« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

横浜ブルースライブパッケージ Vol.18

110529_5_title

5/29(日)13:00~ 馬車道「King'sBar」で、『横浜ブルースライブパッケージ Vol.18』。林さんの企画ライブの中でも息の長いものになってます。プレイヤーとしては久しぶりに出演させてもらいました。今回は「横浜ゴールデンウィークス」です。

台風の影響で昨日から雨が降っていて、W-Bass を運ぶのに難儀なんですが、昨夜のあっとぺっぷでライブが終わってから King'sBar の2軒隣に住んでいる林さんのお宅の玄関に W-Bass を預けて、対応。でも当日もやっぱり雨だったんですけどね。

今回の出演者は、<1>横浜ゴールデンウィークス、<2>碇一仁(ソロ)、<3>DeepFryTheBluesBand、<4>竹林有情 の4組です。

110529_7_1横浜ゴールデンウィークスはブルースバンドなんですが、この横浜ブルースライブパッケージは初めての出演です。タケさんのハープが竹林有情とかぶるから積極的には出られないんですよねー。今回は特別なのかな。でも結果的には全体を通して楽しいライブになりました。
Sam'sBar でやったときの反省を活かしてリズムには気をつけて演奏して、あと、エンディングもシッカリしたかな。バンドでのリハは当日本番前にちょっと確認しただけで、本番に臨みましたが、その部分では問題なしです。ステージを積み重ねる毎に確実に良くなっているとは思いますが・・・。評価はお客さんにお任せです。

110529_9_1碇さんは、今はソロでの活動が多くなっているとか。40%アルコールという有名なバンドでこの横浜ブルースライブパッケージに出演したことがあったんですが、今回はソロ。でも随分前に、あっとぺっぷでギターとベースのデュオというほとんどソロと同じですが、それを聴いたことがあります。今回はまたそのときの印象とはちがって、ゾクゾクっとする歌声。ドブロのサスティンの少ない独特のギター弦を爪弾く音との対比が魅力的に響きます。こりゃモテるわ、絶対。背も高いし・・・・。

110529_11_1DeepFryTheBluesBand はレギュラー出演ですよね。林さんの紹介の口上だと、横浜で定期的に聴くことが出来るのが横浜ブルースライブパッケージ、ということなので、確かにね、そうですね。あと、強いていえば「横濱JAZZプロムナード」のブルース時間の時ですね。あ、これも林さんの枠だった。ブルース色が段々と薄くなってきていると本人たちは言いますが、全然、ノープロブレム。洗練された3ピースバンドの演奏に耳が洗われます。

110529_16_1竹林有情は、今回はタケさんが最初に横浜ゴールデンウィークスのフロントで歌ったからということで、林さんがメインボーカルを取りました。昨夜のあっとぺっぷと逆、ということですね。でも、これはこれでいいですねー。今までと違う感じで。というのも、たとえば林さんが普段ソロで聴きなれてる曲にしても、竹林有情として聴いてみると、違って聴こえてきますからね。それと、普段聴き慣れている竹林有情の曲構成と違うということも新鮮さを感じましたが。でも、まー、これは今回のような場合に限るということでしょうから、今後あるかどうか・・・。

最後は皆でセッションしましたが、これ、久しぶりに楽しいセッションでした。短かったんですが、十分楽しめましたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

『新井武士・還暦・感激 CARNIVAL』 at あっとぺっぷ

110528_8_title

5/28(土)19:00~ 東白楽「あっとぺっぷ」で、林あきひこプレゼンツ『新井武士・還暦・感激 CARNIVAL』。僕はスウィングパピヨンで出ました。

Img_0597_1_1 まずは「竹林有情」の演奏からプルースを。
タケさんの他のライブにも出演しなければならないということで、最初の演奏で、しかもタケさんのメインボーカル中心。ここ「あっとぺっぷ」から本格的にライブ活動を開始した竹林有情なので、他で演奏するときよりもちょっと違うかもしれませんねー。

110528_1_1 次に「林あきひこソロ」ということで、ソロ活動の多くなった林さんの世界が店内に広がります。最近購入したアコギでの演奏です。もう 53本目のギターということで、よくもまぁ買い集めましたねー。この他、エフェクターやギターアンプ等もお店が開けるくらい持ってます。そういう中での新しく林コレクションに加わったギター君も喜んでいるんでしょうね。林ワールドは永遠の様相です。

110528_9_1スウィングパピヨン」はスタンダードな曲を中心に。・・・でも、リハの時にハリキリ過ぎたかな。1曲目の Fly Me To The Moon のベースソロでリズムもピッチもガタガタだったのが大きな反省点。歴史から消したいほど(>_<)。ま、これも修行と思ってその原因をキチンと自分で検証して、そして打開するための練習をする、この繰り返しかな。他のメンバーはステキでしたよ。・・・・基本的にスウィングパピヨンのジャズは楽しさを追求してますから、Happy になれれば全てOKです(^^)v

110528_16_1 メインの「新井武士」さんは、前回の BCBG のときにもいっしょにやってくれた「柳田ヒロ」さんがピアノで参加!この二人の演奏を間近かに聴けるというのは、いろんな意味で勉強になりますねー。いや、普通にお客さんとして来ても、やっぱり楽しませてくれますね。ステージ数の違いということもあるかもしれませんけど、その分、何が失敗で何が良くて、そして自分の魅力はどんなところなのかは、本番を通過して分かるものですからね。顔では「何も深く考えてないよ」と見せながら、その実、結構考えているものです。それにしても柳田ヒロさんのピアノって絶妙なタイミングでギターに合わせてくれるんですねー。"息"を感じながら音を出しているのがよく分かります。

林さんの企画した「新井武士・還暦・感激 CARNIVAL」もこれまで横浜のいろんなお店で開催してきましたが、6/11(土)ラフィエスタが最終日だったと思いますが、見てない方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

ライブのお知らせが「2つ」あります☆

5/28(土)19:00(夜) と 5/29(日) 12:30(昼)の2つのお知らせ☆
どちらも林あきひこプレゼンツのライブ!


5/28(土)19:00 東白楽「あっとぺっぷ」
http://www.h2.dion.ne.jp/~atpep/
『新井武士・還暦・感激 CARNIVAL』と題した横浜ツアーのうちの一夜です。
出演は・・・
Opening Act
Sp_t ・スウィングパピヨン(JAZZ バンド)
・林あきひこ
・竹林有情 (Blues & Good-Music 2人組ユニット)

Main Act
・新井武士(元ダウンタウンブギウギバンド)
 with 柳田ヒロ(Piano)

ミュージックチャージ:2,000円

ということで、僕は「スウィングパピヨン で出ます。



5/29(日)12:30 Open、 13:00 Start

馬車道「King'sBar」
http://kings.bufsiz.jp/
『横浜ブルースライブ・パッケージVol.18』

出演:
Ygw_t 1.横浜ゴールデンウィークス
2.碇一仁
3.DeepFryTheBluesBand
4.竹林有情

ミュージックチャージ:1,000円(ワンドリンク付き)

たった1000円でライブが楽しめて、しかも飲み物が1つ付いている!お得です!
僕は「横浜ゴールデンウィークス」で出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

Sam'sBar で BSBBと竹林有情のライブ☆

110514_samsbar_7_title

5/14(土)19:00~ 野毛・宮川町「Sam'sBar」で、BSBB(BackStreetBluesBand) と竹林有情のライブ。今回のオープニングアクトは前回に引き続き「摩耶」がまた歌いました。

110514_samsbar_1_1 昼間にもラフェエスタで、摩耶 with ヒマナスターズ という名前でやりましたが、曲も同じものを演奏。昼間のよりも一度やって慣れた分、良かったかな。まだ歌う方に注意が集中しているんでパフォーマンスはありませんが、そのうちやるようになるでしょう。もともとそういう性格の摩耶なので(笑)

オープニングアクトの後の構成は、いつものように、1stステージと2ndステージにして、それぞれ、BSBB、竹林有情、の順番で合計4ステージ。

110514_samsbar_5_1 BSBB で W-Bass を使用するのは2回目ですが、ここSam'sBar では初めてですね。あとでなるほどと分かったのは、かなりベースの音が小さかったなということです。以前、横浜ゴールデンウィークスがSam'sBarでやったときは、ベースアンプ+D.I. も使って音を出したんで、結構聞こえたんですが、BSBB にはドラムがいないので、D.I. までは必要ないかなと思い、更にアンプの方もちょっと音量を遠慮し過ぎました。次回からはチェックしよう。
あ、あと2ndステージでは新曲として♪北国行き♪と♪手紙♪をやりましたが、手紙の方は摩耶がメインボーカルを取りました。

110514_samsbar_14_1 竹林有情は、いつもはタケさんがボーカルを取っている曲で林さんがボーカルを取るなど、変化がありました。なんか、次のライブのためにそうしてみたそうですが、そういうのもいいですね。ま、竹林有情の二人はもう阿吽の呼吸で演奏出来るので、どんな状態からでもカタチにしますからね。・・・そうそう、そういうことで言えば、竹林有情の最後のところで、林さんのギターのストラップピンが外れてしまって、いきなりギターを椅子に立てて弾きながら歌いだしました。写真がそれですが、このあと、ギターを寝かせて、ビールビンを使ってスチールギターのようにして弾きながら歌ってました。ライブの面白さというのはこういうときの機転ですね。

・・・実は僕はオープニングアクトのギター全力ストローク弾きで汗が吹き出てから、止まらなくて、体もベタベタ、手もベタベタ、で今後はなるべくW-Bassを弾く前にはそういうパフォーマンスは控えることにしようと思いました。(^^;だって、これから暑くなるからねー。節電もしなきゃなんないし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弾き・語りパスタ Festa 第8回で末広がり

110514_festa_3_title

5/14(土)12:00~16:00 六角橋「ラ・フィエスタ」で、『弾き・語りパスタFesta Vol.8』がありました。(写真が暗く写っているものは、バックにある窓の明かりの影響をどれくらい受けているかで自動的になってしまっているものです。)

今回は7組です。では出演順に。(敬称略)

110514_festa_1_1 ■1.摩耶 with ヒマナスターズ
「ヒマナスターズ」というネーミングは林さんがつけましたが、このメンバーは林&KONDYです。さて、摩耶はパスタFesta には2回目。中学1年生ということで、・・・考えると羨ましいですね。僕が中1のときにお店で歌うなんて夢でした。今回はシドから♪嘘♪、蘭花から♪花と蝶のセレナーデ♪、矢井田瞳から♪ママとテディー♪。・・・あ、僕は本当はギターじゃなくてベースでバックをやりたいんですけどね・・・。

110514_festa_5_1 ■2.古屋 隆
わぉー、古屋節です。僕は古屋さんの歌い方、僕には絶対に出来ないあの歌い方、に魅力を感じてます。古屋さんの選曲がいいんですよー。60年代が多いかな。センスがいいんです。ボブディランとかモンキーズとか、オリジナルもたくさん持ってるんですけど、それがまた60年代を彷彿させる出来なので、いつもウットリします。

110514_festa_8_1 ■3.櫻井和之
櫻井さんは昔は劇団にいた人で、やっぱりそういうのが好きなんですよね。音楽活動の原点はどうやら北海道への一人旅のようです。今回はカバー曲とオリジナルと半々でやりましたが、たくさんのオリジナル曲を持っています。北海道一人旅でお世話になった宿(ペンション)のオーナーの作った歌がフェリーでのいわゆる船と桟橋での「別れテープ」、曲名は忘れましたが、オーナーの想いが詰まっていました。

110514_festa_9_1 ■4.目黒ジュアン
ジュアンさんは僕は初めてですが、素晴らしい☆です。ギターの繊細な音使い、歌はファルセットの美しさ、オリジナルもよく出来ていて、歌詞の内容がよく伝わります。オリジナリティが確立してますね。軽快なサウンドのため、幾分、夏向けな感じがしますが、そう思うと、もしかすると夏に野外で聴くとさらにいい感じかもしれません。♪ひとりじゃなくて♪っていうオリジナルで「スーパーマンもガッチャマンも、スパイダーマンも、バットマンも」っていうあの歌詞は面白い視点です。(あ、今更ですが、名前は"目黒"で良かったのかな?)

110514_festa_10_1 ■5.Keizzy
マルチプレイヤー、いや、作る方も達者な Keizzy さん。今回改めて感じたのは「歌詞」作りの才能ですね。前回もパスタFesta を説明した歌(関白宣言の替え歌)を聴きましたが、言葉の選び方、ストーリーの展開にその才能が光ります。オリジナル曲はもちろんですが、トイレの神様の替え歌も同様に、これはもしかして、言葉の魔術師かもしれませんよ。

110514_festa_11_1 ■6.
楽さんのギターサウンドは優しさの中にスウィング感があり、そしてα波まで出させてしまうということで、音楽心理学を学んでいる方にはお薦め。歌もギターにマッチした歌声。なんであんな風に弾けるのかな、なんて思ったりしますが、どうしてもギターを弾く手に目がグーっと弾き付けられて行ってしまうんですよねー。

110514_festa_12_1 ■7.林あきひこ
林さんの今回のセットリストの構成はすごくいいですね。静かなインストから、スローブルース(SweetLittleAngel)で渋く、そしてミディアムテンポの楽しオリジナル曲(南林間ブルース)からテンポアップした曲(平日はサラリーマン、土・日はブルースマン)、そしてひと息おかせてしみじみとした曲(さくらトゥモロウ)、最後はガッツーンとした曲(地獄のサタデーナイト)。この構成はよく出来てますね。更にアンコールのロックンロールメドレーとRock The 六角橋Rock'n Rollをつなげて8ビートを弾きまくるというは、一体全部で何曲弾いたんだと終わってから目が丸くなりますね。

110514_festa_7_1 さて、「パスタFesta」ですから、限定パスタが何かというと、A:「揚げナスとモッツアレラチーズのミートソース」 と、B:「ツナとおくらの和風スタミナとろろがけ」です。僕はもともとナス好きだし、おくらもとろろも大々々々好きなので、どっちも僕の胃袋を満足させました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

新井武士さん + 柳田ヒロさん with 林あきひこ ライブ☆

5/11(水) 20:00~ 六角橋「BCBG」で、新井武士さん(元ダウンタウンブギウギバンド)が7月で60歳を迎えるということで「還暦・感激CARNIVAL」があり、行ってきました。この一連のライブは林さんが企画して、横浜のお店を回るというもののひとつです。

Img_0583_1 で、今回は新井武士さんのギター&ボーカルに、なんと!あの柳田ヒロさんがキーボードで参加!柳田ヒロさんと言えば、1960年代から日本の音楽シーンで活躍しているミュージシャンで、誰もが必ず耳にしたことがあるほどあらゆるレコーディングを行ってきています。検索するとすぐいろいろ出てくると思いますよ。
そして、さらにこのユニットに林さんもギターで参加してのライブとなり、これはすごいことになってしまいましたね。僕も目の前に広がる光景が本当なのか、と思ってしまいました。
お客さんもたくさん来ていて、年齢は高めでしたが、皆さん感激してましたー。

このライブを見逃した方に朗報!!! 5/28(土)19:00から、東白楽「あっとぺっぷ」でも新井武士さんの「還暦・感激CARNIVAL」があるんですが、ここに、柳田ヒロさんも参加することになりました! 皆さん!これはもうこのライブは観ておかないと損しますよー☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブのお知らせ☆

110402_bsbb_7_twitter

5/14(土)19:00~ 野毛・宮川町「Sam'sBar」

BSBB (BackStreetBluesBand) と 竹林有情 のライブ!

ミュージックチャージ:1,500円

☆「摩耶」が出演予定です。

Sam's Bar 
横浜市中区宮川町2-55 TKビルB1F
Tel. 045-243-2299
HP: http://www8.plala.or.jp/samsbar/access.html
最寄駅は京急「日ノ出町」または、JR「桜木町」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

懐かしいー、機材。もう30年も経ってるけど・・・

GW なんで、ずっと片付けてなかったモノを分別して、捨てるもの、しまうもの、と分けていたら、こんなものが出てきました。
Img_0573_1 懐かしいー!! BOSS の DR-55 Dr.Rhythm です。ドラムのパターンを打ち込んで記憶させて、それで練習とかに使ってたんだよねー。あ、バンド練習ね。もう30年近く前のもの。これはすでに壊れていて、修理しても使わないなー、今はシーケンサーあるしね。・・・で、これは捨てます。

Img_0574_1 それから、これ!
これは、ボリュームペダル。ちゃんと使えます!ただ、僕は使わない。デカイし、重いし、持ってても仕方ない。なので、誰かにあげることにしました。林さんに聞いたら、TAP にでもおいておけば皆、使うんじゃないかな、ということだったので、林さんにあげて、好きなようにしてもらったら、やっぱり石川町の TAP yokohama へ差し上げることになりました。
使いたい人はどんどん言って使ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

W-Bass の弦を張り替えた・・・

ゴールデンウィークの中間、今日はよく晴れて気持ちのいい日。・・・で、久しぶりにゆっくりとした日を過ごしています。そうなると、やらなければならないのは、W-Bass の弦の張り替え!
スピロコアの弦がセットでなんと 16,300円という安さで売っていたので、購入しておきました。張り替えって落ち着いてやらないとね。
ちゃんと腹ごしらえして、コーヒー飲んで、さてっ!って感じで。
Img_0571_1 コントラバス(W-Bass)やチェロの場合、弦を張り替えるとき、一度に弦を取ってしまうとボディの中に立っている魂柱(こんちゅう)が外れてしまうので、1本づつ張り替えます。外側の弦から、G弦→E弦→D弦→A弦 という順番ですね。それで、外したときに、写真にあるように、駒とナット(ネック)の弦の接地面に鉛筆でぬっておきます。やわらかいBですね。僕は10Bを使っています。こうすると弦がすべってくれます。
Img_0572_1 で、駒の状態とか、他のバランスなども確認しながら、少しづつ弦を巻き上げていきます。なので、時間がかかるんですよね。

とりあえず、弦の交換が終わって、チューニングして、しばらくまた放っておいて、また調整します。張り替えたばかりの音はよくのびて、ビンビンしてますが、1週間くらいで落ち着いてきますよー。
次に張り替えるのはまた1年後くらいですかねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

横浜ゴールデンウィークス × BluesBand 横濱 楽演亭

110501_22_1_title

5/1(日)19:30~ 野毛・宮川町「Sam'sBar」で、『横浜ゴールデンウィークス』と『BluesBand 横濱 楽演亭』のライブがありました。どちらも"YOKOHAMA"をバンド名に使っているところにこだわりを感じますが・・・、ま、それは今はおいときましょう。(^ ^;)

まずは『横浜ゴールデンウィークス』から開始。
まだ今のところ滑走路を飛び立とうとするバンドですが、メンバーは全員、年季の入った百戦錬磨揃い。ハープのたけさんを中心に結成されたブルースバンド。シカゴブルースで、しかも敢えてW-Bassを使っています。そうそう、で、前回までのライブのときとベースの弾き方を大幅に変えています。ちょっとね、本番で試しながらのライブになりましたけど。

110501_23_1 セットリストは以下。
・Ridin' The Moonlight
・Melp Me
・Too Late
・Boom Boom Out Go The Light
・That's All Right
・Everyday I Have The Blues
・(Slow Blues)
・Off The Wall
あ、SlowBluesの曲名が分からない・・・。ま、いいや。

それと、今回はGuitarが2人、BRIOさんと松尾さんで、ちょっと豪華版になりました。
カメラの置ける場所が限られていたんで、ドラムのルンバさんがまったく写っていません。あと、松尾さんが真横になってしまって、トレードマークの赤い335を持っている姿が見えないのが残念ですねー。

110501_24_1 で、『BluesBand 横濱 楽演亭
こちらはもう結成されてから数年経ってますね。でもメンバーが入れ替わっているということです。Vo.& G のコバちゃん、いつもながら独特でカッコいいですね。しかもメンバーにテナーサックスのケビンさんが入っていて、その分、音色に幅がある上に、ギターも2人いるし、もちろんハープもあって音圧も出てきますね。こうなると広い場所でやるとかなり力を発揮するんじゃないかと思います。ファンもシッカリついてます。<やらやましい・・・ f(^^; >

110501_32_1 アンコールでは、二つのバンドから全員じゃないけど混合で♪Mojo Workin'♪で、ワーっと盛り上げて終了しました。
満員御礼のため、演奏者は座るとこなし、という状態。僕はお腹すいていたんですが、立ったままだったので、注文するわけにいかず(つまり、頼んでも置く場所がないから)、飲んでるだけでしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »