« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

「ぢみをのボッサ部屋」 at Sam'sBar

120630_15_title

2012/6/30(土)野毛・宮川町「サムズバー」で、『ぢみをのボッサ部屋』があり、参加してきました。ジャズおよびボサノバのギタリスト:ぢみをさんが主催してるライブ&セッションです。

120630_2_1 最初は、ぢみをさんのライブ。ソロおよびリンさんが歌で加わっての演奏。安定感のあるギターですよね。

120630_5_1 そして、ジャズボーカリストの Mistyさんにボーカルが換わって、ジャズ(ボッサ)のスタンダードを演奏。声量のある Mistyさんの歌です。

20120630_lk_3_1 このあと、竹内るなさん。僕はベースで加わってます。最近ずっといっしょにやってるので、専属バンドみたいな感じ(?)
ボサノバと言えば Jobim ですが、この人の曲のコード付け方がボサノバのスタンダード化してますが、ベースでソロをやるにはニュアンスが難しい・・・もっと勉強せねば。

後半は、セッション大会!
ということで、以下その写真。
120630_7_1 120630_8_1
120630_9_1 120630_13_1
120630_19_1 120630_18_1
ぢみをさんは写真の左側にギターのヘッドが部分が写っているこの場所でギターを弾いていました。ちょっとだけ顔が写ってますよね。
ボサノバ縛りだったんですが、すぐにそれはとけて、なんでもありになってました(^^; 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

六角橋レトロ劇場 6月☆

20120630_bsbb_7_title

2012/6/30(土)13:00-17:00 六角橋レトロ劇場で演奏してきました。
僕は、Kelly&RAKU with KONDY と、BSBB (BackStreetBluesBand) での参加です。
(この記事は8月になってから書いているので、詳細は割愛します・・・すみません。汗)

すでに湿度と気温がかなり来てる場所ですが、扇風機3台を使ってなんとか冷やしながらのライブ会場。
20120630_2_1 写真は Kelly&RAKU with KONDY のものなんですが、後ろの窓からの光が強いのと、カメラの前にお客さんが座ってしまったので、なんとか隙間を狙ってのキャプチャーでこんなのしかありませんでした。Kellyさんの顔が切れてしまっています・・・。

20120630_bsbb_6_1 BSBB (BackStreetBluesBand)の時は、陽が落ちてある程度綺麗に撮影できてます。
折角なので、2枚ほど掲載しておきます。
20120630_bsbb_8_1 六角橋商店街仲見世の方でやってるライブなので、子供も結構関心があって、親子連れもいらっしゃいます。

この日の出演者(弾き語り道場)は以下です。(出演順・敬称略)

・たかまつなおき
・黒須マコト
・西森俊二
・丸山リカ
・Kelly&RAKU with KONDY
・こぎろおる
・池内光子
・林あきひこ
----------------------
以上は弾き語り道場
BSBB はこの後の演奏です。

ってことで、また次回!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

弾き・語りパスタFesta

Title_1

2012年6月17日(日)13:00~ 六角橋「ラ・フィエスタ」の『弾き・語りパスタFesta』・・・・いつもだと土曜開催ですが、先月と今月は特別になってます。(基本的に日曜はお店の定休日)

今回、僕との共演は「竹内るな」さんです。"七里ヶ浜の月夜の歌姫"と林さんがつけたフレーズがなんかいい感じにハマッてます。以前はいろいろ歌っていたそうですが、現在はほぼボサノバで、そのバックにベースで参加というカタチです。

以下、全参加者です。(写真の敬称略)
120617_5_lk 120617_7_pb_2
120617_8_cel_2 120617_10_taku
120617_12_sakurai 120617_13_you
120617_15_yoshiji 120617_16_juan_2
120617_17_takamatsu 120617_2_hayashi
120617_9_pa


・・・・ということで、今回も弾き語リストたちを楽しむことが出来ました。林さんにいたっては、アンコールが2回もあったりして・・・。では、また来月ここでお会いしましょう。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
このあと、"たまはな"さんの企画した Birthday Party が BCBG であり、Kelly&RAKU with KONDY で演奏してきました。 BCBGがあんなに人でいっぱいになってるのを見たのは初めてです!(写真は、たまはなさんの撮影したものです)
7026006_1679860878_91large_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

6月の La fiesta 「Live Party !!!」

2012/6/16(土)17:00~、六角橋「ラ・フィエスタ」で、楽さん主催の「Live Party !!!」があり、演奏してきました。
もちろん、Kelly&RAKU にベースでの参加です。

以下、参加者の面々。(敬称略)
暗めの照明だったので、画像(ビデオキャプチャ)もこれ以上はキレイになりませんが・・・。
120616lp_1_1_okaji 120616lp_2_1_
120616lp_3_1__2 120616lp_5_1__2
120616_2_1_krk_3 120616lp_6_1_
120616lp_7_1_ 120616lp_8_1_

OKAJIさんの娘さんは特別ゲストで民謡を歌い上げました!かわいいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

20120609_5_title

2012/6/9(日)夜、野毛「Okey-Dokey(オーキードーキー)」のライブ、スカさんのバックで演奏してきました。
4組の出演、Beehive State/HAMA G!s/ウエクサユウジバンド/スカンクちかの&フレンズということで、僕はスカさんのところの出演なので最後です。
超々々満員で、僕のW-Bassが邪魔になる状態。で、ステージのベースアンプ(スピーカー)の後ろ側をちょっとあけてもらって、そこに押し込む状態に!? でも、その方が安心です。蹴られたりすると壊れちゃうので。(オール単板のベースは見た目より弱いです。)

20120609_6_1 前3組はもう音量もいい感じに出ているフルバンド。ブルースやロックに酔いしれてしまいました。・・・がそうこうしているうちに最後の出演。
スカさんのオリジナル曲、あるいはスカさんのオリジナル日本語翻訳カバーでのライブ。
なんだかすごく楽しませてもらいました。こちらが楽しんでる分以上に、お客さんも楽しんでくれたようなので、よかったです。
後でビデオを確認したんですが、やっぱりベースの音がちょっと弱かったようです。3人とも生楽器で、しかもどれも特性の違う音だったので、お店のミキシングが難しかったそうです。
ま、これも W-Bass 奏者の宿命みたいなものですね。
サウンドチェックに十分時間取れればよかったんですが。。。ま、時間出るときはチェックをキチンとしたい思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓜南直子さん逝く

このところどうも意気が上がらない・・・。何か書いて心の整理をしないと。そうしないと前に進みづらい。原因はわかってる。

そう、画家の瓜南直子さんが亡くなった。ポチさんと呼んでいた。
あまりにも急に世の中からいなくなってしまったのが信じられなかった。でも先日、6/6通夜、6/7告別式があり、受け入れるしかなかった。僕はどちらも仕事で参列は出来なかった。

Img_0712_kanan ポチさんの絵は随分前から目にしていたが、Twetter で初めてにやりとりしたときは、その絵を描いた人だとはすぐには気付かなかったが、あとでリンクをたどって驚いたことを覚えている。
画廊で個展を開いたときなど、なるべく観に行くようにした。
ポチさんのブログによると、2011年の暮れには体調を崩していたようだが、昨年(2011年)2月に森田画廊で会ったときは普通に元気だった。いや、たぶん誰もそんなこと思ってもいないほど、最近まで見える部分では普通にしていたと思う。(右の写真は鎌倉の鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りでのポチさんの作品)

Img_1200_1 「ねこが見た話」という「たかどのほうこ」さんのストーリーに挿絵を担当したポチさんの絵のタッチが漫画チックで他の作品と違うのが面白かったので、その本をインターネットで購入したのをわざわざ持っていってサインしてもらった。独特の文字を書く人だった。DMで案内が届くとその文字ですぐに誰だか分かるほど。

ポチさんは僕より6歳年上で、それだからなのか、何かの話のときに年上の女性からのアタックに関する注意を細々としてくれた。
昭和の香りがプンプンする人だった。
成りきりゴッコが好きで、よくTwitterでは○○に成りきってのやりとりをやった。
横浜・都橋の「喫茶みなと」でライブやるときは教えて欲しいと言われて、なかなか日程が合わなかった。そしてポチさんが「北鎌倉の侘助でライブやってみれば」と言ってくれたのに、こちらも約束が叶わなかった。
Lumi_1_1 ポチさんの描く人物の顔に似ている子が僕の知り合いにいるよ、ということで写真を数枚送ってあげたら、非常に感動して、是非ウチに連れてきてー、と言っていたけど、これもそのままになってしまった。

たぶん、そう言った「なんとなく将来予定にしていたこと」が、すべて無くなってしまったことが、絶対に実現しないものとなったことが、そういうものが虚しさとなっているのだろうと思う。
でも、またどこかで会えるような気がします。
今生では一旦さよなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »