« ストリートで・・・ | トップページ | 11/1 Halloween Party あっとぺっぷ »

2008年10月25日 (土)

魅惑のギターサウンド・ナイト!Vol. 2

10/25(Sat) 19:30~、横浜・野毛の「Sam'sBar」で、林さん主催の「魅惑のギターサウンド・ナイト Vol. 2」があり、聴きに行ってきました。

今回はオープニングアクトで、紫之(しの)さんという女性ギタリストと、吉良剛さんという男性ギタリストの若手2名の演奏からスタートしました。

Vlcsnap53058 紫之さんは堀尾さんにギターを習っていて(つまり、堀尾さんのお弟子さん)、ギターを始めてまだ3年ということでした。基本的なテクニックは身についているようで、堀尾さんの指導がいかにうまいかが垣間見えた気がしました。で、またこの紫之さんの容姿がカワイイんですよね。フィンガーピッカーで歌は歌わないんですが、イエスタディとか1曲終わるごとにエライ盛り上がりで、特に男達が黄色い、いや、野太い歓声をあげていました(笑)。最後の曲で、堀尾さんのオリジナル曲「出航」を演奏してくれました。余談ですが YouTube にも堀尾さんと紫之さんがこの曲をいっしょに弾いているのが出てますね。

次の吉良さんはVlcsnap55076スパニッシュギター(フラメンコ)です。もともといわゆるフォークギターを弾いていたらしんですが、現在のこのフラメンコをやり始めてから、なんだか今までのギター演奏が何だったのか、と自分でいうほど、この奏法に傾倒したようです。確かに、フラメンコだとギター独自のサウンドを迫力を持って引き出しますから、僕も好きです。でも1曲目はバッハの無伴奏チェロ組曲の第1を弾いていましたが・・・。2曲目がタンゴ、これはもうそのものですね。ジャカジャカスパッ!と決めますねー、う~ん。最後はオリジナル曲を披露してくれました。

さて、ここまでがオープニングアクト。結構満足の行く内容でしたが、ここからがメインです。まずは林あきひこソロギターパフォーマンスです。

Vlcsnap55703 林さんのギターサウンドは独自のアレンジにあります。林さんは既成のソロギター用の譜面などで同じように弾いたりすることはなく、すべて自らアレンジしたもので、この日も MC でいかにギターアレンジが楽しいかを語っていました。さらに今回のアメイジンググレースの段々早くなる奏法ですが、最後は超高速になっていて、テケテケ・パコパコっていう感じになっていました。これでもかという程、早く弾くので、あれはあれで面白いですね。ひとつのパフォーマンスとなっています。

Cimg1699_1 最後は「島コーヒー」というボサノヴァのユニットです。ボーカルデギターの富永トミーさんの MC が良かった。ボサノヴァという言葉の意味だとか、ボサノヴァがどういうことで出来たか、とか、また、曲ごとにその内容を解説してくれて、結構勉強になり、また知識を得た分、ボサノヴァをより良く楽しむことが出来ました。"知識"っていうのはこういうことなんですよね。深く楽しめるために必要。知識を"誇るため"に身に付けていると役に立たないけど、こういうところで披露してくれると、ああ、今日は聴けて良かったって思いになりますよね。・・・でこの富永さんは BSBBのアキちゃんの友達で、ずーっと見てると"劇団ひとり"が歌っているような錯覚になります。(笑) 写真にあるとおり、トロンボーンが入ってます。ミュートしてるんですが、これがなかなかいい感じ。古賀たーくんというそうです。で、写真の向って左側奥の人がパーカッションです。すみません、名前忘れました。パーカスがいるとまたいいですよね。解説があったお蔭で質のいい音楽を楽しむことが出来ました。島コーヒーさんありがとう!今度はこの「島コーヒー」というグループ名の由来を聞かせてください(笑)

・・・ということで、魅惑のギターサウンド・ナイトは終了。お客さんも満席状態で、大成功です。

あっ、そうそう、ここに来てたお客さんに、「KONDYさん、昨日だったか横浜の西口で女性といっしょに演奏してたでしょ?」って言われました。ちょっとビックリ。知らないうちに見てるもんなんですねー。

|

« ストリートで・・・ | トップページ | 11/1 Halloween Party あっとぺっぷ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/42911515

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑のギターサウンド・ナイト!Vol. 2:

« ストリートで・・・ | トップページ | 11/1 Halloween Party あっとぺっぷ »