« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

横浜ブルースライブパッケージ Vol. 16

Cu_1_title

11/28(日)13:00~、馬車道「King'sBar」で『横浜ブルースライブパッケージ Vol.16』があり、観てきました。今週末の金土日と3日間とも連日ライブ観に行ってるだけすが・・・(笑)
Img_0339_1 ライブのポスターもステキですねー。(ポスターはちゃんとプロデザイナーが作ってるんですよね、モモロバ製です)。皆さんもポスターとか何か必要なときはモモロバさんに依頼するといいですよー、センスがいい。

さて、もう16回目を迎えた横浜ブルースライブパッケージですが、こういうポスターまであるなら、もっともっと宣伝する必要がありますね。横浜近辺じゃなくて、むしろ横浜や神奈川以外の地方へ向けて宣伝してもいいと思います。

はい、今回は3組出演です。

Img_0340_1その他2名
この「その他2名」ってユニット名です。奇抜すぎ(笑)。 大船で活動してるそうです。オリジナル以外のカバーは歌謡曲が多いようですね。ピンクレディの♪UFO♪とか披露しました。オリジナルについてはブルースを中心に夜型の背景の歌詞が多いのかな?そう、歌詞が面白いですね。♪ザイモク座ウーマン♪(って書くのかな)というオリジナルが結構いいです。

Img_0343_1DeepFryTheBluesBand
「神奈川で最もHOTで最もCOOLなバンド!」という紹介がないと始まらないようになりました(笑)。KISS のオープニングで必ず司会が叫ぶ「You Wanted The Best!? You Gotta Best! The Hottest Band In The World, KISS!!」に近いものがある(・・・かな?)
最近、曲にブルースが少なくなってきた、と言われていつもよりブルースを選曲したそうです。♪Hoochie Coochie Man♪なんか意識的にね。ま、何やっても洗練された演奏ですね。

Img_0346_1竹林有情
今回は最初に♪Rock Me Baby♪から来ましたねー。なかなか渋かったなーこの始まり方は。で、このあとはいつもの♪Everyday I Have The Blues♪~♪Sweet Little Angel♪への流れ。竹林有情の場合はもうリハとかしなくても出来る状態だから、ユニットとしては一番いい時期ですね。で、いつもやる♪シカゴバウンド♪はいつも”ちょっと違う”のが今日は”随分違った”感じになってました。打ち合わせなしでやっているから、その場の雰囲気で合わせながら創りあげていくんでしょうけど、ま、そういうのも竹林有情を観る最近の楽しみ方でもあります。

Img_0348_1 次回の横浜ブルースライブパッケージは、2月ですよね。確か2月の最終日曜のはずですが、またお知らせしますね。ちがったらコメント入れてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

猫ひげ食堂・・・これはバンド名です。ライブ観てきました

11/27(土)18:30~東白楽「あっとぺっぷ」で、今回初ライブの「猫ひげ食堂」を観てきました。
このバンドはどういうのかというと、ボーカルの益田里砂さんを中心に、5人のバック伴奏を従えるという豪華なものです。
簡単にいうと、ボーカル特集の「おじよん」プラス「東谷アキ」の5人なんですが、この5人の伴奏者を特別に「猫ひげ楽団」というそうです。で、ボーカルの里砂さんが入ると全体で「猫ひげ食堂」となるとのこと。
Img_0349_1 で、それがなぜそうなのかというとこれがまた凝ってるんですね。
当日配られたものがこれなんですが、「MENU」となっていますよね。表紙と裏表紙に中が4ページ仕立てになっていて、ライブ演奏そのものがレストランを模して、そしてメンバーはそれぞれがシェフということになっていました。曲目がそれぞれメニューの一品になっていて、説明付きで、裏表紙にはメンバー紹介として以下のように紹介されてました。

・Vo. 益田里砂(シェフドゥキジュイーヌ)
・As. 東谷晶(スーシェフ)
・Gt. 山崎敏浩(ソーシエ)
・Bs. 登山浩二(トゥルナン)
・Dr. 片桐聡(パティシエ)
・Pf. 益田鉄也(ポワソニエ)

それぞれにちゃんと説明が入っていましたが、長くなるので名前とシェフの役名だけにします、すみません。
Img_0337_1 なんだかちゃんとしたコンサートを観に来たようなパンフレットだし、ちょっと驚きました。メンバーは全員、黒のスーツ。
曲もポップスからジャズ、クリスマスソング等など、幅広くて楽しかった。
お客さんも立ち見が出るほどで、つめろつめろで、僕はほとんど演奏者と同じ場所になったため、まともな写真が一枚も撮れませんでした。

また来年もやるそうです。なかなか見応え聴き応えありました。もっと広くゆったりした場所でやってもいいんじゃないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

アコーディオンと言えば池内光子さん

11/26(金)20:00~、野毛・宮川町「Sam'sBar」へ池内光子さんのアコーディオンのソロライブを観に行ってきましたよー。

池内さんの演奏活動は年内57回(現在予定)になるようです。毎週1回以上のペースなんですね。本人いわく、「ライブやってへんと、家で8時か9時になったら寝てしまうわー」(注:関西弁)ってことです。

Img_0322_1 ライブは2ステージで、最初はアコーディオンのみで、リクエストにも応えてくれました。僕が勝手に感じるのは去年の池内さんのアコーディオンと最近のアコーディオンでは感じが違うように聴こえます。なんというか、上手くなった・・・というと去年がどうだったのかって勘違いされますが、そうじゃなくて、更に上達してきたというか、表現力がついてきた、というか、なんか偉そうに評論してるみたいで何ですが、あきらかに違いがあります。
もちろん日ごろの練習の賜物だろうし、研究もしているんでしょうね。あとライブ慣れというのもあるかもしれません。

2nd ステージではピアノを中心に弾きまくりました。で、2nd ステージが始まる前に僕にベースを弾いてほしいというイキナリの要請があり、それを安易に引き受けてしまう僕も僕ですが、2曲、♪Confirmation♪と♪Spain♪。この2曲をやろうといわれたときに、これならスウィングパピヨンでやってるから出来るかと思ったら、全然ダメでした(汗)。そういえばウッドベースでしか弾いてなかった(笑)。ベースのグルーブがまったくなってない(涙)。Img_0325_1
池内さんのライブを壊しそうになって、普段の精進が足りないことを反省してます。

右側の写真は池内さんが右手にしていたキラキラ光るブレスレット☆
僕もこういうのがステージでは欲しい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

音名(おとな)のオンナ祭 PART Ⅲ

101121_4_title

11/21(日)17:00~ 石川町「TAP yokohama」で、『音名(おとな)のオンナ祭 PART Ⅲ』があり、出演してきました。出演条件は、女性あるいは女性がメンバーにいること、ということですね。もう3回目になったんですね。
では、以下出演順に掲載(敬称略)。

101121_1_1安藤菜那
ナナまたはアンドナさん。ピアノ弾き語りで、カバーの他、オリジナルもたくさん持っています。オリジナルは歌詞も曲も表現に工夫がされているのがよく分かります。ピアノアレンジも凝ってますね。
♪The Rose♪や、高校生のとき初めて作った曲(曲名は忘れました)等々、今回の出演者の中で一番若いかな(?)、たぶん。まだ大学生ですからね。まだまだ何年も活躍出来ます、うらやましいー。

101121_2_1ほっとけぇき
ボーカルとギターのユニット。僕は初めて聴きました。MCはお笑い系らしい(笑)ですが、歌は真面目です。♪Time After Time♪や♪松田聖子メドレー♪等々。なかなかホッとさせてくれる感じの歌と演奏です。あとでちゃんと話しておけばよかったんですが、ふたりの関係がよく分かりませんでした。・・・ま、なんでもいいか(笑)

101121_3_1セラル
こちらはギターと、そしてボーカルはキーボードとフルートという多彩(多才)なユニットです。他にもメンバーがいるようないないような・・・。えっと、合唱団やってるんでしたっけ?
演奏したのは、霜月はるかの♪水を映す者♪や♪虹を見つけたような色で♪等、そっち系の難しい歌詞と旋律を歌い上げてました。独特な世界をキチンと表現してましたが、これげ結構ハマリます。

101121_7_1クリアウォーターズ
今回は内山弘美版のクリアウォーターズ。女性がいないと出られないし(笑)。♪Kiss Me♪、♪あいのうた♪、♪自由戦士カイガー(オリジナル)♪、♪Open Up♪、♪Sweet Memories♪の5曲です。
101121_13_1 途中で主催者の林さんから、今日は僕の誕生日ということで、バースデーケーキを用意してくれていて、誕生日を祝っていただきました。ありがとうございます☆ 去年の誕生日はその夜から翌日までが結構ひどい目にあった思い出があったんで今年は静かにしてることにしました(笑)

101121_15_1林あきひこ
林さんはソロです。ソロだから女性なしですが、主催者の特権で「応援演奏」という大義名分があります(笑)
♪ヨコハマベイブルース♪の他、♪晩秋♪という前日に作っていてちょっと未完成部分があるらしい曲と、今年の未発表曲として♪横浜駅きた西口♪という歌謡曲調の歌。僕としてはその後やった♪スタンドバー♪が好きです。最後は♪たぶんあのコはエイティーン♪。この歌詞はよく出来てますよね!

101121_17_1中里桃子
中里さんの帽子が深くて、スナフキン状態です(笑) 普段はバンドで歌ってるそうで、ソロはあまりやらないとのこと。えーっとバンド名を忘れてしまいました、すみません(汗)。
ギターアレンジが好きらしいです。
赤い鳥の♪竹田の子守唄♪もブルース調にして歌ったり、ビートルズのジョンの曲、♪アクロス・ジ・ユニバース♪を、ポールが作ったらどうなるか、というのを披露したり、その逆に、ポールの作った♪When I'm Sixty-Four♪をジョン風にするとどうなるか、などと言ったのは面白かったです。

101121_23_1bullsbrother
本当はここは「円福いずみ」さんの出番だったんですが、JRの人身事故で到着が遅れているということなので、ギターでサポートするイリエさんがソロで出演。
♪バラの花♪、♪マザー♪、等の奥田民夫作品や、♪アクロス・ジ・ユニバース♪をジョンのまま(笑)歌いました。あ、林さんの♪ビッグ・ファット・ウーマン♪も。

101121_24_1Kelly & RAKU
α波を引き出すユニット、癒しの極地ですね。Kellyさんの豊かな歌声とRAKUさんのジャジーなギターが落ち着かせてくれます。外もすっかり夜になっていたので、さらにいい感じでした。
♪Lullaby Of Birdland♪や♪On The Sunny Side Of The Street♪、小坂明子の♪もう一度♪等など、うっとりシットリです。
101121_21_1 で、最近恒例になった♪卒業写真♪を女性出演者皆で歌いました。これは女性だからいいんですよね。逆だったら絵になりませんね(爆笑)
で、この最後の卒業写真の時には出演予定だった円福いずみさん(写真の向かって右)も到着していっしょに歌いましたので時間を延長して演奏していただきました。

101121_22_1円福いずみ with イリエ】
前回のオンナ祭のときにピンチヒッターで出演したので今回は2回目ですね。キャロルキングが好きで、弾き語りを本格的にやろうと思ったようです。いずみさんのテンションの高さが好感度アップですね。
♪So Far Away♪、♪You've Got A Friend♪等、そしてビートルズの♪In My Life♪等、中々ですねー。いずみさんも最初のアンドナさんと同様かなり若いです。まだまだ何十年も活躍することでしょう。写真は店内のモニターに映し出された映像です。

ということで、このシリーズはまた来年も引き続き開催されるとのこと。僕はそのときに出演出来るかな。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

横浜ゴールデンウィークス LIVE at "あっとぺっぷ"

101120_11_title

11/20(土)19:30~、東白楽「あっとぺっぷ」で、『今宵はブルースナイト!』と題して、横浜ゴールデンウィークスのライブをやってきました。対バンは、Deep Fry The Blues Band !

【1stステージ】-----------------
(1)横浜ゴールデンウィークス
(2)Deep Fry The Blues Band

【2ndステージ】-----------------
(1)横浜ゴールデンウィークス
(2)Deep Fry The Blues Band

以上のライブ構成。

横浜ゴールデンウィークスは、シカゴブルースを中心にしたブルースバンドで、さらにハープを活かすため、爆音になることはありません(笑)。ダイナミックレンジの幅もあります。

今回の SetList は以下。
■1st Stage■101120_1_1_2
0. Chiken shack(開演テーマ曲として)
1. Rocker
2. Help Me
3. Ridin In The Moonlight
4. It Takes Time
5. Standin' Round Cryin'
6. Boom Boom Out Go The Light
-------------------
■2nd Stage■101120_2_1
1. "Guitar boogie"
2. Hard Hearted Woman
3. Mellow Down Easy
4. That's All Right
5. My Babe
6. Going To NewYork
-------------------
■アンコール■
1. The Toddle
2. Evening Sun
-------------------
いくつかの曲でエンディングがハッキリしないのとかありましたが、まー、それはそれとして、やっぱりライブは生もの。横浜ゴールデンウィークスとしてはまだ2回目のライブですから、演奏量が増えれば勝手に解消するでしょう(・・・といい加減なことを言う)。

101120_15_1 対バンの Deep Fry The Blues Band はもうベテランバンドですから、どの曲やってもピッタっと決めてくれますねー。聴いてて気持ちいいです。
最近はブルースよりも、ソウルやR&Bが多くなってきましたが、でもその選曲はさすがにお客さん本位で考えてるなーと思います。
最初の曲はビートルズの♪One After 909♪でした。この曲は僕も20代の頃からバンドでは必ずライブでやってた曲です。DeepFry がやると洗練された曲に変身!サムクックの♪Twistin' The Night Away♪も、昔よくバンドで演奏しましたが、DeepFry がやるとやっぱり洗練された感じになりますね。

横浜ゴールデンウィークスの年内のライブはこれが最終でした。次回は来年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

11/20のライブのお知らせ

Logo_30_2 ライブのお知らせですよー。

11/20(土)
東白楽「あっとぺっぷ」
19:00 オープン
19:30. スタート
Mチャージ:1,000円
出演:
・横浜ゴールデンウィークス
・DeepFryTheBluesBand

ブルースバンドが2バンド!
これは必見です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ココペリ亭「アコギな夕べ」

101114_1_title

11/14(日)16:00~ 六角橋「ココペリ亭」で、"アコギな夕べ"があり、参加してきました。僕はこの企画ライブは初めてでしたが、今回含めてあと2回の開催で終了するとか。
もともとソロで参加予定だったんですが、クリアウォーターズで11/21, 12/4, 12/5 のための練習をこの日にしていたので、そのまま参加してしまいました。あ、このシリーズのクリアウォーターズは"内山弘美"版です。いろいろメンバーが変わるので楽しみでしょ?(笑)

101114_6_1 ココペリ亭に着いて何も口にする間もなく演奏。
準備含めて10分と聞いていたので、MCもあるから1曲でいいか、と思っていましたが、演奏したのは2曲です。♪Sweet Memories♪と♪Kiss Me♪・・・練習のときにまだ不安定だったところがやっぱりそのまま出てしまいましたが、まー、アコギな夕べに花を添えることが出来たので、僕がソロでやるよりも10倍は良かったと思っています。(^^; それって言いわけ?

101114_8_1 この後は、"bullsbrother"イリエさん。ユニコーンから1曲と、林さんオリジナル曲の♪ビッグファットウーマン♪のイリエさんアレンジ。歌う前の口上もちゃんとあって面白かった。歌詞もちょっとアレンジしてましたね。ビッグファットウーマンを探して夜な夜な歩くらしいです。ははは、イリエさんらしい展開。

101114_11_1 そしてゴンゾーさん。ブルーハーツの♪青空♪と井上陽水版♪コーヒールンバ♪。ゴンゾーsなんはオリジナルの歌い手の声に近づけて歌うんで、これはこれでいいですね。ギターのボディーが小さいのを使ってるんですが譜面台で見えないのが残念。弾かせてもらいましたが、どこに持っていっても邪魔にならなくていいです。

101114_12_1 今回最後は、木村 剛さんです。
クラシックギターの名手ですね。勉強不足で1曲目の曲目がわかりませんでした。♪アランフェス♪のトレモロを3本ではなく2本で弾いたり、最後はディアハンターのテーマ曲を演奏。マイミクもたくさん持っているんですね。あ、そういえば僕は初めて演奏を聴きましたけど、あっとぺっぷのアコフェスなんかでも最近クラシックギター弾く人が多くなってきたから、やってほしいですね。

アコギな夕べは1時間で終了。この後、別立ての二次会があり、林さんとGT石井さんはそちらのオープニングアクトで演奏するため、一次会の方では演奏しませんでした。残念だったなー。クリアウォーターズは予定もあり、一次会のみで帰りましたので、このあとどのように盛り上がったのかは、林さんの mixi で紹介されているでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

BackStreetBluesBand と竹林有情のライブ!★Sam'sBar★

101113_title

11/13(土)19:00~ 野毛・宮川町「Sam'sBar」で、BackStreetBluesBand と 竹林有情 のライブをやりました。ほぼ隔月で定期的にやっているライブです。横浜では APEC の影響で、外は警察だらけで楽器なんか持って歩いてると、いちいち止められてしまいます。その中でのライブ。

101113_1_1 最初は予定になかったんですが、「林あきひこソロギターパフォーマンス」から開始しました。弾いているのは Fender のアコギです。急遽演奏することが決まったんで、アコギはお店のを借りたものです。インストのみで、オリジナルの♪Twilight Waves♪や♪What A Wonderful World♪等など。音色はいつもと違いますから、なんとなく林さんじゃないみたいな感じがしましたが・・・、それは林さんのギターの音色に耳が慣れてしまったせいかな。ハーモニクスは確かに林流でした。(^^

101113_6_1 BackStreetBluesBand (BSBB) はアキちゃんが 1stステージでは帽子をかぶり、2ndステージでは帽子なしで演奏。なぜそうしたのか聞かなかったのでわかりませんが、写真・映像流出に対応してるのかな(笑)。
BSBB の演奏も今日はなかなかいい感じでしたねー。(う、自画自賛ってやつ?汗・・・)まとまったリハーサルはしてないんですが、もちろん何度も演奏してきたということもあるかもしれないけど、各自それぞれの調子が良かったということですね、単純ですけど(笑)
調子良かったというのは例えば僕なら、最近コンバス(W-Bass)しか弾いてなかったんで、エレベが弾きやすかったし、体も好きなように動かすことが出来て、なんとなく自由を得たような感じがしたのでそれがそのまま演奏に出ました。林さんもアキちゃんもそれなりにいろいろ理由はあったと思います。

101113_17_1 竹林有情はステージが始まる瞬間に演奏する曲を決めてました。ま、竹林有情はもうステージ回数が膨大ですからね、それでいいでしょう。(笑)
と言ってもやっぱり個人々々で工夫してるのはわかりますね。あ、そういえば一番最初にやった即興演奏の歌、「APEC ブルース」(?・・・と勝手に命名)もなかなかでした。あと、タケさんがハープ用のマイクを2本持ってきてるとは、今日初めて知りました。たまに歌手が自分の歌用に特性の違うマイクを数本持っていることがありますけど、それに近いのかな?それにしても盛り上げ上手な竹林有情ですね。そういうライブが自然体として出来てるんだから、結成当初と比べたら、どうですか?知ってる人あまりいないか。(汗)

101113_11_1 あ、オマケ。アキちゃんの「どや顔」。
・・・じゃないか。キーハンターのテーマ曲「非常のライセンス」を歌い終わってエンディングの顔。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

ライブのお知らせ

ケータイで読んでいただいている人のためにライブのお知らせです。

11/13(土)19:00-22:00
野毛・宮川町「Sam'sBar」
出演:
・BackStreetBluesBand
・竹林有情
Mチャージ:1,500円

APEC で横浜みなとみらい側は行かない方がいいので、そんなときは野毛側ですよ!
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

第2回「弾き・語りパスタ Festa」

20101103_44_title

11/3(水・祝)12:00~16:00 六角橋「ラ・フィエスタ」で、第2回「弾き・語りパスタ Festa」が開催。前回は夕方から夜の時間帯でしたが、今回は昼から夕方の時間帯です。
開催時間がよかったのか大盛況でしたね。
出演の順番は当日アミダくじで決めてます。
では、出演順に。(順番の右側のみ敬称略させていただいてます。)

20101103_1_1 【1】ゆー
ゆーさんはここラ・フィフェスタは初めてとのこと。いつもはオリジナルを演奏していますが、珍しく最初にカバーでスガシカオの♪黄金の月♪から。カバーだけど何故か、ゆーさんのオリジナルに聴こえる・・・。なるほど、この路線だったんですね。僕はゆーさんはメガネかけない方がマッチ(近藤雅彦)顔で結構いいと思ってるんですが、スガシカオを意識してたのかな?

20101103_3_1 【2】Keizzy
"刑事物語"ならぬ"ケイジー物語"です。以前、米国のノースダコタに居たことがあり、ノースダコタとニールヤングに捧げる歌(?)というのあるようなないような・・・。で、最初はニールヤングのカバーから始め、そしたらシクラメンのかほりになってました(笑)。オリジナルも充実してますね。♪Stairway To Heaven(天国への階段)♪とか、いつも初めて聴くオリジナルがあります。

20101103_5_1 【3】ぶんこ&ミヤケ
僕は初めてのグループ。ギターのノリが素晴らしい!歌も表現力豊かに歌ってて、楽しくなりますね。ジャズのお店ということで、♪How High The Moon♪や♪S'Wonderful♪も披露。ギター1本での伴奏を忘れてしまいますね。♪蘇州夜曲♪のような純日本の曲もあり、カバーするレパートリーの広さがわかります。

20101103_9_1 【4】RIO
RIO さんの歌を聴くのは初めて。ギターが改造されてました!伊藤銀次の♪冬のコパトーン♪から、そして福山雅治の♪ひまわり♪は声が福山雅治そのもの。でもどの曲も基本的にオリジナル曲の歌声に似せて歌うところが面白いですね。ちゃんとRIO さんらしさがあります。途中で Keizzy さんもギターで参加して、♪シカゴバウンド♪を憂歌団そのままのアレンジ演奏。その他の演奏も結構いいコンビですね。

20101103_11_1 【5】ナカムラミツコ(with KONDY
ミツコさんと言えばもちろんジャズ。ピアノ弾き語りで、♪Satin Doll♪、♪Fly Me To The Moon♪、♪On The Sunny Side Of The Street♪をやりました。僕がベースで参加。リハしたのは当日、本番前のお店で展開の確認をしたのみで、通してのリハは出来ませんでした。・・・で、本番やったので久しぶりに緊張しましたー。でもミツコさんは堂々としてましたね。僕は自分の課題を見つけてしまいましたので、得るものがあった演奏でした。ふーっ、次は気をつけよう。

20101103_14_1 【6】BUN
BUN さんって歌う前から存在感のある人だなって思ってましたが、歌いだしたらホントに見た目そのままのキャラでなんだかすごく店内が和やかになりましたね。堀尾和孝さんがギターの師匠ということですが、リードギター部分を口でやるところも BUNさんだからこそ、むしろそのまま今後もやってほしい、という感じになりますね。得意としてるのはビージーズで、3人の声をそれぞれ出して歌うのが"売り"です。確かに!

20101103_16_1 【7】林あきひこ
林さんはもうオリジナルを歌う弾き語りのアーティストが定着してきてますね。普段から駄洒落の集中豪雨なので、そんな性格が歌詞を作ってんだろうと思います。でもまだまだその普段が歌に出尽くされてないと僕は思っているので、今後のオリジナルソングを密かに楽しみにしています。楽しい歌も、心情を歌ったものも、いいものがありますからね。あ、写真には楼茶さんがいっしょに写ってますが、♪湘南モノレールのうた♪に振り付けがあって、隣で踊っているところです。(笑)

Img_0305_1 このライブは、「ジャズとパスタの店=ラ・フィエスタ」で開催しているので、このライブの日の特性パスタが用意されます。今回は、「A:アラビアータ(ベーコンの辛味トマトソース)」と「B:豚肉とナスの和風しょうが醤油」の2種類がありました。Img_0307_1 ひとつ700円です。僕は辛いのが苦手なので、Bの方だけ食べましたが、食べられる人はどっちも注文してました。

はい、ってことで、
次回は、12/4(土)正午~16時に開催する予定です。この回では、BackStreetBluesBand の演奏もありますよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »