« 竹林有情「偶数月定例ライブ=あっとぺっぷ」 | トップページ | Bet On It だよ、グッピー »

2008年10月11日 (土)

横濱ジャズプロムナード2008

2008 10/11(Sat)、横濱ジャズプロムナードが開始されました。横浜の桜木町・関内あたりを中心に、ホールもジャズクラブも野外も、どこへ行ってもジャズ演奏をしている日ですね。11日から12日までやってます。

そのうちのひとつ、ジャズクラブのイベント会場となる馬車道「King'sBar」で、林さんプロデュースの時間があり、今回は、①竹林有情、②DeepFryTheBluesBand、③ダイナマイト・ミキ、という構成で演奏があり、見に行ってきました。

Cimg1626_1 「竹林有情」はこの King'sBar で演奏するときは、迫力ある演奏をしますね。フルバンドとの対比を自然と意識しているのかもしれませんが、僕にはいつもそう聴こえます。場所の雰囲気というのもあるのかもしれませんが、ギター1本とハープだけの演奏だったいう感覚はなくて、フルバンドを聴いたのと変わらない印象です。不思議といえば不思議な現象です。今回はこれまでに何度も演奏してきた竹林有情スタンダードと言える曲で構成していましたが、同じ曲でもここでは聴こえ方が違います。

King'sBar でのブルースの演奏を「ジャズプロムナード」で出来ることは、林さんの功績でしょうね。

Cimg1634_1  「DeepFryTheBluesBand」は、いつもこのブログに書くように、Hot & Cool な演奏。メンバーも Hot & Cool で、安定感のあるバンドです。何かライブの企画やるなら DeepFryTheBluesBand を入れておくと成功するかもしれません(笑)・・・ってそんなに甘くないか?でもそれくらい安定感もあり、また、誰が聴いても不快感はないはずです。井上さんの楽しげなドラミング、天本さんのノリのいいベース(サウスポーだし)、松尾さんのクールなギター、で、全員いわゆるイケメンだというからもうこれ以上いうことないでしょう。

Cimg1638_1 「ダイナマイト・ミキ」さんはプロですから、いいに決まってるんですが、音楽の歴史の旅をやってくれました。1曲1曲というよりも、全体の構成でひとつっていうものですから、もちろん MC 含めて、流れが飽きさせません。歌声はいくつにも変化するし、また余裕のある音域、そして素敵なピアノ演奏にムードを盛り上げるフレーズ。僕もあんな風にピアノを弾いて歌いたいなぁ、って思いますね。キャラクターもやっぱり違いますよね。始めの第一声で絵になってしまっています。・・・いや、その前に、客席に座っている姿からすでに何か違うものを体中から発しています。「ん?素人さんじゃないな」(笑)みたいな・・・。Junちゃんもダイナさんのピアノ弾き語りには関心があったみたいで、ピアノ教えてもらいたいなと言ってましたが、ダイナさんのウチって確か福生の方ですよね、遠いな。・・・・・あーっ、しまった。ダイナマイトミキさんの CD が10曲入り1000円で持ってきていたって言ってたのに、買うの忘れてたー。今、このブログ書いているときに気付いたー、あー、残念ー!ダイナさんのサイン入りだったハズなのに。(泣)

次の機会を待つか・・・。

って、ことで、この回が終わる前に注文したJunちゃんのビールと僕のジントニックがまだあったので、次の回の「禅TheBand」も見ていきました。

それから King'sBar を出て、野外のいたるところでやっているジャズ演奏を聴きにまわりました。Cimg1645_1 写真にあるような感じで、野外の場合はほとんどがビッグバンドですね。Cimg1649_1

左の写真はワールドポーターズ前、右の写真はドックヤードガーデンのもの。その他にもいろいろ見ましたが、やっぱりこういうイベントが繰り広げられる横浜っていいですよねー。

|

« 竹林有情「偶数月定例ライブ=あっとぺっぷ」 | トップページ | Bet On It だよ、グッピー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/42765118

この記事へのトラックバック一覧です: 横濱ジャズプロムナード2008:

« 竹林有情「偶数月定例ライブ=あっとぺっぷ」 | トップページ | Bet On It だよ、グッピー »