« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

横浜ブルースライブ・パッケージ2008

11/30(Sun)、横浜・馬車道「King'sBar」にて、林さんプロデュースの"横浜ブルースライブ・パッケージ2008"がありました。King'sBarでの恒例ライブ。今回でもう8回目なんですねー。すごいことですね。このライブの特長は、"安い!""早い!""うまい!"です。 安いは、チャージ1000円で1ドリンク付き!しかもその後のドリンクはオール500円!で安い!・・・そして、早いは、日曜日の午後1時から4時までのライブなので、時間的にも余裕をもって楽しめる!終わる時間が早い!・・・最後のうまいは、出演者の演奏がうまい!

さて、今回は3組出演です。出演順に載せます。

Cimg1824_1  "横濱楽演亭"がトップです。若手ブルースバンドとして非常にブルース色がつよいバンドで、パワフルです。このブログには2回ほど紹介してますね。一度はLive&Bar風鈴のときと、もうひとつは、あっとぺっぷです。この前まで、キーが B か A しかなかったと記憶してますが、今回は G なんかもあったりで・・・ブルース好きにはたまらないバンドのひとつです。

Cimg1826_1  2番手は毎回出場レギュラーとなった"DeepFryTheBluesBand"です。読み方はディープ・フライ・ザ・ブルース・バンドですよ。天本さんいわく、「油でコテコテに揚げた」という意味合いの Deep Fry 、そのブルースバンドだ、というわけだそうです。ただし、実際はものすごくクール&ホットな演奏で、誰をもファンにしてしまうサウンド作りをしています。誰でも間違いなく楽しめるのがこのバンドの魅力ですね。

Cimg1828_1 最後は、"竹林有情"。プロデュースをしている林さんがギター&ボーカル、タケさんがハープ&ボーカルの2人組ユニットです。前2組がフルバンドで、最後にギターとハープのユニットですが、そのフルバンドにまったく負けてない迫力あるサウンドで、圧倒させます。このところ急激に演奏に厚みをつけてきた林さんのギター、そしてテクニックに磨きのかかってきたタケさんのハープ!それぞれにソロ活動をやっていますが、それがある意味、修行となってここに音として現われているのかもしれませんね。

タケさんは腰を痛めているにも関わらず、随分と体を前後左右に揺らせて演奏してましたが、大丈夫ですか?

ってことで、横浜ブルースライブ・パッケージも定着してきて、なんだかウレシイですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

あっとぺっぷでビートルズ特集

11/29(Sat) 横浜・六角橋「あっとぺっぷ」で、恒例になりつつあるイベント「ビートルズ特集」があり、参加してきました。今回僕はクリア・ウォーターズとグレイテストハニーでの参加です。ソロはやりませんでした。

では、出演順に・・・。

Cimg1814_1  まずは MAKI さん。このお店のママです。毎回出演。今回はピアノソロで♪ミッシェル♪、♪イエスタディ♪と、弾き語りで♪イマジン♪を演奏。・・・当初の予定では僕がベースでバッキングとちょっと歌も入れることになってたんですが、僕の方が超多忙になってしまって実現しませんでした(^^;・・・。でもまぁ MAKI さんのソロの方があとあと僕も2つで出演してますからね・・・、結果的に良かったのではないかと思います。

Cimg1815_1  お次もピアノ弾き語り、竹内さん。このビートルズ特集の声がけ人、つまりビートルズ特集のリーダー的存在ですね。竹内さんの声がかからなければ、この特集は続いていなかったかもしれません。今回は♪ヘイジュード♪と♪レットイットビー♪です。竹内さんの顔立ちはジョン・レノンなんですが、ポールの歌をやりました、・・・って別に顔に関係ないか。(笑)

Cimg1818_1  さてさて、次はそろそろこのビートルズ特集ではレギュラーとなりそうなバンド、イエスマン・ブラザーズ・ビートルズ・バンドです。メンバーは竹内さん、古屋さん、佐藤さん、高橋さん。ビートルズのコピーバンドに徹した演奏です。・・・と言っても、ブルースを演奏するときは、ブルースバンドに徹していますので、実は変幻自在な器用なバンドです。演奏した曲目は何でしたっけ?覚えてるのは、♪ユー・キャン・ドゥ・ザット♪、♪ア・ハード・デイズ・ナイト♪、♪キャント・バイ・ミー・ラブ♪、♪ユーヴ・リアリ・ガッタ・ホールド・オン・ミー♪・・・あと何でしたっけ?すみません記憶悪くて・・・。古屋さんの下側のハモリがいいんですよねー。ビートルズがストーズ的になるっていうんですかねぇ、カッコいいです。

