« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

横浜ブルースライブパッケージ Vol. 11 夏の陣

Cimg0076_1

8/30(日)13:00~17:00 横浜・馬車道「King's Bar」にて、"横浜ブルースライブパッケージ・Vol.11/夏の陣" がありました。Cimg0063_1 もう11回目になりました。少なくとも King's Bar には定着した企画ですね。横浜ブルースライブパッケージに出せて欲しいという申し込みも段々と多くなってくることでしょう。

Cimg0068_1 今回はこのライブには珍しいソロでの出演、「タジユキヒロ」さん。
いつもやってくれる曲を歌ってくれたんですが、なぜか本当に真面目な歌に響いてきました。
不思議ですねー。King'sBar の雰囲気がそうさせるんでしょうか。
♪恋はハイエナジー♪もかなりシリアスに聴こえました・・・っていうかもともとそういう歌ですけどね。でも今回は最後に「ハイエナじゃないー」って入れても真面目な歌に聴こえたんですよねー。

Cimg0072_1 次の 「HOTTARS BLUES BAND」(ホッターズブルースバンド)は、前回の横浜ブルースライブパッケージを見て、出演希望を出してきたバンドだそうです。
Guitar、Bass、Piano、Drums の編成。この編成はいいですねぇー。理想的です。しかもドラマーの叩き出すビートが気持ちいいくらいキマる。結成してから今回のライブがまだ2回目だとは思えないくらいまとまってます。ファンも多いですね。今後大いに期待!

Cimg0073_1 次は毎回出演の 「DeepFryTheBluesBand」。最もHOTで最もCOOLなブルースバンドというフレーズが定着してます。新しい曲をやってるわけじゃないのに、気にならない。いや、というより、安心感さえ与えるバンドです。これはもうひとりのファンになっているという現象ですよね。同じ曲を何度でも聴けるし、おなじみの曲をやってくれる方が嬉しかったりするというのは、メジャーバンドを聴いているようなものです。いつものメンバー紹介もあったんですが、誰だったかが、その同じ紹介はやめた方がいいと言ったとか・・・?僕は逆で、同じフレーズで毎回紹介してほしいですね。

Cimg0080_1 最後は竹林有情。
フルバンドが2組続いたあとの、Guitar & Harp の演奏ですが、林さんの Guitar がそれらを凌駕する迫力あるプレイ! そしてそれをさらに押し上げるタケさんの Harp !この横浜ブルースライブパッケージと共に磨きをかけているなぁーという感じがします。
これって最初に演奏するとどうなるんでしょうかねぇ。同じなのかな、それともまた違った演奏をしてくれるのかな。ま、どっちにしてもいいんでしょうけど、本人達にしてみれば、最後にやる方が気合いが入るでしょうねぇ。それと逆に最初だと落ち着いた演奏が聴けるような気がします。そういうところがライブならではなんですよね。

この内容で、チャージ1000円、しかも1ドリンク付き!安すぎる。ドリンク別にしたとしても安い気がしますけど、林さんとしては、安い分お店で飲んでもらえれば、という趣旨ですので、お店にとってもお客にとってもありがたい企画です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

Bar&Diner Loco で・・・こんなお店があったのか・・・

Title

8/29(土)横浜・弥生町「Bar&Diner Loco」で、SUMMER FESTIVAL として、林さんのソロギターとマジシャンのプリティ田中さんがライブやるよ、っていうので行ってきました。

Loco は初めて来ました。地下鉄「伊勢佐木長者町」駅が最寄駅ですね。小さいお店なんですが、女性オーナーの yukko さんが気さくでエネルギッシュで細かいところによく気が付く人で、さらに英語もペラペラ話す人で、なんというか人当たりもいいというか。
いきなりオニギリを握ってくれたり、アイス買ってきて食べさせてくれたり、花火やったり・・・、で、これだけのサービスを受けてもお値段はリーズナブルでした。驚き!

Cimg0046_1 あ、ライブですね。
ライブはオープニングアクトで最近よく出るようになった和服美人の松尾晶子さんからです。
♪大きな古時計♪や♪Close To You♪、♪見上げてごらん夜の星♪を奏でました。師匠の堀尾さんから修行に出されているため、最近、林さんのオープニングアクトでお目にかかることが多くなったようです。林さんとギターデュオやると、なかなかこれが聴かせるんですよねー。気持ちいい、癒される演奏です。

Cimg0048_1 林さんは主にブルースを演奏。
なんだか今日はいやにブルースギターがセンスよく聴こえてきます。お客さんも「ヒューっ♪」って感じに酔いしれてました。酔いしれていた・・・そうですね、いい言葉です。ホントにそんな感じだったと思います。プロカメラマンの人がプリティ田中さんの写真を撮るために来ていたんですが、林さんのファンになったみたいでしたねー。
演奏はそんな感じだったんですが、今回はそっちは置いといて(笑)、どちらかというと、演奏してないときの林さんのマシンガンのような駄洒落の連発がものすごくウケてました。(爆笑)  ウケてたを通り越して、"感心"してたみたいです。ああなってくると、もう林ワールド全開ですねー。

Cimg0057_1_2 演奏が終わったところで、今度はマジシャン・プリティ田中さん登場。
テーブルマジックです。目の前でいろいろマジックを披露。タネを知ってるものもありましたが、それを超越する不思議な世界!どう考えてわからないマジックを目の前で展開されると、もうマジックじゃなくて魔法でも見てるような気持になります。
プリティ田中さん自身も面白い人で、自然に馴染んでしまう人でした。Loco でよくマジックをやってくれてるらしいです。

Cimg0060_1 そのあと、お客さん全員で店の前で花火大会。
いきなり花火をやりだすお店って・・・。
あ、そうそう、オーナーの yukko さんの勢力的なところは、お客さんが少ないと思ったら、お客さんにカウンターを任せて、すぐに集客しに自ら飛び出して行って、営業活動をするところです。また、お客さんが帰るときは本当に丁寧で、タクシーのドアまで見送ってました。

皆さんも一度行ってみるといいかもしれませんよー。
・・・あ、なんか今回はライブレポートより、お店紹介になってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

魅惑のギターサウンドナイト:Vol. 6

Title_2

8/22(土)横浜・野毛「Sam'sBar」で林あきひこプレゼンツ"魅惑のギターサウンドナイト:Vol. 6"があり、観てきました。
もう6回も Sam'sBar でやってるんですねー。なかなかいい企画です。今回のアコギニストは誰かな?って、結構楽しみなんですよね。

ということで、今回は4人のソロギターと1人のベーシストというラインナップ! では出演者を写真入りでどうぞ。(1stステージと2ndステージ構成のライブです。)

◆1stステージ◆
Cimg0045_1 和服美人の松尾晶子さんがオープニングアクトで演奏。
♪大きな古時計♪とかですね。林さんがこのところ積極的にライブで紹介してくれてます。
そのうち、大曲を弾くようになるんだろうなぁー。楽しみにしてます♪

Cimg0046_1 メイン・アコギニスト①は、林さん。
林さんは「林あひきこソロギターパフォーマンス」で数多くの曲を持ってますから、選曲も考えちゃいますよね、きっと。今回は短い演奏でしたが、出演者が多いから主催者としては仕方ないかな。今度はゆっくりたくさん聴かせて下さい。

Cimg0052_1 メイン・アコギニスト②は、りーさん。
今回はいつものバリトン・ギターではなく、レギュラーサイズのギターを使用しての演奏。
しかも、1stステージでは実の兄(やすさんって言ってたかな?)をボーカルにしての歌伴。
歌伴やってもリーさんの演奏は"リーイズム"(←造語)してました。個性的な奏法ですよね。誰か見習った人とかいるんでしょうか? シンセやエフェクターを使わず、生だとどんな感じなのかも興味あります。

Cimg0053_1 メイン・アコギニスト③は、楽(らく)さん。
楽さんの 1stステージでは マイミクのギタリスト・ケイジさんといっしょに演奏。ユニットを組んでいるとか。ケイジさんのオリジナル曲の演奏もありましたが、素晴らしい曲です。きっともっといろんなオリジナル曲を持っているんでしょうね。楽さんのギターとケイジさんのギターがうまく絡んでいて、やっぱ、ギターデュオっていいなって改めて思いました。コンリンザイっていうのでギター2本での歌伴やりましたが、僕はやるのも聴くのも好きです。

ここで、1stステージが終了。

◆2ndステージ◆
Cimg0061_1 まず最初にゲスト出演として、6弦ベース奏者、藤戸孝一さん。
6弦ベースですから、ソロをやるとどうしてもギターに近い奏法になりますね。
甘い旋律の・・・これはオリジナルですよね。ベースの音質がなかなか気持ちよくさせてくれます。で、1曲だけ女性ボーカルを入れての歌伴。藤戸さんのオリジナルCD の販売がありましたが、持ち合わせがなくて買えませんでした。

このあとは、メイン・アコギニストの3人が 1stステージと同様の順番で演奏。2nd ステージでは皆さんソロプレイでした。
今回は今までの"魅惑のギターサウンドナイト"からちょっと逸脱したような感がありましたが、たまにはいいかもしれませんね。僕はもっとギターサウンドに特化して欲しい気持ちはありますけど。Cimg0051_1

最後の写真はサーバから生ビールを入れるイクコさん。

次回は 10/24(土)が予定されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

池内光子アコーディオンライヴ at 野毛 Sam'sBar

Cimg0051avi_001100076_1

8/21(金)横浜・野毛「Sam'sBar」で「池内光子アコーディオンライヴ」があり、ゲスト=KONDYで出演してきました。
Sam'Bar での池内さんのワンマンライブはもう3回目だとか。すごいですね。僕なんか一度もやったことないです。でも、こうやって声をかけていただき感謝してます。

さて、今回は以下の内容でした。

Cimg0044_1 1st ステージ
①パリのお嬢さん
②スタイル・ミュゼット
③ビア樽ポルカ
④枯葉
⑤少年時代(歌入り)
⑥スパイ大作戦

2nd ステージ
Cimg0051avi_001107817 ①チャルダッシュ
②ハンガリア舞曲 第5番
③Nut Rocker
④いそしぎに帰りたい
⑤情熱大陸
⑥いとしのエリー

アンコール曲
①黒船
②乾杯の唄

内容がすごいですね。なんでも弾いてくれるんで楽しいですよー。
1stステージの♪少年時代♪は、池内さんの今回唯一のアコーディオン弾き語りです。
池内さんの歌を聴いてて、なんだか誰かの声に似てるなぁ・・・ってずーっと思っていて、全然思い出せなくてモヤモヤが・・・誰だっけなぁ・・・って何時間も考えてたら、今やっと思いだしました。「岡田奈々」です。歌うと声がよく似てますね。えっ?岡田奈々って誰?っていう人いるんですか?・・・
1stステージでのトークコーナーがあり、ネタを披露してましたが、ここに今書くと選挙法にひっかかりそうなんでやめときます(笑)池内さんから直接聞いてくださいね。
1stステージでは途中から来店した方々のために、最初の2曲を弾いてくれましたのでお得でした。(笑)

Cimg0051avi_000364968 2ndステージでは、3曲目以降の♪Nut Rocker♪から僕がベースで入りました。
池内さんはアコーディオンからピアノへ。 Nut Rocker ですから、音はハープシコードで。ドラムなしですが、これはいいですねー、ノリノリです。この1曲だけで汗だくになりました(笑)
♪いそしぎに帰りたい♪は2曲メドレーです。"いそしぎ"が前半で後半はユーミンの"あの日に帰りたい"変化するというやつです。僕はコードを覚えきれてなかったのでこの曲だけ譜面をみましたが、途中2小節間違えちゃいました。暗譜しておかないとねー焦りますね。
Cimg0051avi_000485489 ♪情熱大陸♪はアコーディオンに持ち替えて演奏。これもパーカッション無しなので、手拍子をもらっての演奏です。この曲はアコーディオンとベースのみではグルーヴを出すのが難しい!!!!!。でもなんとか体を使って表現し、ライブならではって演奏になりました。
♪いとしのエリー♪は"みんなで歌いましょう"ということで選曲したもので、池内さんのお客様サービスです。歌詞カードもちゃんと用意してありました。

終了したところで、アンコールの手拍子!
♪黒船♪と♪乾杯の唄♪でお客様も満足。・・・・終わってみれば楽しいライブになっていました~。
丁度終わったところへ Tonyさんが友人数名と来店。あらー、一歩遅かった。
ということで、せっかくなので、林さんにもギターで参加してもらい、僕のベース、池内さんのピアノとアコーディオンでセッション的に演奏しました。(すみません、写真はありません)。

次回の池内さんのワンマンライブは、10/23(金)にやるそうです。
僕もまたゲストで出演しますので来れなかった方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

ひとりのドラマーの死

2009年8月17日(月曜)午前9時25分、ひとりのドラマーが逝った。

「八幡 隆」・・・享年51歳   

彼に初めて会ったのは、僕が「さかな」というどちらかというとアングラな音楽をやっているバンドをやっていたときのメンバー募集でのこと。1984年(昭和59年)だった。
オリジナル曲を渡すと要求以上のアレンジをして叩いてくれた。
「さかな」が解散(自然消滅?)したあとも彼との付き合いは続いていた。信頼できるドラマーだったからだろう。
彼の故郷である北海道へ帰ってからも付き合いは変わらなかった。
やがて横浜へ戻ったときにはブルースセッションで久しぶりにいっしょに音を出した。

まだ東京女子医大の ICU のベッドで話したときには、もしかしたらもう一度いっしょに音を出せるかもしれない、という気もしたが、結局叶わなかった。

8/19(水)、彼の通夜に駆けつける。
棺の上にはマイルス・ディビスのポスターとドラム・スティックと卓球のラケットが置いてあった。

彼がどんな人生を送ってきたか、ここで書く必要はないだろうと思う。
ただひとつ敢えて書いておくならば、子どもの頃から常に研究熱心であり、妥協をゆるさない性格、これを貫いた人だった。

Cimg0043_1 今生ではひとまずサヨナラだ。
また会おう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

"Bet On It" ライブ at グッピー

Cimg0066_1

8/16(日)横浜・日ノ出町「グッピー」で、"Bet On It"のライブを観に行きました。
ちょっと久しぶりのにグッピーです。

Cimg0050_1 Bet On It の前に「まなずるシェンカーグループ」というバンドの演奏がありました。名前から想像出来ると思いますが、マイケル・シェンカー・グループから来てますね。
ということは、このグループのギタリストは"まなずるシェンカー"という名前だったのかなー・・・?"真鶴"のバンドだったような話をしていたような覚えがありますが、スミマセン・・・記憶がそこまでで、ハッキリしません。
"まなずる"なのか"まなづる"なのか・・・、グッピーのライブスケジュールには「まなずる」って書いてあったんで、このブログでもそれを使いましたが、違ってたらコメントしてください。
"まなずるシェンカーグループ"のメンバーはそれぞれ別のバンドで活躍している方々だそうで、実力派集合グループです。これでもかと言うほど攻めまくる演奏。演奏がギンギンだったせいか、ボーカルが何を歌っているのか分からないくらいで、後ろの方の席にいたんですが、難聴になってました。(笑)

Cimg0055_1 今回のメイン、"Bet On It"!
しばらくぶりに聴きましたが、アンサンブルがよくなっていました。いや、以前聴いたときも良かったんですが、より以上によくなっていた、ということです。
あと、タケさんのハープが他の楽器とのバランスも良くなっていて、いい感じ!
ロックバンドに近くなってきているような気がしましたが、ノリノリでいいですよ。
見た目にはタケさんがフロントなのでタケさんのバンドっぽいですが、あきらかにノルウェー
森さんのバンドだなって思いました。僕、森さん人間的にも大好きです。
Bet On It はオリジナル曲はやらないのかなぁ。なんだか期待しちゃいますね。きっと面白い曲をやるんじゃないか、なんて。(笑)
アンコールが2回もかかりました。やっぱり楽しい演奏は終わらないで欲しい、っていう気持ちが誰にでもありますから、こういうときのアンコールは嬉しいオマケです。
日曜じゃなくて、土曜だったらもっとよかったのになぁ。Cimg0058_1

ところでタケさんの着ているこのTシャツ、「白波」。酒ですが、どこで手に入れたんですか?バターフィールド?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

ライブのご案内

Cimg0044_1

フライヤーをもらったので、折角ですからライブ告知。

8/21(金)20:00(開演)、野毛「Sam'sBar」で、池内光子さんの「アコーディオンライヴ」があります。
なんでもアコーディオンで弾きこなしてしまう池内さんのソロライブです。

ゲストで僕も出演しますので、平日金曜の夜、是非来てくださいねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

エスペト・ブラジル 8月はこれだ!

Cw06_1

8/9(日)20:00~大塚「エスペト・ブラジル」で隔月恒例(なのかな?)のライブ、クリアウォーターズで出演してきました。
今回は、①クリアウォーターズ、②中川幸子ソロ(ボイスボーカル教室生徒ソロあり)、③プチ・ドーナッツ◎、の3組でのライブです。

Nec_0365_1 夕方から雨が強くなってきました。エスペト・ブラジルの入口に貼ってある「本日のイベント」の出演者を見ると・・・、ん?なんだ?一番下の人、誰だ?Nec_0364_1 「地等縁沙」?なんて読むんだろう、チトウエンサかな・・・って違うよー、「佐藤緑沙」の間違い!一番最後の「沙」って文字しか合ってない・・・(^^;

最初はクリアウォーターズから。一番最初に演奏するというのは始めてかな。
ツカサちゃんが8月3日の誕生日ということで、今回のライブはツカサ・スペシャルを用意。さらに、オリジナル新曲「内戦(仮題)」も発表となりました。
セットリストは以下のとおり。

Cw01 ①ノクターン~雨を見たかい
②夏になる・・・(オリジナル)
③ツカサ・スペシャル・メドレー
  ・東京ブギ
  ・真っ赤な太陽
  ・古い日記
④Make You Free (オリジナル)
⑤内戦(オリジナル)
Cw05 ⑥If We Hold On Together
⑦永遠の再会(オリジナル)

少しづつクリアウォーターズも、その"らしさ"を出してきたのかな、と思っています。
今回初演の♪内戦♪は評判よかったんで嬉しいです。
次回はさらにオリジナルを増やして演奏したいと思っています。

Cimg0135_1 さ、次は中川幸子ソロおよび生徒さんソロ。
まずはボイス教室から志村さん。
いつもオリジナル曲を歌います。しかもかなり気持ちを込めて歌っていますから、伝わってきますね。今回も短いバージョンで歌いました。あとカバー曲で松山千春の♪時代を越えて♪。志村さん的に「スカッとする歌」だそうです。

Cimg0142_1 次がウッチー。♪男が女を愛するとき♪はソロボーカルでしたが、♪It's Too Late♪は初のピアノ弾き語りで歌いました。
どちらもクリアウォーターズのレパートリーになっているものですが、やっぱり歌う人が違うと別な曲に聴こえます。
これからもやってくれるのかな。楽しみにしてます。

Cimg0145_1 中川幸子ソロ with 徳田深雪(Drums)は、うーん、世界が出来上がってますね。
中川さんの歌うジャズは迫力あります。♪サニー♪とか♪I'm Walkin'♪とか、徳田さんの叩くビートを聴いているとベースを入れたくなりますね。ウズウズします。オリジナル曲も素晴らしいものですが、何しろ声に伝える力がありますから、日本語になるとグイグイきますね。♪Let It Be♪も自分のモノにしています。

Cimg0147_1 最後、プチ・ドーナッツ◎です。
メンバーは、ジュンちゃんとmitukoさんをボーカルに、高嶋さんのピアノです。この編成はTAPyokohamaでもやりました。
♪上を向いて歩こう♪、♪命のうた=mother=♪、♪僕ら♪
ある意味、これらの曲はドーナッツ◎らしさを出してる曲のようですが、せっかくmitukoさんがいるんだから、プチドーナッツ◎ではジャズのスタンダードも入れていいような気がしました。(練習しないとダメかな?ちょっとだけ合わせれば出来そうだけど・・・)
今日出演しているメンバーをパラパラって入れ替えて編成するとすぐにでも出来そうですよね。

次回のエスペト・ブラジルは 10月19日(月)だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ビートルズ特集

8/8(土)は東白楽「あっとぺっぷ」で、恒例のビートルズ特集がありました。
僕はこの日、年に2回ほどしかない職場の停電対応で出勤となり、仕事が終わってそのまま駆けつけました。Myweb001002
なので写真がほとんどなく、あまりブログに書くこともないので、スルーしようかなって思ってましたが、まぁ実際出演して歌ったので、記録の意味で書いておきますね。
写真はあっとぺっぷのホームページの写真を貼り付けておきますね。Myweb006005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

サムさん、バースデーライブ!

7thアベニューをちょっと早めに出て、野毛「Sam'sBar」に向かいました。
雨上がりで蒸し暑い中を急ぎ足で歩いたんで汗がどわーって出て止まらない!

今日は Sam'sBar 店主サムさんのバースデーライブ。実際の誕生日は8月3日ですが、月曜なので1日前のライブ。
おや?8月3日は ClearWaters のつかさちゃんも誕生日です。
と思っていたら、サムさんがいつもいっしょに演奏するギターのオサムさんも8月3日だとか。

Sam'sBar に着いたのは 21:00 頃。たくさんの方々が誕生日祝いに来てました。
で、ゆっくりとライブは進行。
Cimg0029_1 すでに一度歌った AMI☆TAME(アミタメ)さん再度登場。
僕は初めてなんですが、ステキな夫婦デュオです。♪Angel From Montgomery♪や♪A Hard Day's Night♪を歌ってくれましたが、うーん、いいなー、和むなぁ・・・なんて思いながら。

で、さらにゆっくりとライブは続きます。
Cimg0030_1 途中、いろいろ飛び入り?(Mr.SOGAWA等など)があったあと、お店のキッチンで忙しく働いていたサムさんがやっと登場したのは23時前でした。
サムさんが出てくれば♪横浜市歌ブルースバージョン♪ですね。
そして、ケーキが出てきてハッピーバースディ!
Cimg0034_1
日曜の遅い時間のライブは結構きついです。サムさんの演奏が終了したのでお店を出ましたが、まだ続いていたようです。
ライブハウスの店主が皆に愛される店、Sam'sBar、ホントにいいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7thアベニュー "アコースティックなHappy Times vol. 1"

Cimg0009_1

8/2(日)17:30~21:00 横浜「7th アベニュー」で《アコースティックな Happy Times vol.1》があり、林さんらソロアコギニ スト達が勢ぞろいするということで、行ってきました。
Cimg0001_1 出演者の名前が手書きしてありますが、タジさんの名前が間違ってるの気付きました?

さてさて、今回の出演者の方々、いろいろ書かなきゃと思いつつ、出演者が多くなると難しくなるのが本当のところで、つまり、バランスが悪くなるので、簡単なものにしておきますのでご了承ください。

Cimg0004_1 ①ゴンゾウさん。 弾き語りです。僕は多分ゴンゾウさんの弾き語りを聴いたのは初めてです。 声の出し方が歌によって違うのでちょっと驚きました。サザンの♪真夏の果実♪が桑田佳祐と同じような歌い方するんですか ら・・・。

Cimg0005_1 ②和服美人・松尾晶子さん。 この日は小雨が降っていたため、和服ではありません(^^; ♪みーあーげてーごらんー夜のーほーしをー♪の演奏では何人かが口ずさんでいましたね。

Cimg0007_1 ③はなっちーさん。 オリジナル曲による弾き語り。 ギター歴があまりない、と言っていましたが堂々としたオリジナル曲弾き語り。 すでに何年も活動してきたような感じがしました。

Cimg0013_1 ④林あきひこさん。 林さんだけ2曲でしたね。時間的に出来なかったのかな・・・。 今日は音が濃厚な感じで、重量感があり、なんとなく違った感じに聞えました。 7thアベニューのミキサーが作っているとは思えませんので、意識して弾いているんでしょう。

Cimg0014_1 ⑤Ryo-Hey さん。 掟破りのエレキギターで登場。オリジナル曲を弾き語りました。 歌詞と曲とがよく合っていて、完成度は高いです。CD も作っているようです。ああいう言葉のつなげ方はどうすれば出てくるのかなぁ、なんて思いながら聴いてました。もちろん、ギターのテクも具わっていますよ!

Cimg0016_1 ⑥タジユキヒロさん。 7th アベニューのこうしたステージで聴くと別人の別な歌みたい。 別人の歌みたい、というよりも写真を見てわかるとおり、別人に"見える"ような写り。こんな感じで♪恋はハイエナジー♪と か歌いました。ピックギターの音が 7thアベニューでは素晴らしく良く拾ってました。マイクとミキサーの腕がいいと安心ですね。(ちなみに、タジさんだけリハおよびサウンドチェックなしで、そのまま本番だったそうです。)

Cimg0023_1 ⑦西山隆之さん。 アコギインストですが、あのトミー・エマニュエルの日本公演ではオープニング・アクトで演奏している実力派。 ピックで弾きながらフィンガーピッキングをやるのはトミー・エマニュエルの影響でしょうね。ステキです。 実際に聴いてもらうしかないです。

Cimg0026_1 ⑧来嶋けんじさん。 関西弁の上、見た目からして月亭可朝を思い出してしまいました(笑) でも、そのトークとオリジナル曲と、そしてプレイとどれを取っても自分自身の一番いいところを引き出している人です。 つまり、これが必要なんですよね。自分自身を自分自身がよく知り、それを引き出す。なかなか難しいです。僕も常に課題と しているので、僕はそれを強く感じて、見入ってしまいました。

これで出演者は全員出ましたが、このあとセッションがあったのかな? Sam'sBar に行かなければならなかったので、ここで外に出ました。ちょっと残念と思いつつ・・・。
写真を見てもらってわかると思いますが、かっこいいですよねー、ライティングがシッカリしていて、ミキサーもちゃんとしているライブハウスっていいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »