« 横濱万国"橋"覧会'09 <<1日目>> | トップページ | 横濱万国橋覧会'09 <<2日目>> »

2009年9月22日 (火)

小さな秋の音楽・演遊会  TAP yokohama

Title

9/22(火)<国民の休日>、正午~16:00 横浜・石川町「TAP yokohama」で、 "小さな秋の演遊会"と題して、多数出演のライ
ブがあり、ClearWaters、BackStreetBluesBand で出演しました。
TAP yokohama での"演遊会"は林さんの企画でだんだんと定着してきました。毎回いろんな方々が出演しますので、見るだけでもなかなか面白いと思いますよ。
では出演順にどうぞ。(出演番号の名前には敬称を略してあります)。

Cimg0061_1 ①林あきひこ
まずは主催者挨拶代わりの林さんの歌モノ(SongBook)から。
最近は1曲目に♪平日はサラリーマン、土・日はブルースマン♪から始めることが多くなりました。歌で自己紹介、っていう内容ですね。ウケる歌です。♪ビッグ・ファット・ウーマン♪もウケる歌です。決して駄洒落や茶化した歌詞は入ってないんですが、楽しくなれる歌です。この分野(楽しくなれる歌)は林さんもかなり開拓したようです。

Cimg0067_1 ②松尾晶子
人よんで"和服美人ソロギタリスト"です。雨が降っていなければいつも和服で出演。和服とギターと言えばこの人、というほど定着してきました。いまのところ癒し系のインストギターです。"いまのところ"と言ったのは、今後どんな風に発展していくのかまだ未知なところがあるからですが、それだけに楽しみです。
最後の1曲だけ♪見上げてごらん夜の星を♪で、BSBBのアキちゃんにボーカルを取ってもらっての演奏。うーん、両アキちゃんのデュオもいいかも。

Cimg0069_1 ③ゆー
僕ははじめてお会いしました。横浜で生まれ育ったという人で、オリジナル曲のみでの出演。こちらも癒し系に入るのかな。ギブソン持っていたのでなんとなく勝手にブルースな人なのかな、と思っていたんですが、違いました。前日にもここTAP yokohama で演奏していたそうです。

Cimg0072_1 ④タジユキヒロ(ソラミミスタ)
タジさんもこのところよくいっしょになります。出演者の中で最も個性のあるアーティストと言えます。コテコテの関西弁の上、髪の毛が'70年代ハードロック系、だけどピックギターで、歌う曲は歌詞だけを読めばおそらく真面目な内容、だけど実際の歌を聴くと、なぜかお笑い系。不思議な人です。歌を歌わず、ギター持ってそのままじっとその辺にいるだけだと、どんなにすごいことをやらかす人なんだろう、って思わせますよね。一度知ってしまうと気のイイおっさん、いや、にーちゃんです。

Cimg0075_1 ⑤音登夢(おととむ)
このライブでは珍しいストリングス・クラシック界からの出演。木村夫妻です。ヴァイオリンとチェロの演奏。京都市交響楽団に在籍していた(してる?)プロのデュオ。僕が高校のときの音楽の先生が京都市交響楽団のトランペット奏者だったんですが、なんだか他人じゃないような気にさせます。オリジナル曲もあって、これがまた楽しい曲でした。猫の夫婦の物語ですね。曲名はなんだっけ?また聴きたい。♪情熱大陸♪も演奏してくれました。最近、この情熱大陸をいろんなところで機会があって、なんだか流行ってるんですか?あ、このライブに出演したのは、タジさんの友人だからですね。

Cimg0079_1 ⑥アイジェー天使
前回のTAP yokohama での演遊会にも出場。というか、この前は ClearWaters といっしょにライブをしたばかり。そのアイジェー天使が熱の冷めないうちに出演。♪アパッチ♪やら、♪ドライビングギター♪やらのベンチャーズを演奏。時間が限られていたので、MCを入れるよりも、演奏する方に力を入れていたようです。でも僕としてはもっとMC入れてほしかったな。

Tap_cw_1_1 ⑦ClearWaters(クリアウォーターズ)
今回はドラムのツカサちゃんがいなかったので、ジュンちゃんと二人での演奏。ピアノが入っているのは今回はClearWaters だけですね。
♪It's Too Late♪、♪Saveing All My Love For You♪の慣れた曲、だけど最近やってなかったものを選んで演奏。このあと、オジリナル曲♪眠りの街♪をやって、♪Time After Time♪につなぎ、このあと最後の曲をオジナル曲でしめようと思ったんですが、時間が押していたため、ここで終了しました。残念でしたが、これからは曲数を少なくして、MCをもうちょっと入れて行こうと思っています。

Cimg0090_1 ⑧Lucky Onions(ラッキーオニオンズ)
楽さんとKeizzy さんのギターデュオ。歌ありの二人のギターで、Keizzy さんの素晴らしいオリジナル曲を中心に演奏。
Keizzy さんのオリジナル曲はよく出来ていて、普通にどこかでレコーディングされているような曲が多いですね。こういう才能が埋もれているものなんだなぁ、なんて思ったりして。マッタリしてきます。

Cimg0091_1 ⑨Kelly & RAKU(ケリー&ラク)
引き続き、楽さんのギターに女性ボーカルの Kelly さん。僕は Kelly さんは初めてなんですが、歌いなれてる感じなので、きっとずーっと歌ってきている人なんでしょうか。なんとなく歌の先生というか、コーラスグループの指導をしている人のような感じ・・・って、これは僕の単なる印象なので、実態は違うと思いますが・・・(笑)とても落ち着いてユーミンなんかの曲を歌ってくれました。・・・でさらにマッタリ・・・。

⑩BackStreetBluesBand(BSBB)
Tap_bsbb_3_1_2 前日の夜、横濱万国橋覧会で演奏してきて、アキちゃんはそのまま横浜に泊まり、今日を迎えての演奏。なんだかずーっと眠いって言っていたアキちゃんでしたが、出番がくればそこは BSBB のフロントとしてシャキっと演奏。聴いて人からあとで感想を聞いてみたら、BSBBの3人とも息がよく合っていて、演奏も楽しそうだった、と言ってもらったので、なるほど、それはそのままそのとおりですね。アキちゃんの成長ぶりが著しいので、ベースを弾いていても面白いです。
で、この演奏途中でサプライズ! アキちゃんの誕生日を祝って、バースディケーキの登場!皆でハッピーバースディの大合唱で祝いました。

Cimg0097_1 ⑪Tony&Bata (トニー&バタ)
ここはもうお馴染み、トニバタさん。ある意味、「よっ、待ってました!」って感じですね。トニバタさんの魅力はまずはおじさん二人による歌声。なんとも頑張らない程度の声で心地よくハモってくれる。これがもう耳にも心にもいいんですよね。そして性格からくる温かみのある音。さらに楽しさ抜群。こうなってくるとファンも着いてあたりまえ。オリジナル歌詞(替え歌)はあるんですが、出来ればこれからオリジナル曲を作ってもらって、さらにトニバタ色を出してほしいですねー。

⑫林あきひこ
最後に林さんのソロギターをインストで。
曲数については終了時間に合わせて調整・・・かな。♪アメイジンググレース♪や♪天国への階段♪を演奏。最後の演奏だったので僕はもう寝そうだったんですが、途中でさっきのアキちゃんのケーキが女性にだけ配られ、ジュンちゃんが食べられないということで、僕が頂きました。ご馳走さま!って言ってたら演奏が終わっていました(笑)

ということで、今回の演遊会はたくさんの方々により大成功。
TAP yokohama、このお店は本当にいいところですね。僕は大好きです。

|

« 横濱万国"橋"覧会'09 <<1日目>> | トップページ | 横濱万国橋覧会'09 <<2日目>> »

コメント

Tony&Bataでござんす。
過分なお言葉カキコをいただき恐縮です。そうですね。そろそろ替え歌からオリジナルへの移行をBataさんと研究中です。4つ連続まではコード進行マネしてもJASRACにつかまんないよね、なんて最初から他力本願。ダメダメ、そんなんことじゃ。。でも絶対、みんなをじゅわーんさせるメロディ作っちゃいますので、そのときは聞いてくださいね。いつもご支援ありがとうございます。

投稿: | 2009年9月28日 (月) 23時57分

うわー、オリジナル、楽しみしてますぅー!
CD にしたら絶対買いますので!

投稿: KONDY | 2009年9月29日 (火) 12時27分

 いつも、詳細なコメント、感謝感謝です。紛れもなくオッサンです。
 実は、松尾晶子さんと1曲共演したのが「TIME AFTER TIME」、で自分の出番で「ノクターン9-2」の最中に「あ、今までのClearWatersと曲がかぶった!」と、若干焦った私でした。ノクターンは以前に「雨を見たかい」の冒頭で弾いておられましたし。今回は、この両方のインストで雑な部分を出してしまい、ちょっと反省…でした。歌モノは何とかなりましたが。

 音登夢に関する部分では…京都交響楽団ではなく、京都フィルハーモニーで、別の楽団になるんですよね。僕もよく知らないのですが、他から聞いた話では京響の方が敷居が高いとか。あ、もしガセネタならゴメンナサイ!今はもうお2人とも団員ではありませんが、ホームページのとおり、楽団で主要なメンバーを務めた後、夫婦で精力的に活動中です。猫夫婦の曲名は「猫のセレナード」でした。

 ClearWatersは毎回観るたびに安心感があるんですね。個人的には特に、70年代の楽曲とオリジナルをやっている時にそう感じます。KONDYさんのベースはホントに「歌って」いるし、ジュンさんもホンマに歌ウマいし。ジュンさんはまだ、何か殻をかぶっている、というか、うまく歌おうとしている感じがあるので、コレを抜け出すともっと面白いだろうな、と思います。
 BSBBを最初に観たのは今年1月「あっとぺっぷ」で、アキさんがあのときより格段に良くなっていて、林さんとKONDYさんのプレイにかなり溶け込んできましたね。個人的には「ヴォーカリストがサックスを吹いている」のか、「サックス奏者が歌っている」のか、どちらかの形ができていけば…なんて思ったりします。

 ちょっとおせっかいなことを言ってしまいましたが、今後もライヴでお会いしましたら、楽しみたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: タジユキヒロ | 2009年9月30日 (水) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/46330904

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな秋の音楽・演遊会  TAP yokohama:

» 【小さな秋の音楽・演遊会【at TAP Yokohama】 [Oh happy day in YOKOHAMA]
小さな秋の音楽・演遊会 at TAP [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 00時03分

« 横濱万国"橋"覧会'09 <<1日目>> | トップページ | 横濱万国橋覧会'09 <<2日目>> »