバーバンバッ」って歌って全員終了!お疲れ様でした。

この後、セッションタイムに移り、いろいろやりました。7/5(Sat)のビートルズ特集でやる曲の練習も出来たりして・・・。

アコフェスの出場メンバーもガラリと変わりましたねー。次回のアコフェスの参加者が今から楽しみですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

Bar HAPPY BLUES の外にも?!

Cimg1213_1 6/6(Fri) 横浜・関内 Bar Happy Blues。今日は久しぶりに気温が上昇。空模様も雨の心配はない・・・。いろいろ予定は入っていたけど、竹林有情の出演が今夜だと聞いて、足を運んでみることにしました。

いつも竹林有情の演奏開始時間は 21:30 過ぎてから始まります。でも何日にこの店でやるのかはあまり公表されてないみたいで、唯一お店のマスターが知っている・・・というより、マスター自身が把握しているわけではなく、お店に行くとチラシがあるので分かるようになっています。

今夜の竹林有情の演奏は落ち着いているようです。ギターの弾き方にも細かなところで工夫をして、より安定感のある演奏に重心を置いているようでした。それから、今回は新曲があり、♪Midnight Hour Blues♪という曲です。林さんがメインボーカルを取ってましたが、これまでの歌い方と違い、高いところの声のしぼり出しなんかがなかなかハマってました。

Cimg1202_1 僕はいつもだいたい1杯はジントニックを飲むんですが、今夜はやめて、ブラック・ロシアンというのをもらいました。右の写真のやつ。コーヒー味のウォッカというとあまり当たってないかな・・・。甘めですが、コーヒー風味がそれをよし、とさせてしまう酒です。とろり酔いそう・・・。

BarHappyBlues に先に来ていたカップルは竹林有情の演奏は初めてだったようですが、かなり気に入ってましたね。竹林有情は男性だけでなく女性にもウケるところがあります。

Cimg1207_1 次のカクテルは、マスター特製のもの。名前はないそうです。ジンベースで、オレンジやなんかいくつかの果物が入っているそうですが、うーん、これはきっと飲みすぎてしまうものなんでしょうね。僕はどちらかというと最初に飲んだブラック・ロシアンの方が好きです。口の中が甘くなってしまったんで、時間があればこのあとバーボンをロックで飲みたかったんですが、時間と共にお金もないのでガマンガマン。

このお店は2階にあるんですが、窓を2つ開け放って演奏をしていたためなのか、今夜は外から店の窓を見上げて、竹林有情の演奏する後姿と、音を聴き入っている人が10人位はいました。なんだか apple の屋上のビートルズみたいですね。きっと外から見上げていた人の中からこの店を訪ねてくる人も出てくるでしょう。「この前、ライブやってましたよね?」って。・・・そんな気がします。

Bar Happy Blues よ永遠なれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »