« あっとぺっぷでビートルズ特集 | トップページ | 森日出夫さんバースディパーティ »

2008年11月30日 (日)

横浜ブルースライブ・パッケージ2008

11/30(Sun)、横浜・馬車道「King'sBar」にて、林さんプロデュースの"横浜ブルースライブ・パッケージ2008"がありました。King'sBarでの恒例ライブ。今回でもう8回目なんですねー。すごいことですね。このライブの特長は、"安い!""早い!""うまい!"です。 安いは、チャージ1000円で1ドリンク付き!しかもその後のドリンクはオール500円!で安い!・・・そして、早いは、日曜日の午後1時から4時までのライブなので、時間的にも余裕をもって楽しめる!終わる時間が早い!・・・最後のうまいは、出演者の演奏がうまい!

さて、今回は3組出演です。出演順に載せます。

Cimg1824_1  "横濱楽演亭"がトップです。若手ブルースバンドとして非常にブルース色がつよいバンドで、パワフルです。このブログには2回ほど紹介してますね。一度はLive&Bar風鈴のときと、もうひとつは、あっとぺっぷです。この前まで、キーが B か A しかなかったと記憶してますが、今回は G なんかもあったりで・・・ブルース好きにはたまらないバンドのひとつです。

Cimg1826_1  2番手は毎回出場レギュラーとなった"DeepFryTheBluesBand"です。読み方はディープ・フライ・ザ・ブルース・バンドですよ。天本さんいわく、「油でコテコテに揚げた」という意味合いの Deep Fry 、そのブルースバンドだ、というわけだそうです。ただし、実際はものすごくクール&ホットな演奏で、誰をもファンにしてしまうサウンド作りをしています。誰でも間違いなく楽しめるのがこのバンドの魅力ですね。

Cimg1828_1 最後は、"竹林有情"。プロデュースをしている林さんがギター&ボーカル、タケさんがハープ&ボーカルの2人組ユニットです。前2組がフルバンドで、最後にギターとハープのユニットですが、そのフルバンドにまったく負けてない迫力あるサウンドで、圧倒させます。このところ急激に演奏に厚みをつけてきた林さんのギター、そしてテクニックに磨きのかかってきたタケさんのハープ!それぞれにソロ活動をやっていますが、それがある意味、修行となってここに音として現われているのかもしれませんね。

タケさんは腰を痛めているにも関わらず、随分と体を前後左右に揺らせて演奏してましたが、大丈夫ですか?

ってことで、横浜ブルースライブ・パッケージも定着してきて、なんだかウレシイですね。

|

« あっとぺっぷでビートルズ特集 | トップページ | 森日出夫さんバースディパーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/43300908

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ブルースライブ・パッケージ2008:

« あっとぺっぷでビートルズ特集 | トップページ | 森日出夫さんバースディパーティ »