« BackStreetBluesBand と竹林有情のライブ! | トップページ | あっとぺっぷ「朝までライブ!」 »

2010年7月17日 (土)

スイング パピヨン 初ライブ

100717_3_title

7/17(土)19:30~ 東白楽「あっとぺっぷ」で、スイング パピヨンの初ライブがありました。共演は竹林有情。そしてオープニングアクトに竹内るなさんを迎えてのライブ。
この日のプログラムは、
①竹内るな(OpningAct)
②スイングパピヨン(1stStage)
③竹林有情
④スイングパピヨン(2ndStage)
としました。
もともとスイングパピヨンは1ステージだけでやる予定だったんですが、ジャズの演奏自体が長いから2つに分けた方が聴いている方にはいいよ、とのアドバイスがあり、竹林有情を挟むような格好になりました。結果的にこれで良かったと思います。

100717_22_1竹内るなさん、ギターの弾き語り、月夜の歌姫。歌い出すと不思議な魅力が漂い出します。なんなんでしょうね、これって。七里ヶ浜の人なので、海にはサーファーがいるわけですが、ボードの上で波を待っている姿を見ていて作った歌が耳に残るんですよね。題名なんでしたっけ?「波来ないー」って始まるやつですが、声がなんかちょっと甘くて、なんとなくその光景が目に浮かんできます。聴いているお客さんのその世界にハマリこんでました。

100717_2_1スイングパピヨン
まずはメンバー紹介。東谷アキ(A.Sax/Vo.)、大竹恵子(Piano)、菊田哲哉(Drums)、KONDY(Bass)、そして林あきひこ(Guest Guitar)。この4人プラスワンでジャズを演奏。初ライブということが重要なんですよね。僕も20数年ぶりにベースをアップライトにしてライブ演奏しました。

SetListは以下。
100717_9_1 ■1stStage-----------------
(1)Confirmation
(2)I Can't Give You Anything But Love
(3)Fly Me To The Moon
(4)Left Alone

100717_18_1 ■2ndStage-----------------
(1)It Don't Mean A Thing
(2)Days Of Wine And Roses
(3)Spain
(4)Now's The Time(アンコール曲)

出来はどうでしたか?楽しんでいただければ幸いです。
2_1 アップライトベースは引き続けてないと頭の中にあるのと出てくる音がうまくいかず、僕の場合、ふにゃふにゃでしたが、また昔の感覚を蘇られて、日々精進しますので、またよろしくお願いします。
あ、ピアノの大竹恵子さんはこのメンバーの中にあって別格ですので、・・・というか聴いてればわかりますよね。今回のライブをするにあたってはかなり助けられました。

100717_21_1_2竹林有情
竹林有情はここ「あっとぺっぷ」の出演は1年ぶりくらいになるそうです。そんなにやってなかったんですね。ちょっと驚きました。前は年がら年中やってたような気がします。竹林有情にはもう誰も文句をつけるような人はいないと思います。強いて何か言う人があっても、それは枝葉の部分かもしれません。ステージ作りは確立しているし、お客さんの乗せ方も弁えている。つまり臨機応変、自由自在にその場に合せて演奏が出来ますので、細かなところを指摘しても本質には遠いでしょう。・・・・ってことで、なんだかんだ言っても、お客さんからえらくウケてましたから、それだけでどんな説明も無意味ですね。

|

« BackStreetBluesBand と竹林有情のライブ! | トップページ | あっとぺっぷ「朝までライブ!」 »

コメント

格段と真面目なレポートですね! いい写真!めちゃ楽しかったです☆ 久しぶりに高みを目指して長い時間準備したなって感じ! 何より素晴らしいメンバーでした!

投稿: あき | 2010年8月 1日 (日) 22時10分

それほど真面目ではないと思うが(笑)
楽しいライブが出来ると後々まで気持ちがいいもんで、こういうのが継続できるといいんだよね。
またよろしくお願いします。

投稿: KONDY | 2010年8月 1日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148827/48984778

この記事へのトラックバック一覧です: スイング パピヨン 初ライブ :

« BackStreetBluesBand と竹林有情のライブ! | トップページ | あっとぺっぷ「朝までライブ!」 »