Vlcsnap19311 さてやっとクリアウォーターズの出番です。Junちゃんはビートルズの楽曲はほとんど知らないということで、もともとのレパートリーであった♪イマジン♪と♪マイラブ♪をJunちゃんが歌いました。まぁ厳密にいうとこれはビートルズの歌ではなく、ソロになってからの歌ですが・・・。で、これではイカンなぁということで、ピアノ曲として比較的すぐ出来そうな♪ヘイジュード♪をやりました。歌は僕がやりましたが、まぁ全体としては良かったのでないかなと思います。特にイマジンはクリアウォーターズ風にアレンジしましたから、ちょっと違ったジョンを聴いてもらえたと思います。Junちゃんは歌声がいいですからねー、皆から賞賛されてましたよー。

Vlcsnap8242  で、7/19以来ライブをやっていないグレイテストハニーの登場!練習も二日前にちょっとやっての出演です。久しぶりなんで、2枚写真載せますね。全員が写ってる写真がなくて残念です。特にドラマーのタケさんのがないっすー(泣)。♪抱きしめたい♪、♪キャント・バイ・ミー・ラブ♪、♪サムシング♪、♪ドント・レット・ミー・ダウン♪、♪ワン・アフター・909♪を演奏。途中で僕のグレッチのベースのヘッドのブリッジが割れて欠けてしまい、無理矢理にチューニングして(と言ってもやVlcsnap34149 っぱりチューニングがすぐ狂ってしまう・・・)、で演奏を続けました。あとで録音聴きましたが、ベースの音は気持ち悪いです。(笑)でも結構シャウトしましたので、それでのりきれたかなぁ・・・と思います。いつもこのパターンで乗り切ってますけど・・・。

Cimg1820_1  最後はサハラローズです。メンバーは、GEN安田さん、星さん、タウチさん、トウジさん&その奥様です。安田さんがいればビートルズはもう完璧ですよね。しかも、アレンジがものすごくて、♪ゲット・バック♪なんかは歌詞がゲットバックなだけで、メロディーはもう全然別物になっていましたね、ブルース調なんですけど、すごいです。♪ノーウェアマン♪もハモリがキレイでした。その他ずいぶんいろいろ演奏してましたが、さすがによく出来たバンドです。

で、エントリーした出演者の演奏が一通り済んだら、これからがもうひとつの楽しみ「セッションタイム」です。ビートルズの場合は、誰もが参加出来るほどよく知られた歌が多いので、いくらでも出てきますよね。特に今回はバンドが3組あったので、入れ替わり立代わり、永遠と演奏が続きます。エントリーはしてなくても、見に来たお客さんもいくらでも参加出来ますから、楽しいです。綱島在住・社長の高橋さんは前回からいつもセッションに参加。歌いまくってました。ドーナッツ◎のライブによくいらっしゃる石渡さんも、♪ベイビーズ・イン・ブラック♪や、♪オール・マイ・ラビング♪を歌いました。

途中で遠い人は帰って行きましたが、0時10分頃まで歌ってましたね。ひぇー。

次回は3月7日(土)に行うそうですので、皆さん、ビートルズを歌いに来てくださーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

竹林有情ライブ100回記念「女神祭り」

11/22(Sat) 横浜・野毛の「Sam'sBar」で、竹林有情ライブ100回記念「女神祭り」として、記念ライブがありました。女神祭りとは、女性ボーカル4人とのライブということで、今回の出演は、①ClearWaters、②BackStreetBluesBand、③YAYO with コンリンザイ、④ダイナマイト・ミキ、⑤竹林有情、という豪華ライブ!

Vlcsnap27499  ①「ClearWaters(クリアウォーターズ)」からスタート。竹林有情とは今回が初めての共演ということになりましたね。意外といっしょにやってなかったことに驚きました。Junちゃんは初めての場所ということと、共演者多数ということもあってか、なぜかかなり緊張してました。・・・で、写真は動画キャプチャーなんですが、林さんが最初にライブの挨拶をしたあと、MC用のマイクをスタンドに戻したときにJunちゃんの顔のところに丁度来るところにおいてしまったので、ほとんど歌っているところの顔がマイクの後になって・・・(泣)、見えてるやつをキャプチャーしました。

Vlcsnap39570  ②「BackStreetBluesBand (BSBB)」はそろそろベテランになってきたかなー。お馴染みになった♪伊勢佐木町ブルース2008♪から開始。あっ、そう言えば、来年は伊勢佐木町ブルース2009になると思いますが、アレンジを変えるのかな?・・・で、新しいところでは、♪ブルーライトヨコハマ♪や、♪銀座カンカン娘♪。喫茶みなとでも演奏しましたが、ボサノバ&フランス語の銀座カンカン娘はダイナさんにウケてました。

Cimg1785_1  ③「YAYO with コンリザイ」は、ここSam'sBarでは3回目ですよね?確か・・・。リハをしたのが2週間位前だったので、本番ではガタガタでした(笑)。やっぱりちょっと前に確認リハはした方がいいですねー。歌の方は悪くなったようですけど・・・。ま、きっと僕のギターが一番ガタガタだったと思います(泣)。最初、この日には新曲を2曲入れようと思って準備していたんですが、リハしてる時間がなくなってしまったので、取りやめて、今までやったことのある曲の中から構成しました。

Cimg1791_1  ④「ダイナマイト・ミキ」さんは、Sam'sBar は初めてですね。でもさすがはプロ。どんな場所でもバッチリ客の心を掴んで、ダイナワールドへと運んで行ってしまいました。歌もピアノもそしてMCも自由自在にあつかうダイナさん、いいですねー。今回は"港"をテーマにした歌で世界を旅したあと、十八番の音楽のルーツを探る旅に連れて行ってくれました。持ち時間に合わせて演奏してくれたので、エノケンの歌は聴けませんでした、残念ですー。でも楽しくて明るくて性格も素晴らしいダイナさんは、誰からも好かれる人です。またいっしょに出来るといいですねー。

Cimg1798_1  ⑤「竹林有情」は今回メインです。100回記念ライブですから、メインに決まってますが、でもやっぱりメインを取れるだけの貫禄は充分ですね。3年~4年弱で、100回ライブということで、初期の頃の竹林有情を思い出すと、ライブの進め方は格段に違ってきています。もちろん演奏が良くってきているのは当たり前ですが、1曲1曲の演奏が丁寧になってきているように感じます。

 今回は100回記念での「女神祭り」ということで女性ボーカルとの共演でしたが、12/23(Sat)はあっとぺっぷで、100回記念で「竹林有情・全レパートリー演奏」を行うとのことです。どんなになるんでしょうか、楽しみです。で、BSBB も途中で出演しますので、また是非遊びにきてくださいねー。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年11月15日 (土)

野毛「喫茶みなと」 BSBBライブ

Cimg1767_1 11/15(Sat)夜、横浜は野毛にある「喫茶みなと」で、BackStreetBluesBand のライブをやりました。この場所では今回で2回目です。二千円で飲み放題!

他の場所と違ってここの開始は21時より後ということで、遅いスタートになります。しかも今回は「竹林有情」が先にお披露目演奏を行いました。

Cimg1772_1 竹林有情としては喫茶みなとでの演奏は初めてということで、マスターに聴いてもらうのが主たる目的だったようですが、途中からお客さんも増えてきて、やがて満席に。・・・・で、タケさんがあとで言うには、「リラックスして演奏出来たなぁ」ってことで、いやいや、またまた表現力アップのタケさん。随分と短期間で進化してしているようで、歌もハープも一段と磨きがかかっていました。スゴイことです。マスターからも絶賛されてましたね。目的は達成!で、また林さんの♪馬車道ブギ♪は全体でノリまくりましたね。この曲もホントに楽しいんで横浜の地域では盛り上がるのに最高です。

で、この竹林有情が盛り上げたこの雰囲気をそのまま使わせてもらい、BackStreetBluesBand (BSBB) が間髪入れず登場!アキちゃんの昭和をイメージしたコスチュームがまた雰囲気を盛り上げます。Vlcsnap17866_1_2

喫茶みなとは、ライトが暗い店なので、写真も暗くてよく見えませんが、なんとなく分かってもらえればと思います。(笑)

今回も2ステージ構成で、1st ステージはいつもの定番曲を演奏しました。♪伊勢佐木町ブルース2008♪とか、♪長者町ブルース♪とかのご当地ソングですね。で、いつもですがアキちゃんがものすごくウケがいいんですよね。もう女性からも男性からも、「かわいいーーーー!」って1曲終わるごとに大盛り上がり!Vlcsnap18036_1_2

2nd ステージの方は新しくレパートリーを増やしたもので構成。ちょっと短めのステージでしたが、♪ブルーライト・ヨコハマ♪をレゲェ調で、♪銀座カンカン娘♪をボサノバ調で前半フランス語で歌ったり、まぁそんな感じで昭和歌謡を楽しんでいただきました。喫茶みなとが昭和の初期または戦後の店そのままなので、タイムスリップ出来ますね。

ライブハウスというわけではないんですが、本当にいいお店です。酔っ払いが外の道端で平気で寝転んでいるような地域で、地獄に二番目に近いヘブンかな・・・(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「七人のソロ・ギター」ライブイベント

Cimg1749_1 11/15(Sat)13:30~横浜の馬車道にある関内ホール玄関前で「馬車道・ショートパフォーマンスライブ」という野外ライブが毎月開催されています。そのひとつの企画・プロデュースを任されている林さんが、「七人のソロ・ギター」と題してのライブイベントを開催しました。

"七人"と出ていますので文字通り、出演者は7名でのソロギターで、歌モノはなく、すべてインストです。では、出演順に写真と名前を掲載します。

Cimg1752_1
①「林あきひこ」さん。秋をテーマに♪クロス・トゥ・ユー♪と♪ア・ディ・イン・ザ・ライフ♪の2曲を披露。野外ということもあったのか、非常に広がりのあるギターサウンドでした。林さんのこの曲は以前から何度も聴いてますが、いつもよりなかなか深みがあるように感じました。

Cimg1754_1
②「石井将之」さん。紹介チラシによると、"動きのあるパフォーマンスが評判の・・・"とありましたが、今回はバラード等の曲もあり、そのパフォーマンスは確認できませんでしたが、オリジナル曲はいい味出してました。関西弁ですよね。

Cimg1757_1 「吉良 剛」さん。このブログには Sam'sBar でのライブで一度紹介しました。バッハの♪無伴奏チェロ組曲♪と、タンゴ(フラメンコ)、あとはオリジナル曲を披露。前回の Sam'sBar 演奏してくれたものですが、ライブハウスとこの場所だと、同じ曲でもやっぱり印象が違いますね。

Cimg1758_1
④「りー」さん。いつもだとバリトンギターという少し大きめのギターを弾いているそうですが、今回はアコギにシンセサイザーを装着しての演奏。エフェクター類も豊富です。この日のために用意したというオリジナル曲を披露。スイ星というオリジナル曲だったんですが、「彗星」なのか「水星」なのか分かりませんでした(笑)。今度教えてください。

Cimg1761_1 「木村 剛」さん。クラシックで10弦ギターの奏者です。もう40年近く弾いているそうですが、すごいキャリアですね。今回は2曲披露していただきましたが、中でも♪魔笛の主題による変奏曲♪(だったかな?)は演奏するのに10分はかかるというものでしたね。10弦ギターって見た目だけでも重厚さを感じてしまいます。

Cimg1763_1
⑥「松井祐貴」さん。以前ちょっとだけこのブログにも登場しました。"ソロギターの貴公子"という名に相応しい彼のルックスと、それから爽やかなオリジナル曲のギターのストローク奏法は見事です。あの小さなギターから出てくる音とは思えない煌びやかで、そしてリズムがあり、そして耳にいつまでも残るサウンド。今度2枚目のCDを出すとか。

Cimg1765_1 「志賀由美子」さん。紅一点です。'98GibsonJazzGuitar コンテストのチャンピオンということで、石川町のTAP Yokohama でギタースクールも開講しています。ソロのジャズギタリストですから、味わい深い曲を選んで演奏してくれました。中でも♪いそしぎ♪は良かったです。僕はこの曲好きですねー。こういう曲だったらどちらかというと野外ライブじゃなくて、ライブハウスとか、バーで聴けたらなー、ムードいいだろうに、なーんて思いました。

さて、以上「七人のソロ・ギター」という企画でしたが、立ち止まって見ていったお客様は延べ人数でどれくらいいたんでしょうかねぇ。かなりいたように思いますが、延べ人数で50人はいた?もっとですか?

D1000128 次回のこの「馬車道・ショートパフォーマンスライブ」の林プロデューサー企画は 12月13日(土)午後の予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ClearWaters がまた横浜駅西口に出現

Cimg1747_1 11/14(Fri)夜、クリアウォーターズで路上ライブ、前回と同じ場所、横浜駅西口の高島屋前でやってきました。

今回は外人さんからの反応が良かった。米国在住の方・・・うーん、えーとどこの州の人だっけ?ニューハンプシャーだったかな・・・ごめんなさい、忘れちゃいましたヾ(´ε`*)ゝ

♪You Are The Sunshine Of My Life♪のリクエストまでしてくれて、Junちゃんが歌ったあとで、「スティービーワンダーよりいいね」って(実際は英語で言ってたんですが)、Junちゃんの歌を大絶賛してました。

別な英語圏の外国の方(国は分かりません)もえらく気に入ってくれて、「英語も歌もうまいね!」って(これも英語ですよ、もちろん)喜んでくれました。

歌を聴いたあとで、「オイシイ、・・・」って言うから何かと思ったら、どうやら、「ウマイ」って言ってるようで、つまり、「あなたの歌はうまい」って日本語で言いたかったみたい。・・・実際これが巧妙なジョークだったのか、本当に間違って使っていたのかはわかりませんが・・・(^-^;

で、外国からのたぶん旅行者(The Who は横浜のどこで公演をやってるのか?って聞かれた)、の方々から、日本円で小銭をいただきました。前回同様、大事に取っておきます。金額の問題ではなくて、気持ちの問題で、なんともウレシイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

竹林有情 at Bar HAPPY BLUES

Cimg1728_1 11/7(Fry) 夜、横浜・関内「Bar HAPPY BLUES」へ行きました。竹林有情が演奏する日だったのを当日まで知らなかったんですが、林さんからメールが来て驚きました。もしかしたら決まっていたのかもしれませんが、未チェックでした。(笑)

大体いつも21:30頃の遅い時間から演奏が始まって、2ステージの演奏があります。ハープのタケさんは Bet On It または仕事、林さんはソロ演奏でそれぞれが忙しいということもあり、竹林有情としての演奏は久しぶりになるそうです。・・・と言われても僕には「え?そうですか?ついこの前も見たような気がするけど・・・」という感覚ですが、当人たちからは前回のライブから今回まで顔を合わせてなかったということなので、ふむふむ、そういうことかと思わないでもないです。Cimg1732_1

僕が店に着いたときには演奏がすでに始まっていました。ただ、おそらくまだ1曲目だろうと思います。この時間のお客さんは二人位がカウンターに座っているということもあったのか、あるいは久しぶりということもあったのか、今夜の演奏は非常にゆったりした感じの演奏で、しかもマイクなしの生声です。僕はこれはこれでゆっくり飲めていいのかなって思いましたよ。ちょっとしんみり系?

ところが、2nd ステージになり、しかも最後の方になってから、演奏の音と、窓から見える竹林有情の演奏している姿を見て、お客さんがドヤドヤと入ってきて、いきなり満席になってしまいました!Cimg1741_1 それが、左の写真の状態です。すでにアンコール曲をやっているところだったんですけど、お客さんが増えたので、さらに延長して演奏をしてくれました。

満席になれば、やっぱり迫力のある演奏で全体を盛り上げるということなり、1st ステージとは違ういつもの竹林有情でノリノリでしたね。

演奏している姿を見てお客さんが入って来てくれるというのはまたウレシイものですよね。

今回はゆっくり時間が取れなかったのですぐに帰りましたが、次回はゆっくりしたいと思います。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ブラス・エンジェルス2008「Odyssey」

Ba2008_1 11/5(Wed) 水道橋(後楽園)にある JCB HALL へ「ブラス・エンジェルス2008」の公演を観に行ってきました。

今回の内容は「ODYSSEY(オデッセイ)」ということで、全体の構成が第1部と第2部に分かれて、第1部は第1景「Journey In City ~都会の旅~」、第2景「Journey By Train~列車の旅~」、そして第2部は第3景「Journey By Water~水の旅~」、第4景「Journey By Air~空の旅~」で、休憩を入れて全体で2時間位のコンサートでした。

米国で選び抜かれた女性メンバーのみによる、管楽器:トランペット、メロフォン、フレンチホルン、トロンボーン、バリトン、チューバ(24名)、パーカッション(10名)、カラーガード(8名)、その他(5名)、合計47名で行われたものですが、さすがに普通のコンサートとは違い、最初から最後まで全ての動きが決められているので、練習の半端じゃなかっただろうということが想像に難くないですね。

写真撮影はもちろん禁止ですから、実際に観にっ行ってもらうしかありませんが、彼女たちの熱気というものがストレートに伝わってきます。

日本公演は12/14まで全国を回るようですが、その間の本番のコンサート、練習、そしてプライベートの時間を考えると、きっと彼女たちは今最高に光り輝いていて、楽しい時間を過ごしているんでしょう。

ライティングも衣装も舞台演出も全体の総合力で作り上げるステージは、やはり感動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

11/1 Halloween Party あっとぺっぷ

Fry 11/1(Sat) 横浜・六角橋「あっとぺっぷ」で、ドーナッツ◎のライブがハロウィンパーティとして開催されました。ClearWaters も出させてもらいました。

ハロウィンって10/31じゃないの?ってことですが、日本時間の11/1は時差で米国ではまだ10/31、ということを無理矢理に利用しての開催。で、出演者もお客さんも仮装をしての参加ということです。

Cimg1705_1_2 で、ライブ開始前の 17:00からお店の前で「Welcome Live」、つまり路上でドーナッツがアカペラで歌を披露。左上のチラシを持って、道行く人に配りました。・・・・って、言っても、写真のとおりのコスチュームですから、気味悪いですぅ~(笑)。なんの秘密結社のパーティなのかとおもっちゃいますよね。それでも十何人かの人は受け取ってくれたみたいで、怖いもの見たさで受け取ったのかな・・・(笑)。

Cimg1718_1 今回はドーナッツのメンバーのミキさんが来れないのと、すでにサティさんがお休みに入ってるので、戦力的ダウンしてのライブ開催。And、仮装しているということもあって、なんかいつもと違うドーナッツのハーモニー。新キャラクター(いや、新メンバー)として小島さんが加わって、なんだか楽しそうではありました。

Cimg1714_1

しかし・・・、仮装って不気味ですね、やっぱり。(笑)

って、ことでドーナッツの 1st ステージに続いて、中川幸子さんのソロがありました。(すみません、写真が背中からのしかないので、掲載しません。あっとぺっぷのサイトに写真は載ってると思いますのでご確認ください。)

休憩をはさんで、ClearWaters 登場。というより、池順のソロと、mituko さんのソロという趣向でのステージです。

Vlcsnap7644 池順のメイドコスチュームとピンクアフロがすごいです。ひとり目立ってますね。(笑)。僕はウィッグとハロウィンの角を着けてますが、普段とあまり変わらないかな・・・。僕は演奏するとよく頭を振るので、ウィッグがずれて取れてくるんですよねー。4曲中、2回も取れてしまいました。

今回は初披露、ショパンの♪ノクターン♪をベース入りで演奏。次に、♪Lovin'You♪、このあと、mituko さんの♪イエスタディ♪。Vlcsnap12048 右の写真の mituko さん、わかるかなぁ・・・、池順のピンクアフロが目立ち過ぎて、分かりにくいですねぇ。mituko さんの MC がなかなか落ち着いた雰囲気で、12/14(Sun)のライブ告知なんかも感じよかったです。で、最後の曲はまた クリアウォーターズで、♪What A Wonderful World♪。池順を見に来たお客さんが多かったようなので、クリアウォーターズのステージは満足出来たのではないかと思いますが、どうだったんでしょうかねぇ。

で、ちょっと休憩して、ドーナッツの 2nd ステージがありました。いつもやっているバースディソングが今回はなかったですね。僕は11月生まれなので、今回、「11月生まれの人」って聞かれたら、「はーいっ!」と言おうと思ってたんですけど、残念です・・・。(泣)

全体のライブが終わってからだったんですが、オマケ的になってしまいましたが、サックスの・・・あっ、名前わすれちゃった、すみません、・・・・その方が中川幸子さんのピアノバックで演奏がありました。以前にも、あっとぺっぷで中川幸子バンドみたいな感じでライブをしたことがあったそうです。知りませんでした。Cimg1723_1

ドーナッツライブへ初めて来たお客さんも何人かいたそうですが、12/23(Tue)があっとぺっぷでクリスマスイベントがあり、そこにもまた出演しますので、またいらしてくださいねー。クリアウォーターズでも何か出来るかな(未定)。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »