« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

ボーカル特集のリハ見学

20100829_vo_1_1 8/29(日)は忙しい日でした。二谷サマーコンサート、そして、横浜ブルースライブパッケージ、最後は、あっとぺっぷでボーカル特集のリハを見学に行きました。ま、見学というより、ピアノの益田さんに話があったからというのが一番の理由で、あと、アキちゃんが演奏する曲が参考になるためですけど・・・。だから、アキちゃんのリハが終わったら帰りました(汗)。
あ、ミツコさんもあとから来たんですが、後からというのは龍馬伝を観てから来たからですが、で、ミツコさんの聴いて帰ろうかと思ったんですが、午前中から出ずっぱりだったので、少々疲れが・・・・。
あっとぺっぷのボーカル特集の本番は9/4(土)夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ブルースライブパッケージ Vol. 15

100829_yblp_12_title

8/29(土)13:00~ 馬車道「King'sBar」で、林あきひこプレゼンツ『横浜ブルースライブパッケージ Vol.15』があり、行ってきました。
もう15回目となるこのライブ。年4回やってますから、すごいことですね。林さん頑張れ!20回目には記念ライブにしてほしいところです。

100829_yblp_3_1 で、僕はこれの前のブログに書いてあるとおり、鼓笛隊サマーコンサートに行っていたので、ライブはもう始まっていました。
店に入って歌っていたのは、「タジユキヒロ」さん。King'sBar で歌っている姿はかなりイイ感じですよね。どんなシリアスは歌を歌う人なんだろうか、って感じ。でも歌はいつのタジユキヒロさんで安心しました。

100829_yblp_5_1 次の出演は、神奈川で最もHotで最もCoolなバンド、「DeepFryTheBluesBand」!このHot&Coolのフレーズは林さんが考えたんですね。そう言えばそうでした。その通りのバンドで、最近はブルースバンドというより、ソウルバンドに近い感じします。ブルースもR&Bもロックもソウルも自在に演奏するバンド、これが DeepFryTheBluesBand なんですね。

100829_yblp_9_1 最後は「竹林有情」。
言うまでもなく、横浜ブルースライブパッケージの主催者、林あきひこ率いるブルースユニットですから、毎回出演。DeepFryTheBluesBand も毎回出演ですから、そう考えると、神奈川県のブルースという意味で、ハマ=竹林有情、湘南=DeepFryTheBluesBand というのが一度に楽しめると言えますね。(言い過ぎたかな、笑)
毎回の成長が確認できるライブとも言えます。竹林有情は毎回何かが変わっていると感じられます。同じ曲を演奏するにしても曇らず磨かれています。林さんもタケさんも人知れず精進しているということですね。

3組が演奏終わってから、出演者全員でタジユキヒロさんの♪恋はハイエナジー♪を演奏。見に来ていたアキちゃんもサックスで参加。カッコいいセッションでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼓笛隊サマーコンサート

20100829_summer_11 二谷小学校の「鼓笛隊サマーコンサート」に行ってきました。去年もその前も行きましたが、観に行くのは今年が最後だなー。小学校の夏休み最後の日曜に行うこのコンサートは体育館で行っているんですが、今年はさらに「暑い」。このまま倒れそうでした(笑)

それにしても手前の先生の着ている「一発入魂」なのか、「一音入魂」なのか、なんだかよく読めないTシャツだけど、これってなんなんだろう?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

Bar HappyBlues と 竹林有情 と サイドカー

Snapshot1283094171272503_1 8/27(金)夜、久しぶりに関内 BarHappyBlues に行きました。竹林有情が演奏するということが行った理由。(同じ時間にSam'sBar では池内光子さんがライブをやっていて、お誘い頂きましたが、すみません、体がひとつなので。またライブへは行きますので。)・・・と括弧書きにしてみましたが、実は体調がイマイチ不調で、体を癒すには BarHappyBlues がいいんです。

店に着いたときは、竹林有情のライブの 1st ステージの最後の曲を演奏しているところでした。
Snapshot1283175544165257_1 僕はいつも最初に、ジントニックを飲むんですが、2杯目はマスターに、「体が疲れているんで、なにかそういうときに合うものを・・・」と頼みました。作ってくれたのは、サイドカーなんですが、少し甘めにして、しかも大きめのグラスにクラッシュした氷をたくさんいれた特別サイドカーです。Snapshot1283175558096524_1 うーん、体の疲れが取れていく・・・・。
そして竹林有情の演奏がなんだか遠いところで演奏しているような、そんな気分になってきました。
Bar HappyBlues と竹林有情・・・この絶妙な組み合わせは、僕にとって贅沢な時間を過ごすことの出来るものです。また次回も来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

珈琲文明でハープのライブ その後、ClearWatersのリハ

E0120837_14730848/24(火)20:00~白楽の六角橋商店街・仲見世にある「珈琲文明」というカフェで、ハープのライブがあり、行ってきました。ハープを弾いて歌うのは、ここのマスターの奥様・弓歌(ゆか)さんです。
最近のお気に入りのカフェです。マスターも音楽をやります。いい感じの作りのお店です。(写真は珈琲文明のマスターのブログから拝借しました。)
ライブが丁度、20:00~20:45だったので、終わってからすぐ近くの K.I.SoundStudio でクリアウォーターズのリハに間に合いました。
この日のクリアウォーターズのリハは3時間で夜中0時まで。久しぶりに「練習」って感じのスタジオでなかなか充実してました。この日は、9/20のリハなのでまだまだ先ですが、感触はつかめました。9月のクリアウォーターズは期待してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

海水浴と熱中症

Cimg0065_1 先週の土曜(8/14)に三浦海岸へ行ってきたんですが、数年前に海水浴に行ったとき、焼きすぎて3日後に熱中症で病院に運ばれたことがありました。なので、今回は日焼け止めをたっぷり塗って海に入りました。・・・・それでも2日後の夜には熱中症の初期症状になりました。
気をつけましょうね。死にますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

プロとアマの差って

 一流になりたければ、一流のものに常にふれていること、とよく言います。
 なるほど、確かにそうです。二流・三流がどんなにあふれているところにいても、同化することはあっても一流にはならないです。

 お金のある人はお金のある人と付き合っているからお金持ちなのである。
 これもある意味、同じようなことを示唆していますね。

 プロになるには、プロといっしょにやれ、ともよく言われます。
 これも同じような意味ですね。例えばミュージシャンでプロとアマチュアではプレイの上手さはそれほど差はないので、上手い下手という意味ではないにしても、プロはプロ、アマはアマです。アマチュアと何百回いっしょにやってもアマにしかなれません。そういう意味でこのブログを読んでいただいている人の中で、プロになりたいと思う人がいるならプロの中で1回でも多くやること。

 あ、ちょっと言っておきますね。僕はプロとアマの違いを「上手い下手」で言ってないことは今言いましたが、では何をその違いにしてるかというと、「自分だけではなく、他の人の生活の責任を持っているか否か」ということがプロとアマの違いと捉えています。
 たとえば、CD出せば、それで利益を得る人がいる、もしも事務所に所属しているなら、その事務所の人の生活がある、スタッフがいるなら、その人も生活がある、コンサートを開けば多大な関連業者に関わり、バンドを持っているなら、メンバーも生命共同体ですからね。そこに責任を持っている人がプロです。
 単にプロダクション所属ということで自分だけのことしか影響のないと思っている人はプロフェッショナルとは思っていません。行動に責任がないから。

 で、さらに誤解のないように言うと、プロが上、でアマが下、とも思っていません。プロでもアマでも責任を持っているひとが上です。ただ、プロの責任の重さは大きいと言えますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

作るは創るだから新しく生きてる証

F音楽って、僕には大きく2つある。演奏(Live)するのと、作るのと。・・・広く見れば音楽だから同じことなんですが、自分の行動としてみると明確に違う感じがします。
楽器の練習をしているときと曲作りしているときの精神的な何かの座る場所がきっと違うんじゃないかと。
演奏は一生誰かとアンサンブルを楽しむと思います。
そして曲も死ぬ瞬間まで作ってる、つまり作りかけのものがあって、それを完成させなきゃって思ってるんだろうなって予想してます。死ぬときの最後の言葉は、「あの曲あの曲」って、他人にはわけの分からないことを口走ってるのかな。(笑)
僕の知り合いの作曲家&アレンジャー、もうご高齢で70歳を過ぎているんですが、その先生も、夜中に急に起き出してピアノに向かって頭の中でアレンジしたものを譜面に書き出すことがあるそうです。寝てても作曲したりアレンジしているので、それで、ハッと起き上がって、今書きとどめてその先も作ってしまわなければ、という感じだそうです。場合によっては、これまでアレンジが完成したものでも、最初から作り直すこともあるそうです。仕事じゃないんですよ。でも一生そうするんでしょう。常に新しくすることが前進し続けているということであり、生きている証となる、精神性の維持にもなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

横浜ゴールデンウィークス 初ライブ!!!!

100807_8_title

8/7(土)19:30~ 東白楽「あっとぺっぷ」で、「横浜ゴールデンウィークス」の初ライブ。
フロントのタケさんが"納得のいくシカゴブルースをやりたい"ということが根底にあり、それを体現してみようというバンド。(と僕は思っていますが。)
ま、そんなことはお客さんとってはどうでもいいことで、初ライブでは非常に好評でした!

100807_4_1 Set List です。
■ 1st Stage
(1).The Toddle
(2).Hard-Hearted Woman
(3).You're So Fine
(4).All My Love In Vain
(5).Oh Baby

100807_14_1 ■ 2nd Stage
(1).Guitar Boogie
(2).Standin' Round Cryin'
(3).I Just Keep Loving Her
(4).Ridin' In The Moonlight
(5).Boom Boom Ont Go The Light
<アンコール>
・(曲名不明)
・Evening San

100807_11_1 アンコールが終わったあと、お客さんからのリクエストを予測して用意しておいた♪メリージェーン♪と♪シクラメンのかほり♪をやりましたが、これはこれでウケました。シカゴブルースじゃないので、あくまでもライブでのオマケということで。ライブならでは、ですね。

で、すっかりライブは終了したんですが、セッションしようということで、お客さんで来ていたノルウェー森さんにギターと歌で入ってもらい、♪I'm Ready♪等など数曲を皮切りに気持ちがまたライブの方向へ・・・。
あとから着たお客さんもいたので、横浜ゴールデンウィークスの ミニ 3rd ステージをやりました。このあたりでは既に皆、ビールもたくさん飲んでいたせいか、かなり演奏もこなれていて、一番よかったという評価でした(笑)。

また次回のライブをお楽しみにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

ライブのお知らせ

Ca3933678/7(土)19:00 Open、19:30 Start 東白楽「あっとぺっぷ」で、横浜ゴールデンウィークスの初ライブが行われます。

2007年の4月から5月の連休「ゴールデンウィーク」に野毛で突如結成された「野毛ゴールデンウィークス」というのがその前身となるのかもしれませんが、このときはハープとベースで場所と期間限定で「野毛でゴールデンウィークのとき」にやりました。横浜ゴールデンウィークスはその枠を取ったもので、しかもバンドとなりました。

あっとぺっぷは東白楽駅改札出て信号を渡り右へ・・・5分くらい歩くと、信号のところに、ラーメン六角家がありますので、六角家の左側にある建物の上り階段を入ったところです。

今回はいきなり単独ライブですので、よろしくお願いします。

写真は、まだ試作中のロゴマークです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

たまに書いておかないとね。

 最近、何人かの人に、「KONDYさん、いろいろなバンドやってるよね」っということを言われます。
そうですね、そう言われればそうかもしれませんが、実際の活動はそれほどでもないと思いますが・・・。
 で、皆さんに忘れられないように、たまに確認のために書いておきますが、僕のメインバンドは、「クリアウォーターズ」です。
 忘れないでくださいね。最近クリアウォーターズの単独ライブが少ないから忘れられそうですが、日常的に一番関わっていますので。ま、個人的には毎日関わっています。
 皆様、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »